これは面白かった。


映画らしい映画。

ダニーボイル監督はやっぱり面白いのん撮らはる。

で、予告編で観た内容はこんな感じ、


日本でも知られてる“クイズミリオネア”これに出場した学歴の無い筈のスラム街出身の主人公。

それが、残り1問の所まで来た所から話が始まる。

それがスタジオじゃなく、警察の取り調べ室で。

スラム育ちでなんでそんなに答えを知ってるんやって事で、イカサマ違うのか?

で、何で答えを知ってたのか、勉強出来る環境が実はあったのか、

誰か仲間が居て指示を出してたのか、答えを何処かで手に入れ見てたのか、

答えを知ってたのか、知識があったのか、運なのか。

どれやろう?

っと思いながら、映画館に行った。


物語はそんな所になかった。

あら〜〜〜〜、そんな話になってたんや。


と思わされた作品。


でも、見終わったら、


  観て良かったなぁ。


って思う、映画らしい映画。

後味が悪くない映画。

インドの人以外が創るインドをテーマにした映画でくくると、


        僕の中で、“ナトゥ”を遥かに超えました。