こんばんは!


明日からもう10月ですね〜〜
みなさんいかがお過ごしですか☺️🌟




先程Twitter、インスタで少し書いたのですが、
明日の19時、CHIHIROYASUDAのお知らせがあります!



私にとってはまた大きなお知らせで、
なんか色々気持ちをツイートしようと思ったのですが
色んなことを思い出して
とても長くなりそうな気がしたので
ブログをぽちぽち打っています📱







CHIHIROYASUDA、
もとい、わたしがお洋服を作り始めてから
丸4年が経ちました。




ブランドとしては2015年の8月に
まると、さんかくと、しかくと。
というブランド名で作ったのが初めてで、


_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6191.JPG

(若。こわ。笑)



当時はスピンズのショップ店員としてアルバイトしていたので、
その会社の中で作っていました。




きっかけは、2015年の5月くらいだっけな?に
働いていた店舗にバイヤーさんや店舗管理の偉い人がお店まわりに来たタイミングで
自分で洋服ブランドを立ち上げたい気持ちを何気なく話してみた事からでした。


運良く面白そうと思ってくれたらしく、働いていた店舗の一角で販売させてくれ、
めちゃくちゃ嬉しかったのを覚えています。
その時来てくれたお客さんの顔も今でも覚えてる!
それが自分が作ったものを販売したはじめての経験です🎟


(そういう一人一人の気持ちをめちゃめちゃ尊重してくれる面白い会社だったので、
本当に運が良かったし、思っている事は伝えてみるべきだなと思いました。)

その時はonnmayubiyoriという名前だった( ・ᴗ・ )



数ヶ月後、それを見ていたバイヤーさんが
本格的に作ろうぜ!って誘ってくれて
会社の本部に入って、
まると、さんかくと、しかくと。というブランドを立ち上げました。


当時一緒に企画したり動いてくれていた
(本部に誘ってくれた)人が最強すぎて、
ここで服作りや販売に必要なシステムをたくさん勉強させてもらって、、、
この人がいなかったら今の自分は絶対いないっていうくらい。


一年(濃すぎてもっと長く感じるけど)
がっつり色んな勉強も稼動もして、
知ってくれる人が一気に増えて、
その人の後押しもあり、会社を辞めて独立してブランドを立ち上げる事になったのが2016年。


わたしはその時は、この会社で社員になって
ずっと働いていこうと思っていたから、
めちゃくちゃ寂しかったけど、、

もっと広い世界を見てこいと背中を押してくれた事に、すごく愛を感じました。


今でもわたしにとってスピンズは育ててくれた特別な場所で、
東京の本部はもちろん
地方に遊びにいった時に少しでも時間があればどこでも必ず顔を出すし、
当時一緒に働いていた人たちとは未だにプライベートでごはんにもよく行きます😊

いまでも褒められたら一番嬉しい人たち笑





そこで、会社を出て、
立ち上げたブランドがCHIHIROYASUDA


_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6193.JPG




MINT mate boxをはじめたのもこの頃で、
ちゃんと洋服を作り続けていきたい気持ちと
音楽をやっていきたい気持ちが
当時は上手く混ざるというよりぶつかりながら、、


振り返ってみると、すごく試行錯誤しながら進んで来てたなあと思います。






結構ねーーー、悩んでたんですよ。笑


ブランドとして考えた時も、
MINT mate boxとして考えた時も、
自分の人生として考えた時も。



ブランドも独立したばかりで
考えないといけない事も多かったし、
バンドも始めたてで、でもありがたいきっかけも重なったりして(全国流通でCDを出そうとなった頃)




ずっと、お洋服作りを応援してくれてた人からしたら、
すこし寂しかったかもしれない。


今だから言えるんだけど、
ごめんね。




でも、どうしても自分の中でどちらも譲れなくて、
悩んだ末に出した答えは、
今をいい感じにするというより
5年後の自分がこうして良かったって思える風に動こうって事でした。


今を犠牲にするではないけど、
どちらかと言えば、将来に繋げたいと思った。



始めたばかりで全部いい感じにするなんて
努力もせずに今すぐ成功したいって言ってるようなものだから、
ちゃんと時間をかけたい、かける必要があるなって思ったんですよね。





めちゃくちゃ正直に分かりやすく書くと、
ブランドとしての動きを満足いくだけやろう!!
よりも、
圧倒的に足りない音楽経験を今は積むべきだ
って思った。



だから、ミントの動きが大きくなってきてからは
ブランドも、ミントで入った音楽事務所の中で、
サポートを受けながら続ける体制に入って、
ひたすらベースの練習に時間を割いたし
音楽をやるにあたって自分が知りたいと思った事はどれも積極的に勉強した。



そんなこんなだったから
2016年からの3年間を振り返った時に、
一ブランドとして、応援してくれている人が満足できる動きが出来ていたかは正直分からないけれど、、



全然時間足りねええええええ
って思ってたし。


でも、そんな中でも言い切れるのは、
服を作るってなった時に手を抜いた事は一度もないよってことです🙏🏻

作ってきた服はどれも全部大切で、
どのアイテムも出来上がりはとても満足しています。


_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6180.JPG


シーズン毎に自分の中のお気に入り度合いは上がっていたし、
もちろん自分の私服としても使いまくっているしね(^ω^)



そんなに沢山の稼働が出来ない中でも
洋服に出会ってくれた人、
また応援し続けてくれた人が居てくれたから
ずっと続けてこれているんです。

本当に感謝!!!ありがとう。







それから、当時はたくさん悩んだ、
音楽の方に時間をだいぶ振り切った事自体も
今ではいい決断だったって思えているんです

間違ってなかったなって!


MINT mate boxとしてみられる景色は
きっとこれだけ打ち込んだからこそ
観れた景色だなと思っているし、
3年間って文字で見ると短く感じるけど、
そこでの出会いも経験も本当にたくさんあって、
ミントはわたしにとって何にも変えることが出来ない、かけがえのないバンドで。

今は自分達以外にもそう言ってくれる人達もいて、
サポートしてくれる方たちとの出会いも含めて
本当に奇跡的だったなあと思っています。





きっと今このブログを読んでくれている人は、
この3年間で新しく知ってくれた人か、
この3年間も離れずにいてくれた人なはず。


本当に、めちゃくちゃありがとう☺️







で、なんで今
こんなに振り返っているのかというと、

MINT mate box の解散が決まって、
(4月のワンマンの後くらいに決まったんだけど、、)

自分自身の人生について
またしっかり考えるタイミングだなと思ったからです。

また、それを少しずつ
お知らせしていこうという時期だから。




さっき書いたように
ミントはわたしにとって本当にかけがえのないバンドです。

でも解散が決まった時に言ったように、
本当に前向きに解散することも事実。




ミントは、今までのミントだから成り立っていたんです。


楽曲は、プロデューサーのヤマモトショウさんに書いてもらっていました。
ショウさんが作ってくれる曲が本当に大好きで、
MINT mate boxとしてその曲を作り上げていくことが楽しかったし、
それこそがMINT mate boxだった。


でも、真剣に音楽と向き合っていくうちに、
自分で作ったものを出したいと思うようになった事も事実で、
それは自分以外のメンバーもそうで、
じゃあみんなで作ればいいじゃんと思うだろうし
事務所だってショウさんだって
いいじゃんって言ってくれていたんだけど、
メンバーそれぞれがやりたい、作りたいと思う音楽はばらばら過ぎて、
(実際にdemoを作って持ち合わせたりもした。)
"MINT mate box"として形にする事はどうしても出来なかった。


それに、絶対に全員この気持ちを削る必要はないから、これからはそれぞれの道を歩もうと
メンバーでの意見は完全に一致して、
MINT mate box というBOXからの脱出は決まって🗳




もちろんめちゃくちゃ寂しい気持ちとも
本当に良いのかなっていう迷いとも
何度も何度も葛藤したし、

きっと応援してくれている人からすると
何もまだ見えないしよく分からないとも思うけど、、



わたしはこれから、
ただただ自分が好きな音楽を作っていく事もものすごく楽しみだし、

もちろん私だけじゃなく、
まほやKJ君のこれからの自由な音楽も
MINT mate boxを好きでいてくれた
みんなに聴いてもらいたいと思う。


どれもきっとミントが作ってくれた
私達だし、それは消えないから
安心してねって思っています。









ずらずらと洋服のことも音楽のことも
まぜまぜに書いてしまって、
まとまりがない内容に思うかもなんですけど、、


今日一番伝えたかったのは、


この5年間、色んなことを経て感じている事が
洋服を作る事も、音楽を作る事も、
別々の、それぞれの話じゃなくなったんだよね
っていうことです。



このブログの途中で、

"
ブランドとして考えた時も、
MINT mate boxとして考えた時も、
自分の人生として考えた時も
"

って書いてたと思うんですけど、
今は、これからはそう分ける必要さえも、
もう無いなって感じているんです。




当時は
ブランドとミントをどう差別化しようか、とか、
ブランドの事を考える時の自分、
ミントの事を考える時の自分、
とかバラバラだったんですけど、



MINT mate boxから脱出する今、
表現したいと思うものが
服も音楽も同じ世界のもので、
全く別々のものとして考える必要が自分の中でなくなったんです。


(まじでよく分からなくてごめんなさい)





すこしでも分かりやすくいうと、
全部をわたしが好きな世界観で0から作るから、

この服が好きだったらきっとこの曲好きだよ、
この曲いいと思ったらたぶんこの服好きだよ、

って自信を持って伝えられるように
なるんじゃないかなって思ってて。


ファッションも音楽も、もともとは
同じカルチャーの中で生まれるものだから🤸🏻‍♂️




ブランドとして、とか、音楽として、
というよりも、
やすだちひろとして感じるままに、
面白いことやっていこうと思ってますっていう事かな!




やっぱりわたしは何事も
創ることが一番好きみたい🙉




明日その第一弾として
ひとつお知らせがあるから、
SNS見てくれたら嬉しいな( ◠‿◠ )







長々と読んでくれた人ありがとう!!

よく分かんなかったかもしれないけど笑
たぶん、わかってもらえる日は来ます。




残り一本のMINT mate boxのライブも
これからの私達も
本当に楽しみにしていて!





これからもよろしく出来たら嬉しいです☺️


おやすみなさい💤