IMG_0229.JPG

 今年は父兄参加では、
1年生では"カンガルーの親子"
麻袋に入ってジャンプジャンプで親子揃ってゴールまで行く。
 コツ
靴で引っかかってしまうので、いかに麻袋を早く履くか。
片足入れてももう片足でクイクイ引っかかる人続出。
大きめに開いて、焦らず入れて行く。
履いたら、子供を待って、
もっというと、「お父さんは追いつくから先に行きなさい!」
って伝えておく事。
で、半分まで行くと、袋を脱いでダッシュ。
ココで娘と手を繋げる。引っぱって行く時間だ。
で、丁寧に次のお父さんに渡す。

3年生では"台風の目"
30メートル先の次の走者の所に行くまでにカラーコーンが二個立ってる。
1メートル程の棒を親子で持って、カラーコーンに着いたら
大人が外周りでグルッと一周して進み、またカラーコーンに来たら
大人が外回りでグルッと一周して次走者に棒というバトンを託す。
 コツ
大人は不利である。でも、それを経験値でカバーする。
だいたい、端と端を持って走ってしまいがちだが、
子供は端、大人は真ん中くらい(ぶつからない程度)を持って走ったら、
カラーコーンでの台風の目の円周は小さくて済む。
で、最後が大事である。バトンを渡した途端に次走者は走りだすので(当たり前)
バトンを渡す時は、棒の端と端を持って、相手が受け取ったら、直ちに外側に回って
次走者の走りの妨げにならないようにする。
でないと、
渡した時に棒の真ん中に居たら、次走者のSTARTダッシュに巻き込まれて
バックで走る事になって、パニックに陥り泣いてしまう。
この事故、実際ありました。
二個目の台風の目が終わったら、走りながらも端に移動して次走者に備えましょう。

そんなのを、入場門をくぐるのに待機してる時に子供にルールを聞いてて
アドバイスをして、
レースに備えていました。

この運動会、中学になったらもう行かないので、後5回しか遊べません。
長女はあと2回。
ん〜〜、少ない!
家族で万国旗の下、妻の作ってくれたお弁当を食べるのも、あと僅か。
年数でいうと、5年だが、回数だと凄い少ない。
申し訳ないが、お仕事はお休みさせて頂く。

今年も、夜中のラジオ終わりに少し仮眠して、グラウンドに場所取りに行って、
フラフラでしたよ。
でも、楽しい。
もう、親が参加出来る行事はない。
寂しい。