月別アーカイブ / 2011年06月

http://415yoiko.jp/arino/2011/06/6ccGyusaI9KWUJ3pH3xTELn55t99DsJO.html

続きです。
鳥彌三(とりやさ)をランチで予約しようと、電話。
親子丼を食べたかったんですが、そっちが今改装中で無理。
今やってる本店だと、水炊きコースでランチの値段として高かった
って事で
京極かねよ。
これも食べたかったので、予約。
子供が居るってのを聞いたからか、
名前を聞いたからか、
お2階に通してもらった。

うなぎ丼の上に、ふわふわの分厚いきん糸タマゴがのってる。
東京と関西で、
背開きと、腹開きで味が違うのか、
どっちも美味しい。この錦糸卵の感じも美味い。

で、収録の時は食べなかった茶碗蒸し。
これも美味かった。
出汁がすごいきいてる。
そらそうか。
で、次。

ぎをん小森
収録で食べた(市川君が)
小森抹茶ババロアパフェ
宇治ミルク金時
を食べた。美味かった。
小川が見える
他にお客さんの居ない部屋に通して頂いた。
収録では頼まなかった、グリーンティーも頼む。
全部当たり。
二件ともハズレなかった。
ただ、
「有野サンですよね?」
って言葉は聞かれませんでした。

復讐の為に行ってても、対象の相手が
「そうでしたっけ?」
って聞かれると、
コチラから、こんな事があってこんなにに恨み持ってるぞ!
って言うものでもないし、その時点で復讐心は無くなる。
単純に美味しい食事を楽しんでた。

そうだ 京都行こう

上手い事考えはったわ。





その昔、関西ローカルで“よゐこ部”というのをやらしていただいてた。
帰宅部やったよゐこサンが社会人にして色んな部活に挑戦する番組。
そこでの人気企画“食物部”というのがあった。
食とはなんぞや?
というので、10000歩歩いてその間に色んな美味しそうな店を歩いて、10000目にその店の扉の中に入ったらクリア!
店内にて、その気になるメニューを注文して、10000歩分の消費カロリー300キロカロリー分を食べて良し!
という企画。10000歩目が道路であったり、飲食店以外なら失敗!
食べれず東京帰れ
となります。
もともとはこの企画、“料理部”でやってたんですが、
「それは違うんじゃないか!」
て岸本サンが言い出して
あ だから、詳しくは岸本サンに聞いて下さい(知らん人は置いてく件終了)。

で、本題。
そこで、出てくる料理が本当に美味しそうで、
でも、後半になるにつれテレビやし、一軒目に戻るのもなんやし、
て事で、新しい店を発掘しつつ、7000歩目あたりで行けそうな店を絞りつつ、
新しい店に歩く。
最後成功しても、300キロカロリー分やからだいたい一皿の3等分くらい。
少なすぎるっちゅうねん!
歩いて消費したカロリーはそうかも知れんけど人間やから、
基礎代謝もあるねんぞ!
という企画の熱を冷ませるような事は言わずやってました。
で、ある日気付きます。
後日食べに行けば良いじゃん。
はい、格好つけたい時は、東京弁です。
で、行き出しました。
難波の黒胡麻タンタン麺の中華屋サン白胡麻タンタン麺も美味かった!
はりじゅうも美味しかった!
団長曰く、
タンシチューの店も美味かったです!
辞めたディレクターの餃子屋どば屋も美味かった!
で、今回行きましたのは、“京都で10000歩”をやった時の一番気になってた店
“祇をん 萬屋”
ねぎうどんがオススメやったうどん屋さん!
注文しました。
斜め切りした九条ねぎがどっさり乗ってて生姜が真ん中にギュッとつまんで置かれてる。
箸で真ん中を突くとスープに届いた途端、その生姜がすわ〜っと溶ける。
スープも関西風の京風なので薄口。
生姜がきく。
ねぎも辛みがなく、甘い。
で、かみさんはおぼろ昆布うどん。
関東には馴染みの少ない種類のうどん。
とろろより、歯ごたえのある、おぼろ昆布。
噛むとじゅわっと昆布の吸った京風だしが出てくる。
また違うスープの味がする。
食べないと言ってた子供もおかわりをする始末。
保険で頼んでた“きつね丼”がきた。
きつねうどんに使うお揚げさんを刻み、ネギをまぶし、ダシをかけただけの丼やが、置いてる店がなかなかない。
ココあったんや!
と頼んだ。で、大正解!
美味い!
ダシとお揚げさんで甘ったるくなってまう場合があるんやが、どちらも薄目の京風やからちょうど良い。

くわ〜美味しいなぁ。
良い家族旅行になったわ。

復讐にも似た食事やが、笑顔がこぼれるよな。


と家族で話してる所で店の店主が帰って来はった。





ココからは蛇足。
あ!収録で話さしてもろた人や!
それまでは、収録の日に見かけなかったオバチャンやったので、店主のオッチャンの顔を見る
目が合う。
気付いて!
そのまま店の奥へ。
う〜ん、ヘルメット被ってはったから、配達の合間で、、、
とか自分へのフフフオウロウロー。
しょうがないから話しかける。
「すみません、この神社に行きたいんですけど、分かりますかね(僕の事も)。」
店主優しく細かく、
その神社は早くに閉めるから気を付けてとまで
教えてくれはった。


でも、もう目的は神社にあらず。
こんな状況でパワースポットなんか行った所で意味がない。
タレントパワー全開!
「で、もう一軒行きたいんですけど。」
「あぁ、ココやったらですね、この通りまっすぐで着きますわ。でも、入り口分かり難いから、気ぃつけて行かんと通りすぎますよ。」
僕の事もね。

な。蛇足やろ。

光浦靖子に
「前から言いたかったんだにが、あーた(あなた)携帯電話二回で切ってなぁい?」
二回か回数は分からんけど、かけた側では三回で切ってる。
「それは早すぎじゃ御座いませんか?」
そうかな
「だって、あ電話だつって鞄の中の携帯を探そうとした時点できれちゃうのよ」
そうなんや、俺は鞄の中で携帯を探すって事はないからな。
「あーた(あなた)、女性は鞄のどこかに携帯が沈んでいるものなの」
そうなんや、でも俺は取材や打ち合わせやら話されへん状況やら、忘れて出て行って残った人しか居らん部屋で何十秒も電話が鳴り止んでなかったらどうしようっていたたまれないからな。
だから基本的に音とバイブの鳴らないマナーモードにしてる。
それに着信みたらかけ直すやん
「でもね、」
あ、高速のってきまぁす
「はい、お願いします」



僕の携帯の重要性ってだいぶ低いんです。
有野サンのルール
携帯メールの場合。
報告程度の短文
残して置いた方が良い宿題もの
あ!と気付いたが、夜中なので、でも報告はしときたいなぁって事があった場合。
一度送ったメールがあり、?付きで返信が有り合計3ターン越えそうな感の悪い人相手なら電話に変更。
文が三行越えると電話する


こんな感じかなぁ。
急を要するなら電話にします。
あ!あと、
“大事な事をメールで報告して来た人には返信しない”

これ現代人にかなり多いんですが、
極端にいうたら
「ご報告遅れましたが、結婚しました。メールで失礼します。」

てのがたまにきます。
ああそうですか
と読んだので機嫌が良ければ
「おめでとうございます」
もう、賢い携帯の予測変換のおかげでボタン二回で済む愛情程度です。
一個案件があり考えごとをしてたら、
あとで返信しよう
と思いながら故意に無視です
でも、可愛い後輩だと思っているなら、
「丁寧な口調と文意味は分かりましたが、結婚のような大事な出来事をメールで済ませる意味が分かりません」
とメールします。
すぐ電話きます。

後は、年賀メールは他事務所の後輩には返信しますが、事務所の後輩にはしません。
はい、分かりました
てな事です。
誕生日メールも同じです。
あぁ僕の誕生日メールで祝って?はぁありがとうございます
てな事を自分は思いましたよ。
てな事で返信はしません。
仲がさほど良くはない距離の後輩なら、誕生日メール送ったのに返信がない
て気にされてもややこしいから、返事します。


うん分かった!
この記事書いてる間に頭で
自分にメールって何やろう?
て考えながら書いて
今答えでました。


僕にとってのメールは基本的にただの報告です。
“この後、スタッフが食べました”
っていうテレビのテロップのクラスの重要性です。


あぁスッキリした。

あと、後輩のピーマンズスタンダードの南川くん、コメント読んでます。
本物なんかな。

↑このページのトップへ