月別アーカイブ / 2019年03月

今日頂いた指摘やアドバイスを
読み返して復習

甘え、言い訳‥

確かに相手の立ち位置からの視点からだと
そう捉えられる発言でした

心意を出す‥

自身からの視点から体験や経験を伝えるには
相手が理解出来やすいようにまとめて
相手の視点から考えた方が理解をされるん
だろうか?

過去と現在‥

現在の話だけで理解出来るんだろうか?
過去から現在までの経緯は余分?

悲劇‥

相手からするとそう受け止める発言に
捉えられるんだろう
やはり、自身の視点からの言葉より
相手側からの視点での言葉を選ぶべき?


小さい成果‥

やはり前回のトラウマが臆病にさせる
大きく出るってリスクって頭を過る
又、失敗するんじゃないか?
更に悪化するって確率を考えてしまう
ちゃんと事前調査や情報処理して
地盤を改めて固めて安牌を打って
知識を高めながら
最終目標へという考え方は間違い?
身体の状態を踏まえても間違い?

個人的に‥

会話 = 語り手 + 聞き手

語り手の話の視点の基準は?
語り手は自身の視点で言葉を選ぶ?
それとも相手の視点で言葉を選ぶ?

聞き手の立ち位置の基準は?
自身の立ち位置で言葉を捉える?
相手の立ち位置で言葉を捉える?

双方の視点と立ち位置は
どれが正しく、どれが間違いなんだろう?



現在、両足に包帯をして圧迫や湿布や氷を当てたりしながら。

就労出来ない状態ですが、必ず怪我を全体的に完治させて、現場復帰したいと努力して行きたいです。
そんな日々を徒然と記して行こうと思っています。
そんなわたくしですが    皆様、
宜しくお願いいたします。。

↑このページのトップへ