しかし結局はすべてに金儲けが優先しかねない年の瀬なのであった。



 で、忘年会シーズンなんであるが、オフピーク忘年会というかどう見てもフライングな宴会に顔を出していて思うのは「居酒屋チェーンのセットメニューは総じて量が少ない」という点である。はしごしたりして遅れて逝くと大体飯はなく、ただそこにあるのは酔客の海であって不愉快である。


 ホテルで宴会をすると喰い切れない位の飯が出て、残飯を持ち帰りたい欲望に駆られるのとは真逆の心象だ。あんなちょっぴりのコースを出して、そこの経営者が堂々と「教育者です」と語っているあたり、個人的にはセットメニューを客のオーダーのありなしで調整するような仕組みも考えられずに何が教育者だと思うわけである。


 言いたいことはたくさんあるけど、とりあえず帰ることとする。アデュー