定期的に若手(20代)官僚との意見交換会をしているが、彼らの国に対する熱い想いは我が国の財産。

現体制では「そりゃ辞めたくもなるだろう」と言わざるを得ない状況。

霞が関の在り方こそ、政治主導で変えていくべき喫緊の課題。

私も当問題を扱っている自民党行革推進本部の幹事として引き続き微力を尽くして参ります。

https://this.kiji.is/659308487943701601