誰ですか、このタイミングで不倫ネタを記事にしたのは。お陰で俄然東京12区がアツくなってきました!



 記事本文はぜひ「フライデー」を買って読んでいただければと思うわけですが。



田母神氏、フライデー「不倫」報道に正面反撃 FBで「交際中の女性守らねばならぬ」

http://dmm-news.com/article/901187/

田母神氏、「フライデー」不倫報道に反論 ネットでは賛否様々な反応が出る

http://www.j-cast.com/2014/12/06222629.html



 そしたら、前回のエントリーで「罰ゲーム選挙区」と面白おかしく取り上げさせていただいた東京12区にさっそく動きがあり、速報値ではどういう理由か田母神俊雄さんの得票予測が急伸。ここ2日で次点争いからのトップ目争いもおかしくないという不思議な展開になってしまいました。公明党太田さん危うし!


 なぜか青木愛さんの票をタモゲミ元帥が喰うという不思議な展開で、移動している票は主に40代50代男女と、本来タモガミ元帥が不評とされる属性が中心になっており、もしかしてタモガミ元帥と青木愛は補完計画だったのではないかと見間違ってしまうほどの合致っぷりで興味深いです。某公共放送の期日前投票の出口調査結果が待望されます。



 それにしても、この手のスキャンダルを公示日後の選挙期間「中」にアテても狙った効果は出ないという経験則を改めて踏襲しております。もう一週近く早く出ていれば、出馬表明の出鼻を挫いて泡沫一直線だったのにと思うと選挙って本当に難しいものだなと思います。いったい誰が元帥の不倫ネタを持ち込んだんでしょうね。



 いいネタも悪いネタもなるだけ公示日前に出揃わせておかないと、という鉄則を思い知った事例でありました。



 個人的には不倫は嫌いだし、元帥のお子さんの心中を考えると割り切れない思いもあり、また新しく親密に関係となった女性との間に愛情が育まれたのだとしても他に方法はなかったのかと感じてしまいます。しかしこれを機に、タモガミ元帥が夫婦別姓やら新しい家族の形やら婚外子の地位向上やらといった、新しい日本の家族の形を正面から議論していただければと願う次第です。



 また、太田さんは依然として優勢なんで、現段階での3万票強の差で逃げ切れればよしって感じなんでしょうか。

 これで政権批判票が党派の意見の差を越えてタモガミ元帥に集まらないように細心の工夫が必要だと思う次第です。