先日AppBank Gamesが消滅したんですが、そこの棟梁として頑張っておられた宮川義之さん(hotmiyacchi)の懇親のブログが話題になっております。あくまで一方的な話なので断定するのも問題あるかと思いますが、ここで問題視されているはいったい何崎啓眞さんなんですかね…。



消滅会社 AppBankGAMESを終えて・ゲーム作りで大事なこと

http://hotmiyacchi.hatenablog.com/entry/2015/10/19/105940

enishの人事異動…岩崎啓眞氏が執行役員ゲームデザインディレクターに就任

http://gamebiz.jp/?p=145807



 個人的には誰崎さんから具体的な反論が出るようであれば聞きたいところですし、彼が宮川さんのところにjoinしたという話はかねてから聞いていたので、てっきりそれなりに双方納得で円満にあれこれ処理されていたのかと思っていました。誰崎さんとは正直面識はなく、あくまで彼が関わった仕事の共同開発先のプロジェクトが炎上した際に、I&PではなくEuphoros(子会社)としてサルベージしたことがあるだけなので、あまり詳しく知らないんですよね。Unityのセミナーであれこれ喋るようですが、妨害する意図はないのでリンクは貼らないでおきます。




 もしも宮川さんが書かれた内容が完全にすべてそのとおりなのであれば、個人的にはとっとこ裁判でも起こすもんだと思います。enishでも同じことをやらかしているのであれば、普通はそこまで焼け太らないんじゃないかという風にも感じるので。



 なので、まずは経歴詐称だのうんこだの名指しされた岩崎啓眞さんからの反論を待ちたいと思うのですが、AppBankもほうぼうややこしいことやらかしている割には、こういうところで良い奴になってて良く分からない会社ですね。上場おめでとうございます、って感じですが。



(追記 16:23)



 その後、日ならずして斧さんという元AppBank Gamesの開発者の方が真相激白のブログが出ていたようです。別件のところでは、弊社も人を出していた案件でしたので、このお話ですと多少辻褄は合います。



AppBank GAMESを退職していました

http://akisute.com/2015/10/appbank-games.html



 まあ、某崎さんは年を食っていたので、言ってることはともかくデスマ不可、と言われると確かにそうなのかも知れませんね。むしろ、製作総指揮みたいな感じで大所高所から某GMみたいな感じで関わっていただくほうが、現場的には良かったのかなあとは感じますが、そうだとすると、マックスむらいさんがiYANMATOやiNINJAを見て宮川さんのゼペットを丸抱えした時点で悲劇は予告されていたという話であって、それでも消滅の最後まで面倒を見たAppBankは一応仁義は果たした、と言えるのでありましょうか。



 いろいろと情報が乱舞している状態ですので、この辺でいったんto be continuedといたしたいと思います。



(追記 17:22)



 上記暴露記事は大変な力作だったのですが、揮発性が強すぎたのか、生後わずか2時間で削除され帰らぬ人になってしまいました。



 しかしご安心ください、遺影は魚拓で保存してありました。誰ですか、魚拓なんてとった無粋な人は。



AppBank GAMESを退職していました

http://megalodon.jp/2015-1019-1705-45/akisute.com/2015/10/appbank-games.html?m=1



 私は常々思うんですがね、正義を貫くのに必要なことは、技術でも知識でもなく、勇気なんですよ。うっかり他人様の前でシャブ野郎と罵ってしまいお詫びしたことも、破産したはずの木村某の吉祥寺の自宅登記がおかしいので調査した結果を公表したら名誉毀損ではなく脅迫だと言われて警察沙汰になったことも、あれもこれもすべて経験が私を強くしました。先週、ついに殺害予告まで書かれてしまい、あまりの恐怖に昼も寝られません。皆さんも、尾行がたくさんついて無料で身辺確認サービスが受けられるぐらいに熱量の高い暴露記事を是非次々と書き続けていって欲しいと願っています。



 今後ともよろしくお願い申し上げます。