最初、荻上チキさんが何か言って燃えてるのかと思って見物にいったら、ちきりん女史でした。



下から7割の人のための理科&算数教育

http://www.peeep.us/87ff708d

ちきりん氏のお粗末な科学教育論

http://d.hatena.ne.jp/locust0138/20140225/1393341659



 個人的には、



■ まずは体系的な科学的知識を構築することを試みてみない限り、上3割も下7割も分からないであろう



■ 「どうせ分からないから」「社会で役に立たないかもしれないから」教えないのは、子供が取り組む未来の可能性を狭める



という点で、locust0138氏の意見に賛同するものです。


 一方で、この手の議論を喚起した荻上チキりん女史、冒頭の問題意識としての「実力別クラスの編成で、出来る子ややりたい子には充実した学習環境を」という考えは良いと思っています。



 ただ、いまの日本の教育環境を育児する立場から見ていると、さまざまな学問に触れる機会が用意されていて、手軽に教育を施せる社会でありながら、子供たちに理系の領域の奥深さ、楽しさを感じさせ、学んでいく創意工夫のところでもう少しトライするべきことがあるんじゃなかろうか、と感じる次第です。



 で、その点では「興味関心がない」と言い切っているちきりん女史にとっても、本当であれば彼女の興味領域において理系的な考え方が役に立つアプローチは部外者である私でも感じ取れるところなので、その意味では彼女に「それは食わず嫌いだ。きちんとした順序を踏めば、貴女の言っていることも数式で表せるものも多いんですよ」とか「科学的な裏づけがあれば、もっと適切な論述を展開できるチャンスが広がりますよ」などという話はできるんじゃなかろうか、と思うわけです。



 ちょうどアドタイでも西内さんが鼎談の中で「最初に企業の中で確認するのは『分析をもとに新しいアクションを実行するのが好きな偉い人』が誰なのかを見極めること」というような話をされています。



パーソナルデータで広告界の地殻変動は起きるか?ーー西内啓×田中幸弘×山本一郎ビッグデータを語り倒すの巻(3)

http://www.advertimes.com/20140224/article148350/



 これというのは、表層の知識や実学、運用の状態では見つからなかったことが、理数的なアプローチで新しい知見が発見できる可能性があることに他ならず、それに対して理解を拒絶することの勿体無さというのが必ずあると思うのです。



 何事かを学ぶというのは学生だけの特権ではなく、キャリアを構築した人でも充分に取り組む価値のあるものですし、「今の理科や数学で教えられている内容は、ほとんどの人には生涯を通じて無関係」などと言わずに一度ちきりん女史には取り組んでみて欲しいと願う次第です。



 分かるようになると、絶対面白く感じる領域だと思うんで。