1の続きです。

街道沿いを歩いて行くと
「ここは間違いなくパワースポットだな」
という所が出てきました。


観光客は私一人だけでした(^^)
そのかわりお寺に隣接している園児達とお迎えに来た保護者の方々がいました。


街道沿いを通り抜けてずっと気になっていた川越氷川神社へ。


「こんにちは」
「わざわざこのような日(七五三で賑わっていました(^^)に来なくても良いのでは?」
「だって~知らなかったからね~(^^)」
「まあ良いでしょう、ゆっくり過ごされて行くと良いでしょう」
「パワースポットと言われているところにありがちな逆パワースポットはこの地にはないんだね?」
「御身もご存じの通り、ここは古くからの街道沿いですからな。
そのようなものは不要でございます」
「○○があるからね~」
「左様でございます、ところで昼餉(お昼ご飯)と朝餉は如何されますかな?」
「どこか美味しいところはないの?」
「観光ばかりでございましてな、今の御身に相応しい所(安くボリュームがあることろ)はありませぬな」
「そうなんだ、じゃあ帰り道でラーメンでも食べていくよ」
「おやめになると良いでしょう、今の御身には悪いですからな」
「じゃあパン屋さんに寄っていくとするよ」
「途中でお勧めの甘味処でそぞろ歩きをされたらこのようなことにはなわなかったのですぞ?」

そんな会話をしたあと、駅に向かって歩きます。


途中で戦争に備えた城下町だった名残りを発見!
サラッとみておしまいです。


帰りがけに観光スポットをみて終了!



おまけ:川越には「ここは!」というパワースポットはありませんでしたが、各ショップや個人のご自宅で祀られているお社からほんのりと自然界のエネルギーが流れていました。

そういった環境を楽しみながら一杯飲むのもお勧めです(^^)