その日はなぜか朝8時ちょうどに目が覚めた。
虫の知らせとはこのことか。伊豆もちょっとは揺れて、それで目覚めたのだろうか?

起きると必ずスマホをチェックする癖がついている。
緊急連絡が入っている可能性があるからだ。

そこに地震の報。
途端に血が凍った。

実家ドンピシャやないか!
地元には父と母、妹と甥と姪が住んでいる。

しかし阪神大震災を経験し、東日本大震災とは7年も付き合ってきた人間としては、落ち着くしかない。
自分でも意外なくらい落ち着いていた。

まずTVをつけた。
TVは広範な情報を提供してくれるが、即時性はない。

即時性と言えばTwitterだ。
普段は2ちゃんねる化や運営の杜撰さに辟易しているが、こういう時は実に役立つ。

その空気で解った。
思った以上に被害はなさそうだ。

ここからが難しい。
家族にいつ電話するかだ。

こういう時、被災地の回線はパンクする。
すると救急など緊急連絡の電話を妨害する恐れがある。
だからできればSNSなどで連絡するべきなのだ。

妹とはFBで繋がっていたので、動向を見ていた。
しかし何のポストもない。

しょうがないから一回だけ電話をかけて、不通ならしばらく置こうと考えた。

一回かけて、すぐ繋がった。
家族全員の無事を知った。

これでようやくひと安心。
しかしまだふた安心はできない。友人知人界隈はどうだ?

ここからはLINEやFBなどを駆使した。
時間をかけて、いろんな人の無事を知った。

長年震災と向き合った経験は結構役に立つものだ。
同時に、この経験をこんなにも使う機会があるのだということに、改めて震えを覚える。


何度も言うが、今日明日は巨大な余震が来る可能性が高い。
地元の方々は充分に用心してほしい。

PuYLnmPDdc.jpg


帰りました。
伊豆はいい。
なんじゃかんじゃと心配事が舞い込んだが、休めた。

箱根や石和などと違って、ちゃんと山間や海辺の風情があるから、マイナスイオン出まくりで、落ちつくね。
充分なデトックスになりました。

写真は帰りに食った貝汁定食。
バランスいい!


さぁ、戦わねば。



あんまりいろいろ考えたくないから伊豆に来ているのに、次から次へと心配事が起こる。
親類縁者、友人などが集中する土地だけに、気が抜けない。

もう地震や震災とは切っても切れない関係になってしまったが、この数日でこれでもか!と突きつけられる現実は、いったい何を物語っているのだろうか?


いや、やめよう。明日から考える。
今日はもうやめる。


大阪の方、大きな余震にくれぐれもご注意を。

↑このページのトップへ