先日僕の主現場であるMaison book girlの有観客ワンマンライブ、Solitude HOTEL 9Fに行ってきました。前回の∞F(8Fですね)が20年1月5日でしたから1年3ヶ月ぶり。コロナ禍でそれどころではなかった20年にできなかっただけでなく、本来3月にする予定だったはずなのが緊急事態宣言の煽りを受けて4月2日の開催になりました。


PXL_20210402_064429015.MP.jpg


 今回は全曲公演であること、4時間にわたることが前もって公表されていましたが、まあ破格ですよね。どうやって見せてくれるのかもきになりますし、「全曲」という場合、ポエトリーは入るだろうけど、fMRI_TEST#1~#3はやるんだろうかなど、開演前から非常に興味深かったわけです。

 この公演が発表されたとき各種メディアでは3部構成と報道していましたが、実際には2部構成でした。ポエトリーのメドレーと最新曲のfictionに始まり、基本的には過去に遡っていく形でライブが行われ、最後はbathroomで終わるというライブでした。ナタリーのレポートにセトリがでていましたけど、アルバム収録順を逆にって言う感じですね(詳細はナタリーをどうぞ。https://natalie.mu/music/news/423114)。

 感想なんですが、派手な演出は控えめでシンプルに魅せるライブだったと思います。楽曲と歌唱とダンスと、それらを魅力的に見せるためのVJや照明が一体となってあっという間の4時間でした。シンプルって書きましたが、実際にはVJは過去のVJと同じように見えて新たに作られていたり、照明も長丁場だけあっていろんな効果を使っていて飽きさせない工夫と言うんでしょうか、かなり作り込まれたものになっていました。他のアーティスト・アイドルならシンプルとはいえないレベルなんですよね。

Maisonbookgirl_oneman20210402_24.jpg
ナタリーのサイトより私的ベストショット

 今回の会場であるヒューリックホール東京は音がいいですね、ちょっと前半は声が大きすぎない?って思いましたが、後半になると少し調整されていましたけど、それにしても解像度の高い音が聞けて良かったです。座席が後ろから4列目だったんですが、それもあって音像も舞台も全体を把握できたのもライブをみるという観点からは良かったのではないでしょうか。もちろん最前なら息づかいとかまで感じられますのでそれはそれでいいんですけどね。

 ツイッターで何人も指摘してましたけど、後半の、つまり初期曲のパフォーマンスの良さというのは特筆すべきでしょう。個人的にはimageからブクガに行っているので、初期曲に対する思い入れみたいなものはさほどないのですが(好きな曲はたくさんありますが)、それでも昔のライブではよくかかっていたけど最近ではたまにしか聴けない楽曲を、しかも現在のブクガのレベルで聴けたわけです。18年の初頭ぐらいまでライブ時にかぶせがありましたが、それから3年、生歌でも安定したパフォーマンスがみられるようになり、初期曲もより一層魅力的になったかと思います。

 あとこれも特筆すべきなのは後半にむかうにつれて彼女らのダンスパフォーマンスのキレがましてきたところではないでしょうか。4時間と言うこともあって前半はやや抑え気味にしていたのはみていてわかりましたが、後半のどこかの段階でリミッターを切ったかのようにパフォーマンスの力強さが増し、そのまま最後まで走りきりました、しかも余力を残した感じで。その姿は全盛期の高橋尚子がマラソン後にも余裕綽々な様子でインタビューを受けている姿をちょっと大げさですが想起しました。

 この一年間、ほとんどライブができなかった怒りが素晴らしいライブへと昇華された9Fですが、わずか2ヶ月後の5月30日にSolitude HOTELが開催されます。いままでB1から9Fと階数が銘打たれていたSolitude Hotelですが、次回は階数表記がありません。そのためか404という数字が宣伝にも出ているのかもしれませんが、これが何を意味するのか、今から楽しみですね。


 少し間が空いてしまいましたが、春分の日ということで久々のブログを。

 といってもこの1ヶ月は仕事の関係でなんやかんや動いていてぼんやり考える時間もなく、書こうという内容も思いつかなかったんですよね。まあその他プライベートでいろいろあったりして。

 そういや1月からの緊急事態宣言が明日解除になりますが、早いものでもう1年ですよね、前回の緊急事態宣言から。あの頃はなんとなく夏頃には落ち着くかなとおもっていましたが、まあ実際にすこし落ち着いていましたけど、秋から冬にかけて大きな波がやってきて今にいたるという感じで。

 実際に落ち着く、と言ってもインフルとかみたいな季節かぜみたいになるまではあと1,2年はかかるみたいですが、そうなったとしても新常態といわれる状況がつづいていくんでしょう。でもそれも結構いいところもあって、リモートワークとか、前からできていても積極的に変えようとはしなかったことが一気にすすみましたよね。もちろん揺り戻しもあるんでしょうし、端から関係ないって言うところも多いんだと思いますが、そうしたところはじきに滅びるのでおいとくとしてw、こうした外圧というか外発的な動機で物事が劇的にすすんでいくのを見ると、本当は内発的にすすむべきことなのになあ、日本社会の硬直度合いというか保守的傾向みたいなのが見えてきてすこし残念な気分になったりします。

 変化するのは面倒だし、僕も基本的にはそうなんだけど、変化しようとしている人たちの芽を摘むのだけはやめてほしいなと思いますよね。ってここまで書いてきて特に面白みが感じられないのですが、まあブログ継続のためのブログと言うことでご容赦いただきますようお願いいたします。

 秋分の日にどういう状況になっているのか、半年後が楽しみです。
_LoVeLy_aiue_O-1369910619504140292-EwLmaaMVEAIJvgK.jpg
マシチャンテラカワユス

 クマリデパートの2ndフルアルバム『セカデパ!』がリリースされました。デパートらしく多様で質の高い楽曲を取り揃えており、期待通りの出来だったのではと思います。
itd743659.jpg

 さてこのアルバムの最後には「せかいのおわりの物語」という楽曲が収められています。インタビューではフウカちゃんが「いつか来る終わりに向き合ったり、大切なことを思い出させてくれる曲です」(クマリデパート『セカデパ!』6人の多彩な色をズラリと揃えた千客万来のニュー・アルバム | インタビュー - Mikiki https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/27560 )と答えていますが、アイドルっていつか終わるんだっていう意識をもって今を懸命に生きるってことなのでしょう。この続きでフウカちゃんは次のように言っています。

〈今〉は変わっていっちゃうものだとわかっているし、何事にもいつか終わりが来ることもわかっているので、アイドルライフを精一杯貫きたいと思って活動しているんです。歌詞の〈大人になって 後悔ばかりをして〉みたいなことがないように(同上)

 死を想え(メメント・モリ)は古代ローマから言われている警句でありますし、ハイデガーは、人は自分の死に直面することによって生が有限であることを理解し、その事によって人生が有意義になるみたいなことも言っています。

 アイドルに限らず永遠に続けられることていうのはないわけですが、現代のアイドルは特に儚いですよね。まあ地下アイドルの一部は始めっから思い出づくりの延長みたいなものもあるのでそういうのはすぐに終わってしかるべきなんですが、そうでなく懸命に努力しそこそこ人気があるアイドルであっても、事務所やレコード会社の判断(そこそこだけどこれ以上いきそうにないからとか)やアイドル個人の決断(続けたいけどいきていくためにはこのままアイドルを続けていていいのかとか)、その他諸々の内的/外的環境によってやめざるを得ないケースが多いかと思います。アイドルとしてそのアイドル人生を全うした、だからやめるってケースはそれほどないのではないかもしれない。

 そう考えると、逆にいつ終わりが来るかわからない稼業だからこそ、終わりを意識し、日々を精一杯アイドルとして過ごしていくというフウカちゃんの姿勢は、アイドルとしても職業人としても立派すぎるほど立派であり、素晴らしいと思わざるを得ません。そう自覚したことにより彼女の人生は今まで以上に有意義になっているのではないでしょうか。

 そんなインタビュー記事を読んだ昨日(2月8日)はエビ中のりななんこと松野莉奈さんの命日にでした。あれから4年、大げさな意味でなく一日たりともりななんのことを思わなかったことがないのですが、その彼女はアイドルとして一線で活躍し、これからもっと活躍するだろうというところでその死によってすべてが断ち切られました。りななんは多分日々を楽しく過ごし、後悔のない生き方をしてたんじゃないかとは思いますがそれでもやりたいことはたくさんあったでしょう。

 フウカちゃんには本当にアイドル人生を全うしてほしいし、アイドルとしてやり尽くせるところまでクマリデパートとともに歩んでほしい。そのために微力ながら協力(という名のチェキなどの接触行為の正当化)をしていけたらなと決意を新たにしたところで筆を置きたいと思います。
riiiiinanan_20210208_122336_2.jpg
笑顔が素敵なりななん

↑このページのトップへ