本当の気持ちを伝えよう

どんな時も

素直に話し合える関係を創っていきたい。



気を使って言わない関係より

あきらめて言わない関係より

思ったこと、感じていること

どんなにドロドロしてても言いにくくても



そのまま言い合える。

そんな関わりにしていこう。



●素直な気持ちを伝えるために何をしますか?
または、何をやめますか?
祭りに行きたい彼と人混みが苦手な彼女|大田靖乃|note
わたしは人の多い場所が苦手だ。 体感覚が強いため、 環境や空間から 人のさまざまな感情や意図を 感じとってしまうから。 なので ショッピングモールや お祭り、フェスなどの 不特定多数の人が居る場所がキツイ。 そんな私と 一緒にお祭りに行きたい彼。 ・ ・ ・ 彼の気持ち、望みを叶えてあげたい。 しかし、やっぱり行きたくない… そんな気持ちが入り混じる。 自分の気持ちを大切にしようと思うと 相手の気持ちを傷つけてしまう… そうやって 自分のホンネを後回しにして 相手の望みを叶えれば全ては丸くおさまる… そう考えるコトもあるはず。
note.mu
aexuhTm7Jp.JPG

私は女の美しさを惹き出すのは、
ウルウルツヤツヤの髪・肌・爪だと考えている。

だからこそ、
春先はヘアにお金と時間をかけてた。

肌はありがたいことに元々きめ細かい方で、肌のことで悩んだことはほぼなかった。

けれど、地味に自分のチビ爪だけはずっと好きになれなくて、でも心のどこかでこれは遺伝だし…と諦めていた。




でも違った!!

爪のカタチは…

後天的に変えられるんだと❗️💅✨

nvtTj21vM9.JPG

細く長い指先は
見てるだけでテンションが、上がる❤︎

わたしが爪を育てようと思ったきっかけ❤︎|#オス化起業女子→愛され美女LIFEへ@大田靖乃|note
 爪のカタチは生まれた時から決まっているから、と諦めていませんか? かくいう私もその1人でした。   お掃除やお片づけコンサルタントとして活動していた頃は、ネイルも控えていましたし、ついつい爪をヘラがわりに汚れを落としたりしていました。 そのため気づけばどんどん爪が小さくなっている・・・?という状態に。 もともと地味にこのチビ爪さんがコンプレックスだったわたしはかなりショックを受けました。母がもともと綺麗な爪のカタチでわたしは父親似のずんぐりむっくりな爪だったので綺麗な爪に憧れていました。 すっぴん爪美人になりたいな〜、目指すはフレンチネイルが似合う指先。 だってせっかく綺麗
note.mu

イマわたしは、
しばらくほっといてほしいと
彼を突き放したい衝動に駆られています。

すっごく冷たくしてしまう。

なんなんだろう、この感じ。

毎日毎日忠誠を誓ったワンコのように
朝のおはよう、お昼や仕事終わりのLINE、おやすみ前のLINE

すごく嬉しいし、有り難いんだけど、

甘えたい時に甘えさせてよ
集中したいときはほっといてよ!

というわたしの気まぐれネコ気質が発動しているのか。

それとも煮え切らない彼、
ビビりなところに嫌気がさしているのか。

もうなんなんだよ、
わたしはどんどん先に行きたいんじゃ!

やること、やりたいことたくさんある。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3162.JPG
さっさとたくさんの人を
しあわせにしないと、なのに。

まぁ、イマ色々と内観したら、ようやく1つ言語化できた。




わたし、
もっとスマートに
エスコートしてほしかったんです✨



ビュッフェスタイルで
串焼きを楽しめるお店に行ったとき、

店員さんが

「説明必要ですか?」

って聞いてくれた時、

彼は来たことあるから、
わたしが店員さんから
聞かなくても大丈夫なのに、

「ああオレは何度かきてるから
大丈夫だけど、彼女は初めてです」

とかぜんぶ説明しちゃうタイプで。

(これまでもいろんな場面でそんな感じでバカ正直にぜんぶ説明したり、話しちゃう)

それがずっとイヤだった。



ああいう時は

「大丈夫です、何度か利用させていただいてますので(にっこり)」

みたいな感じで、
席に通してもらった方が
わたしは気持ちいい。

ジェントルマンな感じしない?

店員さんにとっても
質問の意図を理解してもらえて
すぐに席に案内できて、流れもスムーズ。

自分の「してほしいマト」を
ちゃんと言語化できてスッキリした!

↑このページのトップへ