月別アーカイブ / 2007年10月

有野家での事を書く予定です。

取りあえず、“祝い丼。”にあったのを引っ越しました。



“ヱヴァンゲリヲン:序”


それも、映画の日って事で1,000円やった。


これねぇ、僕が“そっちより”ってのを知ってるから、行く現場行く現場で、

「有野さん、もう観ました?ヱヴァ。」

「え〜〜〜!何で観てないんですか!!!?」

「早く観て話ししましょうよ。」

っと、言われて僕はその度に、

「でも、“まんとら”で使徒は全部見てんで。」

っと答えるので精一杯でした。


そんな思いで着いた劇場。

観る前は、“スターウォーズのエピソード1”を観るような。


あんな面白かったのが、今の技術を使ってどこまで凄くなるんやろ?

って感じやった。

でも、“エピソード1”の場合は、あの“ダースベイダー”がどうやって出来上がったのか。

物語の想像ってのも上乗せされて期待値も上がってた。

それに、“先行上映のオールナイト”に行ってて、お客さんに外国人もいっぱい居て、

“R2−D2”がでて、「フォーー!!!」って叫ぶわ。

お祭り騒ぎやった。

それに比べたら、公開されて、結構たってるし、オールナイト違うし、

どうなる事かと思ってたら、

昼間とはいえ、お客さんいっぱい居った。

外人サンは居てなかったけど、

凄い早口の人はたくさん居った。




で、気になる内容。



  凄い。


ほんの10年でここまで進んだんやって驚き。

“スターウォーズ”の“トリロジーボックス”とはワケが違うなぁ。

実写と違ってアニメの凄さってこういう所やねんなぁ。

ヤシマ作戦すげぇ。

画が凄くて、(うわ〜〜)って小声で何回か言うてしもた。


  破:急:?


全部観に行ってまうな。

そのつど、DVDを買うか、四作終わってからまとめて買うか、

今から迷うなぁ。

↑このページのトップへ