今朝、というか、夜中2時に出勤の為に起きたら、息子が私の目覚ましで目が覚めたからと起きてきた。

最近異常なほど、YouTubeでマイクラの攻略を観るので、嫌な予感がして、行く前に、YouTube観ずに、ちゃんと寝とくんだよーと言って、4時過ぎ、仕事から帰ってきたら、息子はコソコソと何か隠しに行き、起きていた。
…多分、パソコンだな。

結局、5時ごろに寝て、主人が6時半におき、私も少し遅れて弁当をする為に起き、主人が出勤前に息子を起こしに行き、なんとか起きてきたけど、朝ごはん食べずにボーっとしている。急かす私。
登校時間が過ぎてもボー。

学校いかないと、ゲームもYouTubeもだめよと説得したが、結局、学校休む。
またか。
今学期になって何回め?

私、学校に連絡帳を持っていき、保健室の先生に今日の経緯を詳しく話す。
うちの旦那はゲーム依存に近い人。
息子を妊娠したときに、ゲームはほどほどにね、って約束した。
けど、破られた。
彼の携帯はゲームだらけ。
息子が幼稚園に入って年中さんぐらいのとき、私が家事でバタバタしてるとき、旦那に息子と遊んでと言ったら、俺は眠いや忙しいと言って、息子に携帯ゲームをさせる。

それが日常的になった。

私は危機を感じて、DS、スイッチは絶対買い与えないでと旦那にお願いした。
旦那はそこは守ってくれている。

学校に行かなくなったとき、スクールカウンセラーの先生に相談した。
学校に行けば、ゲームができるという風にしたら、まだ依存症レベルではないですよ。と、おっしゃるカウンセラー。
私は、その依存症が怖いから相談にきたのに、なんかストンと入り込まなかった。

今朝新聞で、ゲーム依存は疾患に認定されたと載っていた。
やっぱり、蔓延してるんだなあ。
私達の時代は、ゲームは金持ちが持つもの。外であそぶのが当たり前だったのに、今は、親とのコミニュケーションツールとして、ゲームをするのもあいいことだと、カウンセラーの先生はおっしゃっていた。
ゲーム=悪、となってしまっている私の脳内。
長い闘いになりそう。
だけど、負けない。