月別アーカイブ / 2012年07月

構想何年も。
撮影1年程。
やっと出ました!

普段は声優サンとたくさん仕事をしてる“やまけん”が
色んな細かい情報を教えてくれ、
声優さんによっては「うふふふ」で済まされたり
イベントなどでは我慢してるような事もあるんやろう。
でも、今回
イジワルな有野晋哉が付いて来たので、
バンバン切り込んだ事を根掘り葉掘り聞いて、
切り込んだ事をやらせてみたりしています。
フルーツを素手で食べさせたり。

個人的に面白かったのは
“原田ひとみ嬢”の鞄チェックにて見つけたiPodの選曲センス
これは面白かった。
コレ聞いてる人初めて見た!
って思いました。

“伊瀬茉莉也(まりや)嬢”の所は
何だか、好きオーラというのが出せるらしく、出してもらったら、以外に自分で照れてしまう。
それくらい本気を出してしまう
DVDとなっております。

“まんとら”の頃からのスタッフが入っているので、
次世代お勧め声優サンだと思います。

あ!お勧めと言えば
パッケージに出てる韓流スターのような“やまけん”。
本編中では髪型が変わります。
どっちが先か見て確認してみて下さい。

http://www.seiyu-gakkai.com/

 DVDで観た。
原作を読まないで観た。
やっぱり石井監督ってこんな話を撮るのん凄い面白い。
“鮫肌男と桃尻女”の時の観ててのあの感じ。
紙の上のキャラクターを動かすのん。喋らすのん。
我修院サンも最初誰か分からんかった。
高島サンも面白い。“殺し屋1”みたいなんになるんかと思ったら
全然違うかった。
背骨も格好良かったなー。
最後無茶苦茶。
あー面白かった。
あらすじとか、気になったら自分でググって下さい。

こうなったら、バイオレンス抜きで良い話になっていく
“漁港の肉子ちゃん”
撮ってくれたらええのに。
あのキャラクターが動いてるん観たい。

↑このページのトップへ