月別アーカイブ / 2007年09月





でも、綺麗に写らへん。

結構デカく見えてるのにカメラでは写らない。

田舎に行って星空が満天で携帯カメラで記念に、

っと思っても写らない。

オーロラなんて、撮影出来るカメラなんて数台しかないらしい。

それらを踏まえたら、


「うわっ!!すげぇ!!!!」


ってモノを見つけたら、



じーっと見て、眼に焼き付けて、


そして、それをその時のテンションで、人に話す方が絶対良いのに。



何でみんな何でもかんでも携帯カメラで撮りたがるんやろ。

たくさん撮って、たくさん保存しても、

結果、全部ブレてた。

ってなったら、やっぱり直で見とけば良かった、

ってなるのに。


それを踏まえて本題。

 小4の頃初めて飛行機に乗って、初めて熊本県八代のおばちゃん所に行く伊丹空港で、


「晋哉!東京行きん所にカトちゃん居るで!!!」


っと母に言われ、


「え〜!!カトちゃん居んの!すげぇ!さすが空港や!!」

1982年当時は、そろそろ大人びた子らは“オレたちひょうきん族”に移って行く時期やったけど、僕はずっと“8時だよ全員集合”を見てた子供やったので、

“カトちゃん”に会えるってのに凄く気持ちが高ぶってた。

やはり、カトちゃんを一目見ようと、何人かは集まりだしてた。

あの中に、


「ちょっとだけよ。あんたも好きねぇ。」


って言う、カトちゃんが居る。

ステテコ腹巻きハゲちゃびんのカトちゃんが居る。


「晋哉!あそこ、カトちゃん!」

やじ馬の中心には、

デッカい刺繍の入ったセーターにスラックス、真っ黒のデカいサングラスで、

何人かの大人達と談笑しながら、タバコを吸う“加藤茶”サンが居てた。

僕は大声で言った。




「こんなんカトちゃん違う〜〜〜〜〜!!!」


この後僕は、しゃっくりが出て止まらへん位泣いてた。



写真には残ってないけど、鮮明に覚えてる記憶や。


この記憶は、百年プリントより鮮明に残り続けるやろう。









通販のアマゾン見たら、



驚いた。


否、







おでれぇた!!





土曜日に“東京ゲームショー”のステージで、ゲームセンターCXの、



ゲームの発売日、


第8シーズンの開始日、


DVDーBOX4の発売日、


を、発表したら


この結果(写1)ですわ。




いきなり、ハリウッド越えですわ。



すんません、“ピクサー”はん。



攻めて来んといて下さい。“スパルタクス”はん。




気を良くした僕は、ゲームのコーナーも見てみた。


(どうせ、一位やろな。)



と、思てたら(写3)、



ハルヒめ!



課長は何位や!?



っと思い下に下りてったら(写4)、





なんや、ガンダムとポケモン越えしてるやん(*^_^*)


課長ヽ(゜▽、゜)ノ

僕の趣味の一つに“映画鑑賞”がある。

学生時代からメチャクチャ観てて古い映画の知識もある人を、

   “映画鑑賞のプロ”

とするなら、僕は

   “映画鑑賞のセミプロ”だ。

勿論、映画評論家が


    “映画鑑賞の大食いチャンピオン”

とするなら、僕は

    “映画鑑賞の一回だけおかわりをする人”だ。


そんな僕からして、最近になってふと思った事が、


アクション映画を観て感想を聞かれて困る。

って事や。

“リーサルウエポン”やら、“ジャッキー映画”。あれ位の時代のアクション映画なら、

これ凄いやん。

っと文句なしに言えてて、話も“骨太な男映画”やら、少しコメディやら、

何かしらの感想が言えてた。

でも、今のアクション映画は、昔に比べて、凄いアクションが沢山入ってる。

ロボットもの、アメコミヒーローもの、カーアクション、

凄いか、凄くないかで言うと、


   メチャクチャ凄い!


でも、“どれも、CGが”って言葉が付く。

面白いか、面白くないかで言うと、


   話しは面白くないけど、凄いで。


と言う答えになる。

1、2、3、4、っと続いてるシリーズモノなら、回をおうごとに格段に凄くなってる。

でも、話しは、初期の方が好きって人のが多いと思う。


それは、“CG”が凄すぎてそっちに眼が行ってしまい、肝心な“話”が勝てないのかもしれない。

僕の見方が歪んで来てるのかもしれないが、アクション映画として観ないで,

  アトラクション映画

として観て、

(うわ〜〜〜〜〜、すげ〜〜〜〜。)

って、思わしてくれたらええわ。

っとなって来てる。

でも、竜や、トロールやらが“CG”で出る映画を、今の子供が観てて、

映画と現実の区別出来るんやろか?

それこそ、“R指定”をせなアカンのと違うかな。

まとめると、


今のアクション映画は、アニメで観たいモノが多いって事やね。

↑このページのトップへ