3時間近くあってでも、長く感じひんかった。
僕の好きなSFモノやったからなのかも。
どこからが実写で、何処からがCGかの境界線が全く分からんかった。
主人公の足細いんはどっちやろ?
主人公の足が細すぎるのは、CGなのか、演技なのか?
役作りであそこまで絞ってたらたいしたもんや。
これきっかけで、映画の中のコンピューターグラフィックってのがもっと押し出されそう。
宮崎駿監督も、この手やったら撮るかって初のアニメじゃないCG映画やってくれたら良いのに。
アニメとCGアニメはまた別モノなんかなぁ。それぐらい映像が凄かった。


で、気になる内容は。
最先端の映像技術で、
昔から言われてるメッセージがテーマの映画。
それが地球規模じゃなくなってるから、怖い。
でも、その警戒心持ってた方が良い。
終わった後、今年は最後に良いもん観たなぁ。
て思え、少し考え、樹に優しくなれる話。
でも、3Dで観るとそれらの全てが目減りする。




だって皆このメガネかけてるんっでっせ。
エンドロールで振り返って見てビックリした。
年末に何しとんねん!
って。