_var_mobile_Media_DCIM_106APPLE_IMG_6241.JPG

さんま〜!!

うんめぇにゃ!!

またまた昔話になるが、『BtB』で初登場する「佐藤勝子」の声を決めた時だ。

実は僕は、今とはまったく違う、別人のキャスティングを考えていた。

それを何かの折に、たぶん『青春の影』の作業中だったか、音響監督の菊田さんに提案したら、即答で、
「え?それでいいの?」
ん?どういうこと?
「私、てっきり佐久間レイさんだと思ってたけど?」
と言われた。

完全に虚を衝かれた。

菊田さんは続けた。
「え?だってノン子さんと同じ、サンデーズの出身だし、アイドルだったし・・・」

それはもちろん知っていた。完全に忘れていたが。
しかしそれ以上に、僕の魂の深奥から湧き出る、ある作品のイメージがあった。

『トップをねらえ!』だ。

ノリコとお姉様、これを今やらない手はない!!


アフレコ当日、ノン子さんとレイさんにガッチリ左右を挟まれ、作品内容を説明する僕がいた。
あれだけの至福の時はなかった。僕は声優オタクではないが、まるで信仰の対象が目の前に現れたような、眩暈にも似た感覚を覚えた。
正直、ちびりかけた。

しかも正面には、真夢の母、須美さんが静かに座っている。
僕はひょっとして、歴史の新しい一頁を書き上げようとしてるんじゃないか?
そんな興奮と愉悦に、ひとり包まれていた。


アフレコ現場には、竹内Pはじめ『トップ』を知る多くのオールドファンが、少年のような眼差しで彼女達を見つめていた。
どうもレイさんとノン子さんも、仕事で会うのは久々だったらしい、そういう目線もあってか、大いに盛り上がってくれて、
「あの時とは立場が逆転よね☆」
と、昔話に花を咲かせてくれた。
あまつさえ、アフレコ後は去り際に二人のサービスで、

「行くわよ!ノリコ!」
「はい!お姉様!」

調子に乗りすぎたセリフ回しで、僕達を悶絶させてくれた。


現場が興に乗ってくると、こういう奇跡的な「面白いこと」があちこちからどんどん提案され、自然と出てくるようになる。
そうなるともう、現場が自然と回り出す。
作品が監督の手を離れる瞬間というものは、まぁいろんなケースがあるのだが、この場合はもっとも幸福なケースと言えるだろう。
監督の手がなくても、全てが噛み合ってくるのだ。

しかし裏を返せば、そういう現場の空気をどう作るのか、それがまさに監督の仕事なのだ。
僕はそれを改めて肝に銘じ、今後も現場に立つ。


奇跡的な「面白いこと」を探すために。

御大は本番の時、ヴィオラに向かって指揮している時が非常に多かった。
逆に第一ヴァイオリンにはほとんど向かない。

最初は、いじめか?と思うくらいだったが、最近になって、朝比奈指揮法の極意が解る気がする。

リズムを刻むパートを重視したのだ。

それはやはりベートーヴェンを中心とした、古典派の造形重視の音楽作りであり、かつアンサンブルの基本であり、関西という片田舎でオーケストラを作り上げるには必要不可欠な方法だったのだろう。

かつ、大フィルはヴィオラが弱いと言われてたらしい(御大談)。だから最後まで心配で、鍛え上げようとしていたのかも知れない。

しかし最晩年になると、よく動くようになる。金管のポイントになる箇所にキューを出したり。
だから曲のテクスチャがより解り、アンサンブルは締まり、より巨大で堅牢な音楽を築き上げたのだ。

一回でも多く舞台に立ち、最後まで進化し続けた。
僕にはできない偉業だよ。

↑このページのトップへ