って書こうと思ってたのに、観られへんかった。


品川〜新大阪間の移動時間よりも、上演時間が長いとは、、、。

気持ち悪いまま仕事ですわ。


今までの感想は、



温度の低い映画かなぁ.




※夜中に加筆します。



朝の楽屋で5分だけ観れて、ロケへ。

結局、最後まで観れたのは、帰りの新幹線でした。

僕のせいなのは分かるが、

凄いいい話なのに、冷めてしまった。

何や勝手な意見やが、もっと楽しませてくれ、大衆の娯楽やろ。

と思ってしまった。

期待値が上がりすぎたのか。

それくらい、後味の悪い映画やった。

観るべき映画に入るとは思うが、普段映画を観ない人が、

「なんか賞とったヤツやん。これにしよう。」

と借りたら、凹まされる。

最後には楽しませて欲しかったなぁ。

あぁ、面白かったって。

タイトル“バベル”の通り、言葉の壁はまだある、

しかも菊池凜子サン役の娘のような言葉の壁もあるんだよ。

ってのを、監督は伝えたかったのか。


何にせよ、最後のメモ帳には何が書いてあったんや?


セルDVDには特典映像として、入れて頂戴や、っと思った。

映画って分割に観るもんでもないな。