月別アーカイブ / 2008年02月





秋から月二回大阪に“よゐこのワケアリ”で通ってる中、

朝から新幹線に乗るので軽食を“スターバックス”で買わしていただく。

東京での仕事でも近くにあったら買ってったり、リーダーに奢ってもらったりして、



その時に困ってたのが、コーヒーの注文や。



「有野サン、何しますか?」



「僕も一緒でいいわ。」


と頼むと、



「有野サン、一番なんすけど、」


となったら、さあ大変!


「何が美味しいかな?」


「たいがい美味いすよ。」


「ミルクあるのが良いすか?」


「甘いのが良いすか?」


「あったかいのが良いすか?」


「デッカいのが良いすか?」



「中っくらいのが良いすか?」


「砂糖つけますか?」


っと、色々聞かれた僕はそんな時、








「もう水でええわ。」





となる。だから、みんなそうならない程度に、



「有野サン、ソイラテ美味しいすよ。」


「ほな、それ頂戴。」



っと、それからはアホみたいに、“ソイラテ”しか頼めへんかった。


ただの“ラテ”じゃない所が気に入ってたのだ。


「山崎クン(よゐこスタイリスト)、“ソイ”って何?」


「知らずに飲んでたんすか!?“豆乳”ですよ。入ってると美味しいでしょ。」

「うん、“ラテ”は?」


っと、“一休さん”の“どちて坊や”並みの質問攻めになってしまうのも、申し訳なかったので、


自分の美味しい“ラテ”を探してた。



“抹茶ラテ”にいったり、“カフェオレ”やら

“トールサイズ”頼んで胸焼けしたり、


っで、今回順番待ちが長かったので、


レジの上のメニューをじーっと見る暇があったので、発見した!









僕の好きな外国のミルクティーの“チャイ”あるやん!



トッピングの欄があるやん!!




“ソイ”トッピングにしたらどやろ!?




で、ワクワクで注文した!




「チャイラテでトッピングでソイをお願いします。」



「かしこまりました。サイズは?」


「中っくらいのください。この注文どうですかね?」



「非常に良いとおもいます。」



     ヾ(≧∇≦*)ゝ





「他にトッピングしたらどうですかね?」


「いや、これがちょうど良いと思います。」






     (´∀`)





有野サン、スターバックスでの“水”卒業!!




o(゜∇゜*o)(o*゜∇゜)o〜♪



“レミーのおいしいレストラン”


    対“ガンバの冒険(全話+劇場版)”


の、“アニメねずみ”対決!!






勝者は!

















“ガンバの冒険”!





ねずみから見た人間社会や、ねずみの敵や、なにより


初対面の忠太と一緒に、ノロイ島に置いてきたお姉さんを助けに行って

                  巨大な白イタチ、 ノロイを倒しに行く冒険!


って、男子が大好きなテーマやん。






それに映画本編111分に対して、テレビ版807分じゃ勝てへんですわ。

第15話の“鷹にさらわれたガンバ”だけでも“レミー”と張り合えるんちゃうかな。


最終回でシジンが言ってた

「海でオシッコしても許してくれますね、大粒の涙を落としても許してくれますね。」


ってのが、ねずみの人の(?)良さが出てる気がする。


ガンバの敵は、猫、人、猟犬、カラス、イタチと、猫やイタチなんて、もの凄い人相悪いし、

ねずみバッサバッサ殺されるし、仲間の裏切りも、

俺が行くからみんなは逃げろ!っていう熱い所もあるし、



改めてみたら、子供に見せるには残酷やけど、見せた方が良いと思うアニメやった。


やっぱり、昔のアニメは歌込みで面白い。

ガンバがねずみの擬人化に対して、レミーはねずみを人として扱ってる感じが嫌やったのかなあ。

団体のねずみ見てインパクトはあるし、(うわ!!)っとは思うねんけど、その、

(うわ!)って思ってしもた動物が作った料理って食べ難いって感じてしまうのがアカンのか。

でも、ピクサーって“ファインディングニモ”もそうやけど、

生き物の動きが凄いリアルでそれだけで十分楽しめる。

もしかしたら、魚やねずみに“モーションキャプチャー”をつける技術があるんちゃうか

って思わされるくらい見応えがある。

皆は、ドッチ派かな?

両方観てる人は居らんか。



かみさんが買って、長女が作ったカード付き。


後は、次女も入って♀三人で


「今年は、お父さんに何贈ろう?」


って僕の知らん所で話し合って、


って、




毎年貰えると、ええなぁ(≧▽≦)ゞ。



そんなお父さんで居続けないといかんな( ̄^ ̄)。

↑このページのトップへ