我が家の新しい家族となる、新しい”エロヴィデオ”を待ちながら朝をむかえた僕(当時26歳)は、
結局、配達されなかった”エロ”の事より、検問や事故に巻き込まれたかもしれない”業者の人”の心配をしながらも、
それを注文した僕まで、芋づる式に、一斉検挙されやしないかと”ドキドキ”して、
否!ぶっちゃけ、”プルプルブルブル”震えていた。
それはそうや。折角、東京に出て来て、そこそこの暮らしが出来るようになったのに、

 『よゐこ有野 宅配AVを頼み検挙!
        本当は ドスケベのワルいこ!!!』

とか、新聞に出てしまうかも、メッチャ格好悪い。
26歳になったとはいえ、”エロビデオ”を見てたってのは、親にバレたくない。
ましてや、それが新聞に載ったとなると、
 

「あんた!東京行って、何してんねや!!!近所の柿原さんも笑ってはったわ。
もう、格好悪い!大阪帰っておいでっ!!!!」
チンッ!

て、お母さんに、メチャクチャ怒られる。嫌な感じや。
そんなん嫌や。”資源を大切に”って、思って頼んだだけやのに、
厭らしい気持ちなんか、コレっぽっちしかないのに、大阪帰んの嫌やわ。
と、悶々とした日を過ごしながらも、日々の仕事に追われ、その事を忘れてしまった頃、
電話注文をして、三日後、

 ピンポーン!
インターホンの音。
(誰やろ?)
「宅配でーす。」
(知らんなー。)と思いながらも、
僕「誰宛ですか〜?」
「え〜、酒井くにおサン宛ですが、」
僕「! 僕です!!酒井くにおっ僕ですわ!」

っと、くにお師匠に聞かれたら、

 「嘘おっしゃい!!ネ、っとおるちゃんっっ!!」

っと、怒られる位、言い切ってやった。
扉を開けると、配達員が待ってはった。

配達員「酒井くにおサン、代引きになります。」
  僕(代金引き換え、着払いってことね。)
   「はい、1万円ですよね。」
配達員「いえ、12800円ですが。」
  僕(あれ?送料ってそんなにしたかなぁ?でも、この人に言うてもしゃあないし・・。)
   「はい、分かりました。」

っと、お金を払い、段ボールに入った、計8本の”エロヴィデオ”を、受け取った。

 軽っっ!!?

今の僕(現在33歳)なら、少し遅くても、この軽さを疑って、

「あら、コレ僕やないですわ。間違いじゃないですか。ねえ?僕、有野やし。」
っと、タレントの特性を使ってでも、この危機を回避出来た筈やった。

でも、その時の僕(当時26歳)には、その気持ちを覆いつくす、スケベ心があった。
お金を、払い終え、
業者サンの無事を喜び、
自分の東京暮らし、安泰も喜びつつ、
若干の嫌な予感を、押し殺して、
”エロヴィデオ”をセットし、
リモコン片手に、テレビの前に正座した。
コレ↑は、僕の癖なのだ。

  再生
   ↓
  砂嵐
   ↓
  早送り再生
   ↓
  砂嵐
   ↓
  停止、高速早送り、再生
   ↓
  砂嵐
   ↓
  早送り再生
   ↓
終了
   ↓
  停止強制巻き戻し

え〜!終わりぃ〜??何でや??でも、
まぁ、サービス分のが、奇麗に録画されてなかったんかなぁ。
と、呑気にかまえ、残り7本全部を見てみた。

  結果、

 8本全部、砂嵐のみ。おまけに、
 8本全部、10分テープ。

だから、軽かったんや。畜生!
っと、段ボールを見ると、一通の封筒が!
中を読んでみると、

 酒井くにお様
テープを全て御覧になられてたら、すみません。
やはり、こういう業務をしていると、ライバル会社ではないか?など、
不審な方からの注文もあったりするので、一旦、失礼ではありますが、
何も録画されていない、空テープを送らして頂きました。
もし、酒井くにお様が、ひやかしではなく、
購入する意思が、おありなら、その、段ボールごと送り返して下さい。
送料負担となりますが、お詫びのサービスとして、
新作のテープ3本お付けして、送り変えさして頂きます。

みたいな事が、書かれてあった。

やっぱり、ちゃんとした店は、ちゃんとしてるわ。3本サービスやて。

僕は、次の日には、書かれてある住所に、送りかえした。

三日後、宅配業者がきた。

配達員「酒井くにおサンに、お届けもので〜す。」
  僕「は〜い。」

”えろヴィデオ”が、8本プラス、サービス、合計11本。
今度は、10分テープ8本ではなく、60分テープ11本や。
前回より、少しでかい小包を、
期待しつつ、受け取った。が、


  か、軽っ!???


こうして、僕と、”宅配えろヴィデオ業者”との、戦いは、佳境に入る。

  続く・・・