月別アーカイブ / 2007年07月







第二部は大人と子供も入っての、

親子混じりの“スペシャルトークショー”でした。


結果

「“12歳の文学賞”という事で、文豪の衣装を用意してもらいました。

僕が芥川龍之介風なんです。」


と、説明した所、濱口君が


「僕は、千円札の人です。夏目漱石さんです。」


と言うてたので、僕も負けてられへんので、


「僕が、一万円札の福沢諭吉さんです。」


と、言うてやりました。



文豪関係ないじゃん!ね。


二千以上の応募の内、八割が女子みたいです。

男子もドンドン送ったったらええねん。

僕が、12歳やったら、


名探偵コナンを見て人物替えて、トリックもらって、文字におこして送ってたやろな。


バレたら、担任どころか、両親共々、校長先生に怒られるやろね。

やったら、アカンで。

でも、送ったってやぁ!



追伸

第三部のんには、出まへん。





始まりました。

任命して頂いて、



恒例の記者会見です。


そして、二時から“第二部”始まります。


第二部何するか



それは、後ほど。

↑このページのトップへ