月別アーカイブ / 2010年04月

ココに引っ越しました!
新築ですわ!
新築アレルギー検査はまだなのでそんな反応が出たら早めに出てくだはい。

コレ立ち上げるにあたって、
ツイッターしようか、
ミクシィと連動しようか、
セカンドライフに土地買おうかともしたんやけど、
過疎化が進んでたので、
実にノーマルな“よゐこのホームページ”となりました。

御祝儀暴露写真としてあの若手の若かれし時代の写真載せますわ。

Yahoo!ブログの頃よりも閉鎖的に記していこうと思います。
これから宜しくお願いします。





これは面白い。
オスのオランウータンの強い者ほど大きくなる顔の輪郭に付いてくる大きな物の事でそれが
“強大な陰謀に挑む超・科学サスペンス”
に挑む強大なフランジを持つオランウータンの話
とは全く違う。
“フランジ”じゃなく、“フリンジ”。


これは“24”ほど派手なアクションシーンはない。
かといって、“セックス&ザ・シティー”ほど恋愛もない。
かといって、“ロスト”ほど謎が謎を呼ばへん。
でも、面白い。僕が理科が好きやからなのか、“ムー”とかが好きやからか。
すき間産業のすき間に入ってきよった感じ。
話は地味やけど、だからどんどんハマっていく。


合間のスライドみたいなんも気になる。
花びら、カエル、タツノオトシゴ、6本のんも気になる。
6本なんは、小説で読んだ“羊たちの沈黙”のハンニバル・レクターと、“シグルイ”の岩本虎眼
2人ともなんや共通する所がある。
これは登場人物の誰かが、そうって事なんやろうか?


内容は、FBIのダナム捜査官が相棒を救うため、
滅茶苦茶賢いオッチャンのウォルター博士に助けを求める為、
その息子のピーターに会う。
超常現象とされるモノを科学の力で、オッサンの博士が解いていく話。
その話の解明の仕方が面白い。
「へ〜。」
ってなる。
「え!それも科学で出来るのん!!?」
ってなってくる。でそれだけやったら、大学生向け理科の番組やんとなるけど、
1話ずつちゃんと完結される。けど、一つの謎が出て来て、それがどんどん気になり、
で、どうなってくねん!
てならされる。
腹立つ!
シーズン2早く来いや。
働け!J・J・エイブラムス!!
って思う。






その町でUFOが現れて政府もその状況を受け入れる位長い時間UFOが浮かんでいる所から話が始まる。

これもまた面白かった。
宇宙人が居る事に対して、町の住人のインタビューをドキュメントタッチでみせて行く。
これも観ててドンドン引き込まれる。
そんなテレビでやってる予告編で惹かれて観に行った、
観終わってから気づいたけど、
予告編てあんな事で良いんかもなぁ
と思った。観に行きたくさせる感じ。

なるほど!
と観終わってだいぶたってから気付く。
あの予告編にやられた!
と、でも本編のが勝ってるから、腹は立たへん。
予告編でアクションシーンを全部出してしまうのに比べてね。


コレは、予告編観てから本編観に行く順番の映画やな。


↑このページのトップへ