月別アーカイブ / 2016年09月

<Gu&Cho:良平> 

はい、どうも。Yellow Studsのギター担当野村良平です。あと2か月経ったらクリスマスですね。いやぁぼーっとしてたらもう来年突入しちゃうぜ。てめぇら、気合入れろ!そして俺、気合入れろ!バカ野郎!このドクズ!


はい…と言う事で本題へ…。
この間俺はとある現象を発見しました。
名付けて「真夜中に見るAmazonの商品全部欲しくなる現象(布団の中)」。どうだ、長いだろう。

「眠れないなぁ…Amazonでも見るか…あ、そうだ。俺モバイルバッテリー欲しかったんだ。モバイルバッテリーホシカッタンダ!」※持ち運び出来るスマホとかの充電器ね。
もうこの時点でAmazonの大勝利ですよ。みんなもこんな経験あるよね?


少し話を変えよう。

世の中の男子ってやつは多機能に憧れるもんなんだ。
「無駄でもいい。多機能であればそれでいい。あと高性能で、ゴツゴツしてると尚良し!」…と。きっと世の中の98%の男子が思っているはずだ。

多機能で高性能な商品…何かあったっけなと俺は考えてみた。


まずは

・鉛筆削り機能付きの筆箱(鉛筆を挿すケースが可動式だと尚良し)
やっぱあれは憧れたよね。筆箱に鉛筆削りだぜ?そして鉛筆を収めるケースが、こう…斜めになって取りやすい!あれに憧れなかったちびっこはいないはずだ。そしてほとんどのちびっこは早々に気づいたはずだ。「普通の鉛筆削りの方が楽だ。」「この斜めになるやつ使わないや。」と…。

あとはそうだね…

・バトル鉛筆
バトル鉛筆なんかもそうだ。鉛筆+バトル(多機能?)と言うこのちびっこ大好きな要素大爆発ですよ。鉛筆として使った事なんかねぇよ。鉛筆=転がすものになったんだ。勿論小学生男子に大人気。学校から「バトル鉛筆禁止」なんて言われてもかまわねぇ、放課後先生がいない時にコロコロやるもんだ。


・エアーマックス
スニーカー+エアー(超イカしてる) コレなんかもそうだね。凄い高性能っぽいしね。「なに、あいつの靴エアー入ってんじゃん!…ああ、ナイキじゃないのね。お疲れ様です。」「お、お前の靴エアー入ってんじゃん。ナイキじゃん!あれ、これパチもんじゃん。お疲れ様です。」こんな会話が日本中でどれだけ繰り広げられた事だろう。


・Gショック
時計+強力な耐久性 もうこれ男子の憧れよね。最高。無骨なデザインで超耐久性ヤバイし、とにかくヤバい。当時機種によっては
腕時計付けたまま水の中200M潜れるんだぜ?ヤバイっしょ。誰も200Mも潜れないけどね。
野村家にフロッグマンのGショックがあったけど懐かしい。


・データバンク 
時計+計算機能付き これも男子の憧れ。多機能・高性能。あの時計の文字入力は最初の日時入力以外触る事はないけど、イカしてる。
電話番号や電子メールアドレスを記録・貯蔵するメモリー機能が付いてる。ちなみに俺のアパートの風呂場に常駐してます。防水機能もついてるので半身浴する時とかに使います。壊れない。ナイスガイ。



そして多機能・高性能の究極と言ったらコレだろう。


mono22466228-160325-02

 十徳ナイフ

ヤバいね、機能が溢れてる。俺の実家にも何個かあったこの永遠の男子の憧れ十徳ナイフ、持ってるだけでワンランク上の男になれる。もうこれ持ってキャンプなんて行ったらモテモテですよ。まぁこれ持ってキャンプ行った事ないけど。
ほとんどの男子は十徳の内、一徳も使う事なく永い眠りにつかせた事だろう。実際俺もそうだ。けど「あ、このハサミほんとに切れるー」ぐらいのテストはやったかもね。うーん、男のロマン。浪漫飛行待った無し。

最近友達が「十徳ナイフ買おうぜ。二つあったら二十徳だよ。」と酩酊状態で言ってた。あいつ平気かな。




話を戻しましょう。
とりあえず男子は多機能で高性能が好きだって事だ。
と言う事で真夜中俺はAmazonネットサーフィンしてましてね、見つけた訳ですよ。


こいつだ!!




ZVE 10000mAH 大容量モバイルバッテリー
_SY355_


かっけぇ!!いきなり水に沈んでる!!


そう、画像で分かるように防水機能付きだ。ガンガン湖や海に落とそうぜ!ただUSBケーブルを挿す所が開閉装置付きになっていて、閉まっている時が防水機能です。もちろん開いてる時に水に落としたらTHE ENDです。お疲れ様でした。



チャリに付けれる。
_SX300_


凄いね、充電しながらチャリのライトの役割もこなせるマルチプレイヤーっぷり。おそらく充電中に雨が降ってきたら壊れるので速やかにライトのみの機能にしなくてはいけないんだろうね。

 

煙草に火がつけれる。
_SX300_

「いっけね。ライターがないや。」そんな時に活躍する事間違い無し。喫煙所にいる時たまに「火、貸してくれますか?」なんて言われるけど、そんな時はこいつを貸してやりたいね。きっとおかしな色の友情の花が咲くはずだ。


そしてこれが俺の中で衝撃的だった。


ハンマーが付いてる。衝撃だけにね。
_SX300_

ヤバいね。ハンマー付きモバイルバッテリー。響きがヤバいね。今まで生きてきて「あーハンマーがあれば!ハンマーさえあればなー!」って思ったこと…ある?俺はない。けどいつかあるかもしれない。
そういえば昔やけに覚えてるニュースのクイズがありました。
「あなたの運転している車が海に落ちてしまった。さて、どうすればいい?」…と。
海に落ちると車の中の気圧と海の水圧の関係で扉が開かなくなるんだってさ。正解は「ビニール袋にありったけの小銭を入れてサイドガラスを思い切り叩く。」でした。野球のスウィングの要領だね。俺は思ったよ。「テンパってそれどころじゃねぇだろ」と。
けどこのモバイルバッテリーがあればへっちゃらだ。なんたってハンマー機能が付いてるからね。これでガラスを割って扉を開けて脱出ですよ。そして防水機能付きだから海から上がったら充電も出来ちゃうよ。ちなみにフロントガラスはめっちゃ固いので割るのは難しいらしいよ。




うーん、多機能。男心をこちょこちょとくすぐりやがる。





と言う事で買いました。


違うモバイルバッテリーを。もっと大容量の普通のやつ。




悩んだよ。悩んだけど…やっぱハンマーとかライターとか使わないかなぁ…って。俺、インドアだしさ。確かに一度モバイルバッテリー海に落として水没させた経験あるんだけど、実際充電してる時に落としたし…充電してる時に落としたらダメだしさ。俺が山に登る男になったら買うよ。十徳ナイフも持ってさ。待っててね。





よし、それより今日ライブだよ!!

2016/09/26(月) Fireloop presents 「This is Fireloop 2016」
@アメリカ村BIGCAT(大阪)
開場 16:00/開演 17:00
前売¥3,000 / 当日¥3,500 +1ドリンク
出演:Yellow Studs/Brian the Sun/RED EARTH/八十八ヶ所巡礼/ナードマグネット/モケーレムベンベ/それでも尚、未来に媚びる
Yellow Studsの出演は20:00~を予定しています。

まだ間に合う。遊びに来てくれ。キャパが凄い大きいハコなんだよ。最高だぜ。


あ、そうそう、この前ラージとピンボールズとの合同ツアーの生放送をやってたんだけど、ラージの田中さんが「来なくてもチケット買ってね~」っ普通に言ってて衝撃だった。俺もそんな事言いたい。


来なくてもいいから来てね!
チケット予約はTwitterのYellow Studs公式アカウント にリプしてね。

じゃあ、ライブハウスで会おうや。

Yellow Studs「汚い虹」
 

おはようございます。
すっかり涼しくなりましたね。

三連休、いかがお過ごしでしょうか。
Yellow Studsベース担当植田です。 

早速ですが本日、TOKYO CALLING 2016に参戦します。



タイムテーブルはこちら



豪華すぎる顔ぶれの中、Yellow Studsは13時からStar Loungeでやらせていただきます。

それにしても豪華すぎる。見たいバンドがいっぱい。
そりゃあソールドアウトしますよこれは。

そんな中で大変恐縮ではございますが、皆様のご来場をお待ちしております。
ほんとに待ってます。


「ここを選んでよかった」って思ってもらえるよう、気合い入れて臨みますので是非に。
皆様の心のどこかしらに何かしらを残してやるつもりです。


ライブ後はおれも楽しみます。

生憎の空模様ですがお待ちしておりますね。
じゃあ、行ってきます。


Yellow Studs 【汚い虹】

 

<Gu&Cho:良平> 

いやぁ、一週間って早いですね。この一週間前の月曜日、俺等は沖縄の久米島にいましてね、ブログの当番だった植田さんが「何を書けばいいんだ。」 ってそわそわしてたのが懐かしいもんです。彼、文章作るのが凄い苦手でね。お疲れ様です植田さん。

と言う事で行ってまいりました。沖縄県。
初日に沖縄の那覇でLIVE 企画してくれたあき菜さん、CH6の関係者のみなさん、ありがとうございました。
そして二日目、久米島のBARにてLIVE 企画してくれたリラクゼーションショップのゆうさん、ありがとうございました。

最後に本島からLIVE見に来てくれた人達、ありがとうね。最高。


久米島の海、綺麗だったよ。ほら。こんなん。

IMG_1963

あと、こんなん。※俺、泳げない。

IMG_1964

水はきれいだったけど、砂浜だったので魚はあんまりいませんでした。イーフビーチってとこかな?
浜辺沿いはサンゴが結構落ちてて、ギター奥平は無事怪我をして帰京となりました。サンゴが足に刺さってね。足ビレ貫通して刺さっててさ。最初俺見た時ゾッとしたよね。まぁ大した怪我じゃなくてよかった。


まぁYellow Studsですけど、結構沖縄行ってるんですよ。群馬、東京以外の県外宿泊日数を考えたらTOP3に入ってるんじゃないですかね。きっと。


「いつごろから沖縄に行き始めたんだっけ?」と思いPCの外付けハードディスクを探してみたらありましたよ。【沖縄2011】と言うフォルダが。
多分これがYellow Studsとして最初に行った沖縄ではないでしょうか。5年前か。なぜ沖縄に行ったかと言うとCH6と言うパンクス集団が居ましてね。それはもう、本当にパンクスな集団としか言い様がないんだけど。
そのパンクス集団、活動は多岐に渡る訳です。服も作ればデザインもするし、本も出すわバーもも出すわ…色々だ。そんな彼等が映画も作りまして、その映画にYellow Studsの曲を使いたいという事で使って頂いてね、それがきっかけで「沖縄でLIVEしませんか?」と誘ってくれるようになった訳だ。

最初のLIVE凄かったですよ。タイムテーブルは押すわ押すわ。道を歩けば米軍らしき人歩いてるし、ライブハウスの中でも米軍らしき人がビール瓶飲んで騒いでるわ、もう東京と色々違う。
んで、Yellow Studsのライブの時もまぁ盛り上がる。太一がライブ中に肩車されたのはアレが最初で最後だろう。客席の床が見えてる状態なのにモッシュとかやるし、沖縄って凄いんだぜ。


IMG_1860

IMG_1874

2011年の時の写真ね。なんかピリピリした感じするね。

IMG_1847
 
懐かしい。25歳って事か。

とまぁ、そこからCH6と繋がりが出来まして、その後はYellow StudsのMVやデザインや当時は流行りもしてなかったクラウドファンディング等色々と助けてもらったり一緒に活動したり何だとしてきました。
ちなみにCH6の首謀者のユウくん、彼は俺と同い年なんだけどまぁ上記にもあるようにバイタリティが凄いんだ。見た事ないよ、あんなモンスター。けど人見知りだし…もうなんやねん。と言う彼なんですけど、随分前にヒッチハイクの日本一周の旅をしてね。フェイフォンっていうこれまたイカれたイカした優しい兄ちゃんと。その記事を是非見てほしい。マジで見てほしい。面白いよ。

ココをクリック。 

当時このブログを見て元気をもらったもんですよ。2日後ぐらいにはその元気もなくなったけどさ。
その後も毎年毎年Yellow Studsを沖縄に呼んでくれてね。うーん、色濃い。
沖縄行ったら台風が過ぎ去った後で信号機が街に倒れてるような状況で、ライブハウスに電気が通らなくなっちゃったから発電機使ってライブやったり…
ユウ君が「日本一早いフェスやりたい」から始まったオッドランドも台風が直撃で、Yellow Studsは野外ステージ出れなかったり、雨風で音響屋さんがあからさまにキレてたり…

うーん、懐かしい。今後とも宜しくお願いしますよ。


2011 オフショット
IMG_2092
IMG_2066
IMG_2097
IMG_2115
IMG_2125
IMG_2072



2012 発電機を使ったライブ

IMGP7915
IMGP7917


呑みに行った居酒屋で演奏したり。
IMGP8070

IMGP8073



IMGP8076



太一が居合わせたおじちゃんと飲んだり。
 IMGP8077


2013 国際通りでアコースティックライブもした年

IMG_0051

写真はエスカレラアルシエロ
 IMG_0061


水納島へ 写真はエスカレラの人達
IMG_0120
IMG_0121
IMG_0122

釣りのおばあちゃんと子供と猫

IMG_0126
IMG_0128
IMG_0141

掴む太一
IMG_0182



キリがないな。とりあえずYellow Studsは沖縄が大好き。

そして今年は初の久米島に行かせて頂きました。水納島以外船で行く離島は初めてでね。あ、船で行ってねぇや。飛行機だ。
LIVE楽しかったね。ステージのないLIVEいつ振りだろうな。DIYな環境だったけど見てくれてるお客さんが楽しそうに笑ってたのでオールオッケーです。企画をしてくれたゆうさん改めてありがとうございます。
ライブ後に旅行で来てた白人の人のカップルがTシャツ買おうとしてくれててさ、彼等何を買うか吟味してて…なんか俺に英語でふにゃらら?みたいな事言うから「イエーイイエーイ!イエスイエス!」とか言ったら販売用のTシャツ着始めてね。「あ、試着いい?って聞いてたのか」と…結局着たヤツ買わないしね。けど違うやつ買ってくれてた。ありがとう。


んで久米島の最終日、台風が発生して飛行機が欠便しまくったんすよ。色々あって俺一人だけ久米島に残る事になっちゃってさ。「ああ、これからどうしようかな。」なんて思いながらあたり見渡してたらさ、壁にもたれかかってうなだれてる兄ちゃんがいたんさ。よく見たらYellow StudsのTシャツ着ててさ、そう、試着した白人の兄ちゃん。多分彼も飛行機の影響で帰れなくなったんだろうね。可哀そうに。ずっと座ってた。彼、その後大丈夫だったんだろうか。

そんな事よりも俺の心配だ。とりあえず俺は東京には帰れない。そして次の日に久米島⇒那覇に帰れるのか?と…飛行機のチケットは完売+キャンセル待ち状態でほぼ無理状態だったんだけど、奇跡的に久米島⇒那覇のフェリーが動いたから俺は久米島でもう一泊し、一人フェリーに乗って久米島を離れました。船が動くとやっぱり寂しいもんだね。グッバイ久米島。


3時間エゲつない揺れの船に乗り、那覇へ到着。
到着して1分ぐらい歩いたら突然の土砂降り。10分ぐらいしても落ち着かないからタクシーを拾い国際通りの方へ、そして寝床を何とか確保して一人でお土産買ったり、琉球グラス買ったり、4人掛けのテーブルで一人ぽつんと呑んだりしました。

500円の刺身盛り合わせ
IMG_2012

カッコいいお寿司
IMG_2013

むむ?量り売りとな?
IMG_2015

20グラムのお肉を注文。
IMG_2014

切ない頼み方と切ない量。


公設市場の近くにある「田舎そば」っていう沖縄そば屋が俺等のBESTなんだけど、今年もそのお店行ってきました。Yellow Studsのポスターまだ貼ってあったよ。※すっごい分かりづらい。
IMG_2005
IMG_2010


なんか寂しいから撮った写真。
IMG_2007


そして那覇で一泊してから国際通り⇒那覇空港へ。
AWを食べてぼーっとして飛行機乗って、成田空港着いて東京駅行きのバスに乗って中野駅に行って、そのままスタジオ練習と言う感じでした。

AWのハンバーガー
IMG_2019


野村さんがお買い上げになられたNiceな琉球グラス
IMG_2032


今回も色々とあったね、 楽しかった。ライブとか関係なしに、沖縄行ったことない人は行った方がいいよ。おすすめの場所なら幾らでも教えたるわ。あと久米島、父島並に星空凄かった。本当にヤバいよ。好きな異性と見に行く事をお勧めします。後は久米島でマッサージ受けるなら今回イベントを企画してくれたゆうさんが営むリラックス屋 amrtaへ行って下さいね。


と言う事で今回のブログはここでお開きにさせて頂きます。
最後の動画はCH6のユウ君が作ったMVで締めさせて頂きます。 

Yellow Studs「言葉にならない」
 

Yellow Studs「さえずり」


Yellow Studs「ブレーキ」 

 

↑このページのトップへ