日本テレビの深夜の特番“悶々セラピー”に呼ばれて行きました。

終わった後、普段は、ダマーッてメイクおとして、メイクさんに、

「お疲れ様でしたー。」

って、帰るんですが、メイク室に行くと、メイクさんが凄い笑顔でよって来て、

「スッゴイおもしろかったです!」

っと、言ってくれた。

普通、出演者と、制作スタッフの関係では、おもしろかったら、それを言い合い、そうでなかったら、次回どうしよう、っと言い合う。でも、それはレギュラー番組の場合に限ってや。

でわ、ゲストもんの場合は、どうか?

事前打ち合せや、当日打ち合わせまでは、「あーして下さい。」「こーして下さい。」

っと、言われ、本番、どれだけ出来が良くても、褒めに来ては くれへんし、

本番、どんだけ、何も出来なくても、怒りにも来ない。

 (来られても、嫌やけどね。)

ただ、二回目呼ばれへんだけや。

 (おー恐っ!やね。)

っというのが、制作スタッフとの距離や。

ゲストもん で、メイクさん っとなると、本番前、じっ分程メイクをし、
(ちなみに、僕は、定番の男性用メイク道具があれば、自分でメイク、セットもします。)

収録の、合間に、テカリを、じう秒程、で、抑えてもらい、

収録後に、拭き取りシートを、もらい、洗顔して、帰る。

そんな、時間で、人見知りでもある、僕が、メイクさんに話しかけてもらえる訳がない。

“メイクさんの、取り付く島もない。”

なのに、この番組のメイクさんは、話しかけてくれはった。それも、

「スッゴイ、面白かったです。メイクみんなでハマってました。」

「もう、全部、何言っても、面白いんですもん。」

っと、隠しカメラでもあるのか、と思っちゃう位、褒めてくれた。

こんだけ、褒められたのは、

“ゲーム番組の僕”と、

“しりとりをやる僕”を抜いては、何年か振りやった。

だから、僕も、調子にのって、

「え〜、どこが面白かったですか〜?」

っと、具体的に褒めてもらい、何や、デレデレしてた、そしたら、メイクさん、

「いや〜、今日の収録、ほんっっっと面白かったです!“有田さん”。」




   もうっっ!!!!(>_<)

     と、いう実話。