選挙中に【比例、勝つ=ヒレカツ】というマスターの粋な計らいで美味しいヒレカツを頂いた【ルート50】さんでランチ。キノコとトマトの森のハンバーグ、最高に美味でした。
そして、こんな事言ったら失礼ですが、何故こんな汚い自動車整備屋さんに!?と、毎回衝撃を受ける、フェラーリF40。これ数億円はくだらないそうです。。。こちらの社長は本当に魅力的で素敵。高級車を自慢する訳でもなく、自分の趣味でひっそりと奥の車庫に大切に管理されてます。ちなみに真横にもう一台フェラーリ停まってますけど。。。
また、ひと昔前まで人口7000人だったが、現在では2000人にまで減少してしまった、いわゆる【限界集落】で色々な話を伺いました。老老介護は当たり前、地元の小学校の新入生は5人、病院、買い物行くにも村の若手(といっても70歳位)が独り暮らしのお年寄りを車で送迎。子供や孫たちは村を出て、残っているお年寄りの方々は1日誰とも話さずにそれぞれの自宅にいらっしゃる。群馬だけでなく、地方消滅の波は確実にきています。こういう所にこそ、マクロで見た費用対効果は低くても、しっかりと予算をつけてサポート出来ないものか。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0305.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0306.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0307.JPG


先日、グリーンドーム前橋にて【すき焼きフェスティバル】が開催されました。偶然ですが、私の中学校のクラスメートである【フォーリンデブはっしー】が審査委員長として招かれていました。彼は月200万アクセスを超える日本一のグルメブロガーであり、最近はテレビでも引っ張りだこ。この日も『すき焼き県、群馬』をしっかりとアピールしてくれました。
会場でも美味しいすき焼きが沢山揃ってましたが、県内産の具材で賄える料理としてすき焼き県を名乗るならば、県としても戦略的にPRしていく必要があります。
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0303.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0304.JPG

先日、地元前橋の浅井市議会議員、東地区の自治会連合会の福島会長と共に国土交通省へ陳情へ行ってまいりました。この上新田前箱田線は道幅が極めて狭く、クランク状となっており、見通しも悪い交通事故の危険性が高い場所となっております。
しかも写真にある通り、この道は箱田中学校と大利根小学校の児童のメインの通学路となっており、一刻も早い安全確保の為の拡幅が必要です。各担当局長、審議官の計5名にお願いをさせて頂きました。
国交省も限られた予算配分は大変だとは思いますが【児童の身の安全】という極めて大切な事であり、是非とも考慮して頂きたいと思います。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0299.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0300.JPG

↑このページのトップへ