月別アーカイブ / 2010年12月

いくつか告知にもいかしてもろてたんですが、
タイトル決まって、ポスター出来ました。
“よゐこライヴ2011
     〜よゐこのヤマダ電機”

ヤマダ電機さんに協力して頂き、閉店後のお客さんの居ない
面倒くさいであろう時間に撮影さしていただきました。
有り難いです。
本物の制服もお借りしました。
そんな撮影秘話がコチラ。
http://ameblo.jp/kznkzn/entry-10752173939.html
はい。キャメラマンの飯田サン。
はい、コレマジ話です。
撮影場所を探してる間、待ちになった僕は、控え室である会議室を抜け出して、こんな事は滅多にナイから、ウロチョロとして、食堂みたいな自販機のある部屋の前で家電量販店オリジナルドリンクとかないんかと探してる所に、飯田サンがやって来た。で、
僕の横を通りすぎるくらいで、
「有野サンどこだろうね。」
て言ってました。
「居ますよ。」
とマネージャーが言って、
「ああ!」
と爆笑しつつ、
「店員サンかと思っちゃいました。」
「店員サン以上に店員サンですね」
「いい意味ですよ」
「ほら、さっきの店員サンも有野サンに気付いてなかったですよ」
「いい意味ですよ」
「あ!さっきの店員サンには気付かれましたね」
「いい意味ですよ」
と、いじられ通しでした。
そんな飯田サン、このライヴ用撮影で
年に1回くらいしかお会いせんけど、毎回撮影中、
「かわいい、かわいい!うわ!、、すごい、、、かわいい!!」
と、38歳の中年オヤジの心を若返らしてくれる愛すべきキャメラマンです。
ただ、今年は愛するのんやめて、距離とろうかと思うかと思う位、
「うわ〜、居そう!」
って誉めいじりしてきやがりました。
でも、有り難う、飯田サン、良いお年を。


何やわからんけど、やらしていただく事になりました。
ありがたいでんな。

二部構成ですわ。
勿論、CM無しのぶっ通しです。
24時間やった経験から言うと、
トイレに行くのが申し訳なくなってくるんです。

ちなみに“フジテレビ ワン”では、

アイドリングがカウントダウンライブの生中継。
そうやな、地上波では見られへんこういうんが見れるのが、csの良さやな。
テンポやスタジオのテンション関係なく、
多少ダラッとしても構わない。
好きな人が見る。もの好きな人も見る。


ちなみに“ネクスト”ではこんなん。

ちなみに“ネクスト”ではこんなん。
は!!
よゐこサンも“20th アニバーサリー”やのに!


でも、ワールドツアーはやってないか。
ちうか、カウントダウンやから、会場の熱気を来れなかった人にお届けするタイプが多いな。
で、年が明けたら、

ん?
なんで、どんとサン?
元ボガンボス?
夏の?
復活して10周年?
合計して10周年?
どうして10周年?

なぞが深まるばかりやから、是非見よう!!

は!
アカン!
自分は生放送やってた。
録画もCSはダブル録画出きひん。

ちうか、csフジテレビ内の裏番組を見比べる意味が解らん。
という事で、よゐこサン地上波の年またぎの番組には一切出ない事になります。

暇やと思わないでくだはい。
ほなもの好きな人お待ちしています。



118日間100位以内みたいです。
ベストテンの“みちのく一人旅”みたい(←分からん人は置いてくよ)。
ランキングでは負けてるけど、
記録ではキングオブポップに 勝ってまっせ。
“キングオブ課長”

僕は特典がカミサンに見られないかヒヤヒヤです。

みんなの所へは“薄緑色のサンタ”は来たかな。
来て欲しかったらその様にしないと来ないでっせ。
日曜日の秋葉原のイベントも良かったらどうぞ。
http://blog.fujitv.co.jp/gamecenter/E20101215001.html
と思ったらルール変わったみたい
http://blog.fujitv.co.jp/gamecenter/E20101217001.html
他にもこんなボーナスキャラのウラワザがあるみたい
http://blog.fujitv.co.jp/gamecenter/E20101220001.html

ほな聖なる夜に鬼のようなコンティニュープレイをどうぞ。

↑このページのトップへ