今日で、確信した。

スポーツマン全般に言えることやとおもうけど、筋肉自慢のヤツってのは、

ヨリ早く走る為に脚力をつけたり、

ヨリ遠くに砲丸を投げるに腕力を鍛えたりする。

ってのは、最初の純粋な目的であって、いつの間にか思い通りに記録が伸びないからか、

自分よりも。ひ弱な男子を見つけたからか、

女子の事を意識しだしたからか、

いつの間にか、100パーセント不純物の純粋さで、

筋肉だけを鍛えだす。

そして、そんな人達は、サラリと筋肉を見せたがる。



何処の筋肉を見せびらかすか?


  太ももか?


     NOや、


  大胸筋か?


     NOや。


  ヒラメ筋

      NO!!や。








     “二の腕”や。


何でか?

   そこに“力こぶ”があるからや。




   実に分かり易い。



   アホやからや。



どれっくらいの、アホなのか?

筋肉ムキムキっぽい人に近寄り、



 「うわ!腕ふっといッスねぇ」


っと、言いいながら、



     “二の腕”

          を掴んでみる。



すると………、


 な〜〜〜んも言うてへんのに、


 な〜〜〜んも言うてへんのに、やで、




   二の腕 カッチカチ

          にしよる。


これは、もう確実にや。



  僕が、腕を触る、



そしたら、


   な〜〜〜んも言うてへんのに、



  肘を、ぐ〜〜って曲げて、

  二の腕、カッチカチ にする。





 「うわ!硬い!!!!」



っと、口で言いながら、



 (うわ!!アホや!!!!!)


っと、思ってる。


これは、学生なら、運動部に入ってるヤツ、

社会人なら、ジムに行ってるヤツ、

夏に向けて、体を鍛えだしてるヤツ。



っと、色んな種類のアホが居るから、いっぺん確認してみ。