次女は非常に頑固だ。
1回やらないと言ったら、絶対やらない。
面白かったから、もう一回やって。
と言ったら、恥ずかしがってやらない。
頑としてやらない。
僕で言うと、誘われたい食事に誘われないか
と、思い最後に誘われたりすると、
「行かない。」
と断る。凄く行きたいけど、何か断る。でも、
「来て欲しい。」
と言われると、
そこまで言うなら、、、。
と、行く。

実に面倒な性格な独身時代の僕であった。

我が家では、晩ご飯の後にはデザートが出る。
アイスの時もあるけど、
なるべく、季節の果物。
夏はスイカ
秋は柿、みかん。
冬は苺。
「1月から5月まで長い間とれる果物みたいだよ。」
とか(諸説あるけど子供に分かり易いからこういう)、
練乳で食べてる所、
「こうしても美味しいねんで。」
と、
牛乳に砂糖をかけてスプーンでグチャグチャに潰して
柔らかい潰した苺を食べた後に、苺牛乳を飲ませたりしてる。
姉妹ともなのか、
女子はとにかく苺が好きである。
色なのか形なのか、苺が大好き。

その日も苺が並ぶ。
ケンカにならないように
半分に切って大皿に入れてフォーク4本
でも、
次女が食べない。
フォークが気に入らないのか?
苺が長女に近いのか?
何を変えても食べない。
「食べない?」
と聞くと、
「あたしたべない!」
何か怒ってる。
長女が食べるのも見ない。
「ちょっと食べる?」
と、聞くと
「いらないったらいらない!」
テーブルで俯きだした。
頑なや。誰に似たんやろな?
と妻と話す。こうしたらどうやろと思い、
一つ口に持っていってみると
パクッ!
食べた!
「食べるんやん!」
ほんまに食べへんねやったらテーブルから離れてるもんな。
「どっちに似たんやろな?」
と聞いた時の妻の驚いた顔。
(あんたやん!!)
と関西弁に聞こえた。





IMG_1843.jpg

そんな家族の情報が満載の"ハッピービスコムック"発売中。