月別アーカイブ / 2019年05月

妊娠6ヶ月。只今、赤ちゃんは順調です。
性別もわかり、つわりも一時期よりは
楽になってきました😌

それはそうと…
私は自分は
パニック障害だと思います。


近いうちに、病院で診断してもらおうと
思いますが、ほぼ間違いないと思います。


自分は間違いなくパニック障害でしょう。
普段は症状が出ることは特定の条件以外を除きなかったのですが、妊娠してから症状がよく出るようになりました。

そう、以前の流産の時もひどくなりました。ストレスがかかるとひどくなるようです。

パニック障害を自覚できるようになった今、克服できるようこれから、やれることは、やっていきたいと思います。

赤ちゃんと自分と自分の周りの大切な人のためにがんばれます。
このがんばるは、良いがんばりです😊


パニック障害はプレゼントだったと言えるようになる日がいつか来る気がします😊

もし、治ったら…それは、もう、天国です☝️😌😊

ゆたぼんさんのことを最近知りました。小学校にあまり行かず、YouTuberとして活躍しているそうです。


ゆたぼんさんのあの正直さと、率直さは、今の時代、なんだか世の中おかしいんじゃないの…とふと疑問を持ちながらも道からそれないように生きている皆が見るべき"象徴"のようですね。

"普通"と言われていることになぜ?どうして?と素朴な疑問をもった子ども達が出現するのは、必然的で、希望でもあります。

ゆたぼんさんのことを最近知って、そこから茂木健一郎さんもゆたぼんさんを応援されていることを知り、茂木さんのことを好きな自分自身を、これまでよりさらに得意げに自慢気に思いました。

ゆたぼんさんが、とあるテレビでインタビューされた中で「不登校の子のためにもYouTuberとして活躍されてるんですね」に対して、ハッキリと「ためにじゃなくて、そういう子を救いたい!」と言っていました。

この違いをはっきりと自分の中に持ち、それを発言できる。これは、学校に行ってないことでこそ大きく伸びる一部分ではないかと思います。

私は、『学校は行かなくても良い!』と思っているわけではなく、行かないケース、行きたくないケースが出てきても無理もないと思っています。

茂木さんのブログの中では「良いとか悪いとかじゃなくて、あ~ここにいらっしゃるんだな」という風に"個性の見方"を表現されていらっしゃいました。一番ナチュラルな認め方だと思います。

個性を認めるってそういうことだと思います。"存在"を認めると表現しても良いですね😊私も、全く同感でこのような見方を「りんごの見方」と名付けています🍎

茂木さんがゆたぼんさんを応援していることで、そして、ゆたぼんさんが自分の意志を大切にしていることで、"変わっているな~という自分自身"に自信を持てます。

ゆたぼんさんの夢、素敵ですね。



↑このページのトップへ