ゲームセンターCX という番組をやらせてもろて、今年で 16周年となる。
有り難い事に、熱狂的な一部の方々に支えられている。
認知度は16年もあるので、
有野がゲームやってる番組
という認知のされ方をしている。その知ってる人は知ってる程度なので、イベントがあろうが、何があろうが、どーもしない。
へー、やってたんだ、とネットで拾って斜め読み程度。それが認知度やと思う。
でも、何かあると、自分のスケジュールと照らし合わせて、
移動距離、時間、体力、お金、照れ、の全てをふるいにかけて、クリアとなると、
すげー遠くても来てくれる。
そんな行動派の方々に支えられてもろてる。
ね、“認知度の度数”と“支えるの数”は全く違う。
面白いのは、
有野課長がゲームやる。
と、
有野がゲームやってる。
は同じではなく、そこには作業着という服装があるとないでは違うようで、また
有野課長とゲームセンターCXのスタッフ
が入れば良いって訳でもなく、
有野課長が作業着で、ゲームセンターCXのスタッフに囲まれて、ゲームに挑戦する。
となると、全国から10000人が集まってくれる。でも、
有野1人のイベントやと、100人程度なのだ。
ゲームセンターCXのスタッフがスタンプラリーやるよ。
と告げると 1000人単位で集まるのだ。
そうだ!
有野くくくくくくゲームセンターCXスタッフ
なのだ。
でも、有野課長がコントローラを握るとなると人は集まり、
それが、難しいゲームであればあるほど人が集まる。
老若男女問わずなのだ。

   さて、本題である。
日々、昔のゲームに挑戦するこの、  #gccx 
歴代スタッフの数も凄い事になってきている。
でも、幕張メッセでやる。となると、歴代ADが、
集まってくれる。
よく言うと、
レジェンドADが集結!!
ちゃんと言うと、
辞めたスタッフがまた集められた。
である。
でも、その辞めたスタッフが唄うと盛り上がる。
んで、どのADの頃から見始めたか?
で話は盛り上がるようだ。
よく言われるのが、
「笹野サンから見初めてます!!」
そうなのだ!自分はこれくらい昔から知ってるんです!と言いたい人は笹野から見初めてる!
と言う。
その他の人らはそれを言わない。
なんて、バカ正直な人たちなのだろう。
そこも面白い。
だから、僕は
「ゲームセンターCXみてます!」
と言う方にはいつも聞く。
AD誰でした?

「東島サンとアストロロボSASAやってるの見てました!」
と言われたのは、16年やってて、一回だけ。
これはかなり嬉しい言葉だ。
まだ、挑戦が緩かった時代だ。

まとめると、今回の挑戦も辞めたスタッフがたくさんやって来て、懐かしい顔と初めての顔と会えた。
楽しい挑戦やった。
それをみんなが見れるのはいつになるのかは分からない。
マザー2 が何本になるのかも課長クラスは知らないからだ。
いや、今日の挑戦は本編なのか、特典なのか、はたまた、 #gccxch  かも分からない。
僕はいつ放送か知らないまま挑戦部屋に入り、その場で聞く事になる。
そこにあるゲームをやるだけなのだ。

ZzLVjJQOhr.jpg
  ※毎回朝、 押収した下着のように並べられている、課長の聖なる服だ。