こんなにも心を込めて介護をする人はいるだろうか?

こんなにも人の心に耳を傾ける人はいるだろうか?

私は墨田区のサービス提供責任者の小谷さんの
お話を聞かせていただき、改めて支援する意味合いを勉強出来ました。


_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9767.JPG


冒頭から話していた専門家だからこそ
クレームを受け取るのは当たり前というのに
納得しました。
私は今まで、根拠がなくお客様は神様だという精神があった。
その後に小谷さんは
だけど、できることは出来て出来ないことは出来ないんだよと、話を続けた。

今回のテーマは認知症の方の対応について、小谷さんのアプローチを学んだ。
これまたなにか特別なわけではなく
実践を話してくれた。

沢山話されている小谷さんも
実践されているからこそ今があり
私の色眼鏡は完璧に見えていたが
当時は、そんな小谷さんも自信がない時もあったみたいです。
私は信じられないと思いましたが
関わり方がわからなくて先輩に聞いても
思っていた答えは来なかったと話していた。

介護に限らず正解はないけれど
正解を探そうとしちゃうんだよね。
そんなところに気を使ってもしょうがないのに、と小谷さんは笑っていた。

だけどある看護師から
言葉にとらわれてはだめ、言葉の先にあるもの、表現したいけど表現出来ない葛藤や苦しみを理解しなければならないよと助言があったそうです。

そこからもあるけれど
●嫌われても良いから、目の前の方が
ちゃんと生活できればそれでいい。

言葉をそのまんま受け取れば、話が終わりその人らしさが見えない。
向き合ってみる、それは並大抵なことじゃないけれど、そうして真剣さが伝わって人は話をするんです、と。

私たち、専門家に限らずコミュニケーションを
創造する。
創造することにより、開かれるものがあるんたんです。

●不安は万病の素。

今回は認知症の方をテーマにお話をされてましたが、疾患という色眼鏡ではなく、その先にある本来のその人が何を求めているのか見つめてみよう。
関係ない話もあるかもしれない、だけど
関係ないと決めつけているのは私たちの色眼鏡であり、一つ一つがその人らしいストーリーを知れて、新たな発見が見つかるのかも知れない。

押してダメなら引いてみる、常に今あるなかから生活が見えてくる。

そんな暖かい時間をかけて向き合っていきたいと思います。

小谷さん、ありがとうございました😊

お米についてなんにも知らなかったけど
昨日、和歌山県生まれの東洋ライスの西川さんのセミナーに参加して、眼から鱗の話が沢山ありました。

39AM_OYERX.jpg


まずは世の中に出回っている
無洗米は、どうやら東洋ライスさんが初めて開発して日本中に知れ渡りました。
無洗米は忙しい私たちの生活で、洗わなくても御飯を美味しくいただくイメージがありましたが、
開発された方のキッカケにはもう少し広い視点で作成されました!

それは、環境問題です!

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9296.JPG


なぜかというと米のとぎ汁は和歌山県のとある場所で海水に流れ産業廃棄物と一緒にまざり
赤潮やヘドロになるということが問題視されていました。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9295.JPG

それを魚が食べてまた食物連鎖で私たちの体にリターンすると体調は良くないし環境にも悪いことなので、とぎ汁を減らすためにも無洗米は作られたそうです。

またコメを精米する会社だけではなく、
米を農家から来ると遺物も入っているので
遺物を除去する機会も開発されたとのこと。

そこをキッカケに私は花壇に
とぎ汁をかけるように意識が変わりました。
農作物や花にも良いみたいですから^_^

普段食べているのをうるち米、そしてもち米があります。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9280.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9281.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9282.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9283.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9284.JPG


海外まで視野を広げてみると
国産の米は短粒種であり、タイ米などは中粒種、オーストラリアなどは長粒種の米が種類としてもあり、
ランクは1等級、2等級、規格外来などあります。

あとは米の重さは0.023gで、大きさは幅2ミリ、高さ3ミリ、全体で5ミリです。

また玄米も体に良いのですが、消化不良とか調理方法に難しさを感じて0.2パーセントのしか
召し上がってない現実もあります。
その硬さはロウ素というのがあり、発芽する上でも生育段階でロウ素はしっかりとつけられていたそうです。


ただこれが邪魔して人は好まないので
ロウ素だけをカットした玄米餅作られ
動脈硬化、脂質異常症、認知症の予防などなど
体にケアをしております。

dJbSn9kmfd.jpg
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9287.JPG


体調のケアも大切ですが、環境問題にも意識入れて食物連鎖を起きていることも理解しないといけないなと思いました。

本当に勉強になりましたね。^_^

みなさま、お疲れ様です!
無事に板橋区ケアマネネットワーク2回目が終了いたしました!
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9236.JPG
ここ最近、体調の乱れもあり
前よりかは出歩くのは減りましたが
人と交流するのは本当に素晴らしいですね。

沢山の仲間に支えてもらいました。
雨が降っていた週末ですし、寒さも冷え込み
参加する方にもかなりエネルギーがいる時間だったかもしれませんが、
講師やスタッフ共々楽しく学べました!

今回のテーマは、
・医療連携
・食についてでした。

講師は東大病院 助教 循環器内科医でもある
稲島 司先生です!

話に入る前にも司会を緊張しながらも
行えて、前よりトークの振り幅が広がったと
お褒めの言葉をいただきました。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9253.JPG
内容に関しては、やはり食に関心があるので
そちらにばかり意識がいきましたし、
アンケートを拝見すると
やはり皆さま健康に興味があるし
食事の概念が新しくなり
本当に健康的な生活とは何かを真剣に考えられてました。

下の画像に、先生が出版された本があるので
良かったらぜひ。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9238.JPG
また、ラヴィーレ高島平の川越さんの
協力もあり会場提供だけではなく
施設で提供されている食事など
味わうことができました。


_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9245.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9246.JPG

そのほかに徳丸付近にある
鈴木ベーカリーの鈴木さんからも
美味しいパンをいただき
本当に素晴らしい時間でした!

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9249.JPG
第3回目は、
2019年1月25日になります!

次回講師は、やまと診療所の
針生さんです!
テーマは訪問診療導入についてをやる予定です。
良かったら、ぜひいらしてください^_^

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9250.JPG

↑このページのトップへ