空港にて離陸までの時間ぎあると、僕はラウンジに入ります。
カードの特典で入れるラウンジ。
若い頃夢みてた、新幹線の食堂車みたいな感じ。
いつか、食堂車行きたい!
って、当時はコーヒーは飲まなかったので、コーヒー飲みたい訳ではなく 憧れ。
航空会社のラウンジやと、一年間に乗った数や距離によってクラスが分けられ、入るのにいくらか かかったり、カードのクラスによって何人か連れてってあげれたり様々なのかな。
で、ラウンジ。
無料で野菜ジュースやら、コーヒー、ラテ、牛乳もある。
昔は、朝早かったらパンもあった。
それらを自分で注いで、自分で運ぶ。
充電が出来る場所もある。
これら全て無料。
カード会社のおかげで無料で飲めるのだ。
ただで飲み物を貰ってる。
なんて言う?
頂きます。
でも、ラウンジだ。
飲み物くれる所に人は居ない。
帰りしなに
ご馳走さまでしたー。
とは言える。
そんな、商売っぽくない空間。
もちろん、ただで貰ってるから、コップは自分で下げる。
混んできて、ラウンジの人が回らない、でも、席は空いてる、
では、自分で片付けて、座れば良い。
みたいな雰囲気。
下げてください。
と、言えば そうしてくれるのかも知れないが、
ただで飲みに来てるのである。
それくらいはしても良いだろう。
そんなスタンスで僕はラウンジに入ってる。
前にカップルが座ってた。
向こうが先に席を立ち、そのまま、慣れた感じで退店してった。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3245.HEIC
 僕が思うのは、
残すほど入れなくてもええやん。
だ。
この一口、僕なら 飲んで出る。