先日、つくば野球会でもお話したのですが、どうも高校野球の指導者からプロ野球のフロントまで、データマネジメントと現場への落とし方に大きな課題があるよってことで、じゃあアメリカの大学野球からドラフト、マイナーリーグまでのところはどうなっているのかという内容だったんですよ。そしたら、都道府県単位で高校野球に取り組んでいる人々の研修に呼ばれたり、トランスポーツと呼ばれる野球外の有望選手を野球選手にコンバートするにはどうするかや、女子野球のような世界を競技としてきちんと成立せしめるには、みたいな発展的なお呼びかけを頂戴して光栄だったわけです。



 今度は、スポーツアナリティクスジャパン(SAJ2015)にお呼ばれしまして、公開で何か喋れという話になりましたので、次世代のpitch f/xからtrackmanまで、解析手法を… やると一時間では絶対に終わらないのでその前説的なお話をしたいと思っております。ドクトリンというか、その得た情報は何に活用すれば効用が一番大きいのか? というスポーツ界隈での昨今沸騰するキーワードでデータ解析のための下地作りや意識の持ち方、単に選手の評価を過去の成績で見るようなものからの脱却と言う、この世界で叫ばれるようになった「ポスト・セイバーメトリクス(セイバーメトリクスの次なる概念は何か)」をお話しようと思っております。



SAJ2015 -スポーツアナリティクスジャパン2015-

http://jsaa.org/seminar/saj2015/


 ファンにとっては残念なことですが、解析技術が進むほどに、データの民主化は難しくなります。すなわち、公開された出塁率やボールスイング率、BB/K、UZRといった一般的な指標やWARで見た「この選手は勝利にどのくらい貢献しているか」というものは、一気に過去のものになるわけです。もちろん、使えないわけではありませんが、今後、プロスポーツにおいて必要なものは間違いなく選手の「成績予測」、つまりまだ実績の無い選手の特性をいかに見極め、どのくらいチャンスを与え、打席やイニングを食わせてみたあと、どういう結果を出すことができればこの選手は引き続きMLBに置いておけるのか、あるいはもうだめだと見切るのか、という作用は重要だよねえということであります。そこには、ファンからすると「なぜあの選手を使わないのか」「この選手が使われているけど有望ではないのではないか」「デーブ監督はえこひいきをしているのではないか」などの反応の根源になります。確かにデーブ監督はいろいろありましたが、あれは私のせいではありません。



『JSAA会員の方』または『JSAA会員以外の方』を選択し、次へ進んで下さい。

http://jsaa.org/seminar/saj2015/saj2015-register/



 必要なことはホットゾーン解析であり、動画分析であり、加速度計算であって、食事であり筋トレです。25人しかいられないシーズンロースターをどう編成すれば、どれだけ得点力を期待できるのか、そのうち未知なる戦力はどのくらい活躍することができそうか、成績を落としている理由は何であり、どのようなコンサルテーションをすれば回復する可能性があるのか、あるとしたらどのくらいの期間か… これらは、”伝統的な”セイバーメトリクスで定義された「27個のアウトをとるまで終わらないスポーツ」から始まるドクトリンはもはや通用しない世界であって、もっと投機的で、ダイナミックな世界であると言えましょう。



 関心を持つべきは、ここは講演でお話しするところですが、日本で言えば1,270イニング、5,800打席をどう配分すれば、チームにとって最高の効用になるのかということと、将来を見据えた分配なのか、このシーズンは優秀を狙うのか、チームの戦術と育成・故障のデータを運用するための考え方の整理です。私は解答を提示することはできません。分かってたら、今頃デーブ監督は名将としてコボスタで胴上げされております。分からないからこそ、試行錯誤し、考え、議論し、行動計画を立て、コーチに説明して選手に取り組んでもらってせっせと筋トレすることになるのであります。



 まあ要するにデータを突き詰めていくと日本の選手は食事にたんぱく質が不足し筋トレしてないので潜在力が生かし切れていないのだそうだそうだという結論になるわけですが、それはそれとしてご関心のある方はぜひお越しください。