1590763976134.jpg
 「オレなら、一発でやっちゃう!」
強気の姿勢!
「ボンボンには理解できないわな」”平成の徳政令男”亀井静香氏が語る中小企業救済策とは Withコロナで変わる国のかたちと新しい日常⑲
新型コロナウイルスの感染拡大で、私たちの生活、国や企業のかたちは大きく変わろうとしている。これは同時に、これまで放置されてきた東京への一極集中、政治の不透明な意思決定、ペーパレス化の遅れ、学校教育のIT活用の遅れなど、日本社会の様々な課題を浮き彫りにした。連載企画「Withコロナで変わる国のかたちと新しい日常」の第19回は、コロナ禍で痛む中小企業をどうやって救うのか?だ。かつてリーマンショックの際に、中小企業金融円滑化法成立を主導し、日本の総従業員数の7割を占める中小企業の危機を救った元金融相…
www.fnn.jp
 この方が現役ならば...

景気回復は、想定内で早期で円滑に
実行を行っているだろう。

給付金も、小池さんだからこそ
迅速に行えた!とも捉えられる。

理由として、ボンボンでなく
庶民のモノサシ持って言動
的確に遂行が出来た結果
現在の給付金という結果
打ち出したと捉えられる。

ボンボン庶民の生計への思考

これがお二方の【結果】と【評価】を
支持率として数字を出したと言っても
過言では無いだろうか