誕生日から一夜明けて、
徐々に一つ歳を重ねたことを実感してきております。

自分もとうとう19歳なのか。

実感は湧いてきたものの、
19歳らしい19歳になれているかは分からないです。

とは言っても、
「らしさ」は人それぞれですもんね。

私らしい19歳を、
私なりの歩み方で、
進んでいきたいです。




19歳になって成人になるのが近づいた今、
やっぱり今度は20歳になった自分を想像するんです。

友達と話をしていたのですが、
20歳に早くなりたいという気持ちと、
まだなりたくないなという気持ち、
両方が自分の中で葛藤しています。




20歳になって形式として大人としての称号を得たら、
自分の気持ちとしても色々と変わるものがあるだろうし、
視野や考え方も広がる気がする。

でも同時に、
20歳を迎えるにあたって、
やっぱりきちんとした変化は感じたくて、
それに伴って自分自身に求めるものも大きくなるだろうし、
実際に自分が20歳になった時、
その想像する自分にきちんとなれているんだろうかと。

そうなれるかは自分次第だし、
そうなれる為にどう努力するかも自分次第。

だからこそ、
そういう意味でのこわさはあります。




こわいと言っても、
ネガティブなものでは無くて。

自分が抱くその多少のこわさが、
原動力になることもあると思います。

そんな想いも抱く今考えるのは、
人生において大きな節目になる歳を迎えて、
今抱いているこの感情を、
そのまま持ち続けてしまうのは避けたいということ。

こわい、と感じることについても、
一段階上げなければいけないなと。

だから、
この節目を曖昧にはしたくなくて、
それで感じる不安はあります。




でも、
19歳はそれを原動力に進んでいけるのかもしれません。

先に大きな節目がある意識を持つことで、
生み出されるなにかがあるかもしれません。

なんだか燃えてきました。

この1年の歩み方を、
見つけられた気がします。

更に実感が湧いてきました。




明日も頑張ります。



本日は日曜日。
皆さまはどんな一日をお過ごしになられましたか?

ゆっくりお身体を休めて、
また明日から一緒に頑張りましょう!


それでは、
おやすみなさい。


聖菜

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0474.JPG



本日、19歳になりました。

ブログでのコメントやTwitterでのメッセージ、
本当にありがとうございます。

皆さまから温かい言葉を頂いて、
目指したいものが更に明確になりました。

本当に本当に心から嬉しかった。




まだあまり実感は無いです。

「何歳ですか?」と質問を受けたら、
「18歳です。」と答えてしまいそうです。




でも、19歳になったということには、
なんだか感慨深いものを感じています。

上京した時は中学生で、
19歳の方々を見てその方たちをすごく大人に感じていました。

その時は、
まだ間近な高校生に憧れていて、
19歳になった自分はまだきちんと想像できていなくて。

実際に19歳になった今の私を、
あの時大人に見えていた方々のように、
当時の私が今の私を見て同じように感じてくれるのか。




タイムマシーンがある訳ではないし、
過去の自分と対話することは出来ないので、
実際どう思うのかは分かりません。

それに、
当時の私が何をもって大人だと判断していたのかも明確には分かりません。

でも、確実に、
物事に対する考え方や意識は変わったと思います。

自分がどうなりたいのか、
なにをしたいのか、
なにを目指したいのか。

自分と向き合う時間も増えて、
それに伴って、そういう目標などが、
きちんと自分の心から生み出されていくようになりました。




当時も夢はあったし、
なりたいもの、目標も勿論ありました。

でも、
じゃあそうなる為になにをするのか、
達成する為になにをするのか、
そこが漠然としていた気がします。




上京して、親元を離れて、
連絡は取り合うことが出来るけれど、
飛行機に乗ればすぐに行ける距離だけど、
やっぱり離れたところに行くからにはそれなりの覚悟はありました。

それまでは将来ときちんと向き合う機会はあまり無かったので、
向き合い方がまず分からなくて、
まずその方法を探したり。

そして、
様々な現場で先輩方から沢山のことを学ばせて頂きました。

その時は、
本当に分からないことだらけだったので、
兎に角、吸収しようと必死でした。




福岡にいた頃の私は、
すごく人見知りでした。

自分から話しかけるなんて絶対に出来なくて、
その日すごく仲良く喋っていても、
次の日には自分の中でその子との心の距離がまた振り出しに戻ってしまったり。

だから、
人と話をすることって苦手だったんです。




でも、東京に来てから、
色々な方とお話させて頂く機会があって、
そういう日々を送っていくうちに、
話をしたり話を聞いたりというその時間が好きになったんです。

あの時ほどの人見知りも、
今はもう無くなりました。

話さないといけない、とか、
そういう強制的なものも無くて、
本当に心からその時間を楽しんでいます。




そういった内面的な部分は、
あの時の私も「すごいな」と思ってくれるんじゃないかな?

でも、
反対に今の私が伝えたいのは、
自分が変わろうとすれば絶対に変われるということ。

綺麗ごとにも聞こえてしまいそうですが、
私はこれを身を以て経験しました。

少しでも、変わりたい、という意識を持って、
自分なりの努力を続ければ、
きっといつかその努力に伴った結果を得られると信じています。




次に誕生日を迎える時には、
20歳で成人。

形式として大人の仲間入りをする。

その時に、
自身を持って"大人"になれるように、
この19歳の1年は本当に重要だと思います。

時には変化も必要になるかもしれませんが、
勇気を持って進み続けたいです。



19歳の一年も、
一日一日大切に過ごします。



もう20歳へのカウントダウンは始まってる。



色んな場所での出会いを大切に、
日々精進いたします。



19歳の私も、
皆さま何卒宜しくお願いいたします。



それでは、
本日はここまでに。

読んで下さり、
ありがとうございました!!



聖菜

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0428.JPG



いつも母が、
色んなことを連絡してくれるのですが、
先日お勧めの本をまた新たに教えてくれたんです。

私も、この本良かったよ!と紹介したり、
母から、あの本どうだった?と聞かれたり、
色々とお互いに情報を共有し合っています。



その話の中で、
母が教えてくれた本がすごくおもしろそうで、
読んでみたいなーという話をしていたら母が私に送ってくれていて、
一昨日だったかな?届きました📚

何冊か送ってくれたので、
早速その中の一冊を今読んでいます。



母が私に教えてくれる本は、
私のどストライクなものばかりなので、
やっぱり好きなものも似るんだなと。

私がブログで、
「今この本を読んでいます。」とご紹介をさせて頂いた際に、
母もそのブログを読んでくれて、
読んでみるね、と連絡をくれます。



昨日ご紹介させて頂いた、
「終電の神様」という本も、
読んでみようかなと連絡をくれたので、
きっと今読んでくれているのではないかと。


「8年越しの花嫁」は、
私は原作の方を読ませて頂いたのですが、
母は映画のノベライズ本を買ったそうです。




おそらく本が好きになったのって、
母からの影響が大きいと思うんですよね。

いつも毎日寝る前に、
絵本を読んでくれたり、
色んなお話をしてくれたり。

だから、
お話を聞くのは小さい頃から好きで、
それにずっと本にも触れてきたので、
自分の中で本を読むことは自然と定着しているというか。




私が一番好きな絵本。

「きょうはなんのひ?」

この絵本すごく素敵なお話なんです。

小さい頃も本当に好きで、
姉も好きな本だったので、
「今日はなにを読む?」と聞かれたら、
いつも二人してこの本を言っていました。

すこし大きくなってからも、
ふと思い出して何度も読みました。


この本を読むと、
きっと大切な人に贈り物をしたくなると思います。

ご両親、ご兄弟の大切な日を、
一緒にお祝いしたくなると思います。



小さい頃は絵が可愛くて好きだったり、
なんとなく好きな理由が単純だった気がするんですけど、
今自分が好きだった絵本を思い出してみると、
ジャンルが似ていたりするんですよね。

だから、理由は曖昧でも、
好きなジャンルはやっぱりあったのかなと。



でも、絵本って、
改めて今読んでみると、
小さい頃に読んだ時よりも深く物語に触れられたりするので、
また違ったおもしろさがありますよね。

実家にある絵本も、
帰省すると時々読んでみたりします。





よし、新しく本を買ったら、
また母にも紹介しよう。




18歳ももう残り僅か。

もう少しで、
いわゆる"ラストティーン"
というやつです。

どんな19歳になるのか。




今週も、学校やお仕事、
本当にお疲れ様でした。

明日もお仕事などあります方、
一緒に頑張りましょう!



それでは。

_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0379.JPG

p.s.
毛布にくるまれたマロン。
可愛すぎ。



聖菜

↑このページのトップへ