このところ物故が身の回りに多く、歳柄かなあと思う部分もあったのですが、さすがに伊奈さんまで亡くなられるとは思いませんでした。心よりお悔やみ申し上げます。

伊奈久喜氏が死去 日本経済新聞社特別編集委員
http://www.nikkei.com/article/DGXLNSE2INK02_T20C16A4000000/ 

 キヤノングローバル戦略研究所のプロジェクトでは、奇妙な叱咤激励を賜り、またオフィシャルでは猛烈に働く御仁でしたので、ご体調不良の話を伺ったときは骨休めなのかなと思ってたんですが… 何とも残念なことになりました。

 最後に私にかけられた言葉は「まともに取り組む力があんたにはあるんだから、掻き回そうとせず、もっと真面目にやりなさい」でありました。そ、そうですね。また、とある場面で「あらゆるオプション」とは軍事作戦を示唆する発言だと明敏な指摘をされていたのは鮮烈に記憶に残っておりまして、実際にそのとおりに南シナ海では衝突も辞さない某国の動きを察知されていたのが思い出されます。

 これから外交面でも日本はさまざまギアチェンジをするべきところで、伊奈さんのような実務志向の方が欠けてしまうというのは痛い損失のように感じますが、まずはしばしの間、お休みいただければと強く願う次第です。