昨日の予算委員会分科会における質疑の様子です。

テーマは【国難と言える少子化にどう挑むか】、衛藤大臣に問いました。

私の質疑のポイントは「少子化対策は2つのステージに分けられる。

【出生支援】と【子育て支援】。

それぞれ違う戦略が必要であり、政府として強力に後押しする必要がある。

国の財政が逼迫していても、少子化対策は未来への投資であり、是が非でも予算を確保して実行していく必要がある」であります。

以下リンクより【中曽根康隆】をクリックするとご覧になれます。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3265.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3266.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3267.JPG