月別アーカイブ / 2006年11月


歯医者終了。

やっぱり、虫歯なかった。

で、“歯石取り”とかをやってもらう

ココの歯医者サンは、今の家に引っ越す前から、通ってるので、

かれこれ、三年は来てるかな。


そこで聞いた歯医者サンの悲劇。


「初めて来た時に、居てはった妊婦の先生はどうしはったんですか?」

と、ずっと気になってた事を聞いた。

「あ〜、よく覚えてますねぇ。」

と、先生、

「はい、8ヶ月とか言うてはったんで。」

「もう、産まれて、また働き出してますよ。顔が、お母さんソックリなんですよ。」

っと、ここで僕の悪い虫、“上がったテンションを下げる言葉探検隊”がうずいた。

「ソックリって言われても、マスクで顔分かんないんですよね。」



そしたら、先生のテンション下がる所か、上がった。


「そうなんですよね!だから、外で、患者さんとすれ違った時に挨拶してもね、無視されるんですよ!」


あ〜、悲しいなぁ。

歯医者サンが考えた歯ブラシまで作る位、

患者さん思いな職業やのになぁ。



世知辛いな。



あ!“せちがらい”てこう書くんや!!知ってた?


時間が余ったので徳永君(社長)にメールした。


「冬服ください。」


そしたら、


「いいよ〜」


で、貰いました。


二十歳の大阪活動時代に何回か“スチャダラパー”や色んな人達と仲良くさして貰って遊んでた頃を経て、

20代後半、酒を覚えた頃よく行ってた飲み屋で、俊美君(前社長)と再開して、

「久しぶりですね!」

って所から、酔っ払った勢いで、


「俊美君、服くださいよ。」

「いいよ。いつでも事務所に取りにきなよ。」


って時からの付き合いで、僕のテレビでの衣装も“DOARAT”が多いのです。

で、俊美君が“Tokyo No1 Soulset”と掛け持ちしてる“Zoot16”のTシャツとタオルも、

「これ、濱口君にもあげてね。」


っと、頂きました。

今日は、非常に良い休みを過ごしてます。

次は……。


散髪に予約してたんで来ました。

七年以上ずっと、後藤(♀)に切ってもらってます。

後藤(♀)が店を変えたら僕も変えて、この店で三軒目です。

それ位の信頼関係なので、

「今日、急いでるねん。」

と言えば、黙って黙々と散髪してくれ、10分は縮めてくれます。

でも、話しかけなかったら、20分は縮まります。


そうです!

話しかけたら、手を止めて話しちゃうタイプの職人サンなんです。

話しかけたこっちも悪いをですが、こっちも急いでるので、そういう時は厳しく、



「手ぇが、お留守になってますよぉ。」



っと、言ってあげます。



それを言われるのが嫌なのか、後藤(♀)は毎回、


「有野サン、次何時ですか?」

って聞いてきます。今日はこの後、四時から歯医者です。と伝えると、


「じゃあ、ゆっくり切れますね。」



二時間も切ったら、


ハゲるわ!!!!

↑このページのトップへ