月別アーカイブ / 2009年12月









生物部編、図工部編、料理部編。

関東で土曜日夕方に30分枠で見てる方には関西のノリで見れる収録時間。

関西で見れる方には、色んな特典。

有野的オススメは、
“有野と番組ADこばやん”のオーディオコメンタリーですわ。
1の生物部編は、出演者が知らないスタッフこぼれ話やら聞き出して、ちゃんと 話してます。
3まで行くと、雑になりこばやんの恋愛こぼれ話とか聞き出してます。
関東の人は
「知らんスタッフの恋愛こぼれ話なんかこぼしとけ!!」
て 思うでしょうが、
それが関西のノリなんです。
「何だよ関西のノリって?」
そんなん知らんがな。
が関西のノリですわ。
はい 何となく て事ですかね。
追伸
昨日、茶屋町でインストアイベントやらしてもらいました。

よゐこ部の(音楽部のステージ)ロケ終わりってこともあり、
8時以降の遅いスタートにもかかわらず、ようおけ来て頂いて有り難うございました。
すでに、次回作も発売決定しております。

ちうか、もう、また、オーディオコメンタリー録音しました。
勿論、こばやんとです。
http://www.whv.jp/database/database.cgi


あと、ワーナーのDVD見たら、予告編の中に、“よゐこ部”が入ってるからビックリする。
ココ•アバンシャネルとか、ハリー•ポッターの合間に“よゐこ部”がはいって来るねんで!
恥ずかしいったらありゃしない。
ありがたいんやけど、分不相応な気がする。
この並びの面白さが、見たいって人は海外ドラマの“フリンジ”観てみて下さい。
店頭用だけかもしれんけど。予告編の並びは面白いよ。



長きに渡って人知れず練習。
夜中に一人でも練習。
これで合ってるのか不安になり早めに入って練習。
自分の相棒は思うようになってくれるのか不安になり練習。
舞台が怖くなくなるまで練習。
地道な作業が嫌いで練習ばかりの部活なんて入った事なかったのに、
なんでそんなに練習するのか?
みんなの足を引っ張らないため。
違います。
舞台が好きだから。
やってて楽しいから。
楽器最高!
トロンボーン面白い!


いよいよ明日、よゐこ部“カッコブラス選手権”開催です!

頑張れ、オレ!

※この人も何でか緊張しています。
頑張らんで良いからハマれ!コイツ!!

追伸 ラジオでGEN担ぎで渡した僕、木下、木本のアレはちゃんと持って帰りよりました。
舞台を楽しめコイツ!!そしてオレも!!!



試写で夫婦で観せてもろて、これは良い話やと感動して。
予告で見る、
奥さんを亡くしたじいさんが風船で家ぶら下げて冒険へ!
て印象はあっという間に無くなって、ず〜っと面白い。
泣かせる映画よりもコメディより。
だから、泣かせる所がホロリと来る。
しんみり泣くんじゃなくて、良い感じ。
エンドロールまで観てしまう位、余韻に浸る。
で今回、風船大好きで行きたい行きたいと言ってた、娘娘を連れて“吹き替え版”を観た。
コレはビックリした!
何が?
喋ってる言葉は勿論、日本語なんやけど中に出てくる文字、
ノートのタイトルや文字。観客に理解してて欲しい部分が全部“日本語”になってる。
はじめ全く違和感なく観てたのに、
ん?
となって気付いたが、それ位さらりと入りこんでくる。
これが、“セル画”じゃなく、“CG”の凄さなんやな。
ただ、あんなに見たがってた長女に面白かったか聞くと、
「いぬがたくさんでてこわかった。」
という感想でした。
劇場内はココで笑うんや!と子供の笑い声が絶えないつくりでした。
ただ、子供によってみんな笑う所がバラバラなんが新鮮やった。
家族4人で行くと、バケツタイプのキャラメルポップコーン完食出来たのは新発見でした。
これは、夫婦で観るべき映画やな。

↑このページのトップへ