東京都美術館で開催中の『奇想の系譜展』を訪問。
 本展は、1970年に刊行された美術史家・辻惟雄による『奇想の系譜』に基づいた戸絵画の展覧会。本で取り上げられた岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢芦雪、歌川国芳に、白隠慧鶴、鈴木其一を加えた8人の代表作が一堂に会した重要文化財を多数含む展示。
 
 江戸時代に活躍した8人は、明治から昭和にかけては注目された存在ではなかったが、1970年刊行の『奇想の系譜』後に、本で取り上げれた絵画の研究が盛んになり、徐々に認知され、現在の伊藤若冲や江戸絵画等の人気に繋がったそう。
 今回の展示は、絵画の凛々しかったり迫力のある動物が印象的。展示会の基になった本も是非読みたい!
LRM_EXPORT_276779960257_20190209_155427529.jpeg