朝8時からの党•政治制度改革実行本部 勉強会にて【U-30世代が望む新しい政治】についてOPEN POLITICSの牧浦土雅さん、後藤寛勝さん、徐東輝さん(皆、20代)から貴重な話を聞かせてもらいました。
若者と政治を近づける努力をしている皆さんに敬意を表すると共に、被選挙権引き下げや参院選全国比例区のU-30枠の制定など具体的な提言も頂きました。
私からは『30歳以下の今でも(衆議院は小選挙区という制度上難しいが)被選挙権が25歳以上の地方議員選挙や首長選挙なら挑戦できる。皆さんの仲間から候補者を出し、とにかく当事者になることが大切。実際、選挙に出て、多くの若い仲間を巻き込んで当選に向けて戦ってみる。結果に関わらず綺麗事でない多くを学べるし、同世代の仲間がプレーヤーになる事によって本当の意味で若い世代が政治を自分事化するキッカケになる』と発言させて頂きました。
わたくし、36歳、若者と年配の中間世代として、この意識高い若者達と一緒に、何かムーブメントを作れるよう頑張ります。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0469.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0468.JPG

知る人ぞ知る人気のオシャレとんかつ屋さん。ヒレ、ロース、チキンカツ、エビフライ、カニクリームコロッケなど、何を食べても美味しいし、ボリュームも満点。またとんかつ屋とは思えないお洒落な内装で、ランチではこだわりのteaやデザートを楽しむ奥様方も。月夜野インター降りてすぐ、皆さんもぜひ!
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0460.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0461.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0462.JPG

前橋において30年にわたり保護司として活動されている加藤宏子さんが瑞宝双光章を受章され、お祝の会にてご挨拶させて頂きました。宏子さんには私も日頃から大変お世話になっておりますが、保護司という仕事の大変さを本日改めてご本人のお話を伺い痛感しました。私には想像も出来ないご苦労があったかとお察ししますが、対象者1人1人に心から寄り添い、その人のもつ闇の部分に勇気を持って飛び込み、その後の人生を良い方向に導くお手伝いをする、という本当に大変なお仕事であり、心から敬意を表する次第です。保護司不足も深刻化していますが、これからも対象者の心に灯をともして頂き、地域の為にご活躍頂ける事を祈念しております。心からおめでとうございました。
(写真が自分ですいません。。。)
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0459.JPG

↑このページのトップへ