月別アーカイブ / 2011年12月



今日のは“バラシ”になる。
言っちゃいけない事かも知れない。
でも、言う!
この業界が良くなるように。

この写真解りますか?
僕の腕時計が正確な時間です。

でも、壁掛け時計の時間は違う。

テレビ局の時計は正確である。
何時に何があるとか、時間に、縛られてる職種であるし、
もっと言うと、
どこの職場でもそうやろう。
学校の教室でもそう。
ずれてても、
しょうがないなぁ
て思えるのは、校庭から見えるデッカい時計くらい。
あれいつ直るんやろう
て程度でみんな五分早いとか、遅れてるとか知ってて、
ある日、直ってて焦る。
て事もあった。


で、この時計。
社会人が集まるところで、
早いのか遅いのか解らないが、
時間がずれている。

これは、あれだ!!
こういう事やろう。

この部屋で何らかの撮影があったのだ。

で、
「この会議は深夜まで続いた。」
とか、
「明け方まで、練習が終わらない。」
に、したくて
夕方だけど、深夜って事にしてズラしたんやろう。
という演出で、
いや、もしかしたらドラマの、ロケでこうなったのかも知れない。
ドラマやったら良いな。

いや、アカン!
急いでたのか?
そこのスタッフが時計を戻さず帰ったんやろう。
で、次にこの部屋を使う人が
あれ!ずれてる!
とこうなってる。

ここで、言うのは
ちゃんと直せよ!

って事ではない。

嘘つくな!

って事でも、勿論ない。

テレビ局
電波時計買え!!


って事だ。


朝6時から放送が開始ということで、
朝6時から収録開始してました。
どういうこと?

中身は今までの無人島シリーズのおさらいでした。
ここで何があったかの視聴者へのテレフォンお年玉クイズがあったり(暴露)、
今後のよゐこサンへのサバイバル雑学クイズがあったり(暴露)、
最後にはよゐこサン好きにはたまらない応募があったり(内緒)
盛りだくさんの6時間です。


お正月番組で、袴が着れるかどうかは
芸人さんにとってのある種のステイタスです。

そこに気付かない人もいるでしょうが頑張る一つの指針です。

有野サンは今年、3回着せてもらいました。


一つは、年またぎの袴気分の薄緑色の作業着ですけど。

↑このページのトップへ