手慰みに、FBの記事でも。



Facebookはなぜ衰退したのか?そしてこれからのSNSとは?

http://gigazine.net/news/20131228-the-end-of-the-facebook-era/

The End of the Facebook Era

http://takeaswig.com/the-end-of-the-facebook-era



 GIGAZINEでも指摘があるとおり、10代のアクティブユーザーの減少はコミュニティの勢いの急速な衰えを惹起する可能性があるんじゃないかと思うわけですね。そこのお前、mixiの悪口はやめろ。例示されているmyspaceその他、一度勢いが途絶えたSNSサービスは一挙に過疎化、墓場へと向かっていくのも同じ轍なのかも知れず。


[Quote]



As a result, we tend to see people sharing only their proudest moments in an attempt to portray their best selves. We filter too much, and with that, we lose real human connection.




10代のFacebook離れが加速しメッセンジャーアプリにユーザーが流出

http://gigazine.net/news/20131124-teenagers-messenger-apps-facebook-exodus/



 コミュニティの主戦場が、インスタントなメッセンジャーアプリにシフトしたトレンドが10代を覆い、そこからコミュニティの代謝が衰えて過疎化が始まるというのは分からなくもない仮説です。だからmixiの悪口はやめたまえ。恐らく、SNSとしてのイノベーションというのは連続的なものではなく、たとえFACEBOOKが問題の所在に気づいて10代に相応しいサービスを追加開発したとしても、レガシーなものや巨大なものは必要とされていないというただ一点で拒否られる可能性があるんでしょう。



 UIであれ足跡機能であれ評価システムであれ、最終的にはこれらの全体のデザインというのは単品の完成度に対するユーザーからの支持なのであって、そこから発展させればいつまでも青天井で伸びていくだろうというわけではない、ということを改めて知ったことになります。そこから先にLINEがどのように影響力を増していくのか、あるいはmixiがどのようにさらなる過疎化の道を歩むのか、いろいろ吟味しながら話を眺めていくと意外といろんなものが見えてくるのかも知れません。



 ところで、はてなはどうなるのでしょうか。