証券取引等監視委員会に全面戦争を仕掛けた野村證券、もはや抜き差しのならない状況にまでデフコンが上がってしまっておるようで、このユーロが大変な時期に何をしているんでしょうか。



監視委、証券会社を本格調査 相次ぐ増資インサイダー

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF29010_Z20C12A5EA2000/



 SESCが突っ張るのはある意味当然であるとしても、その先のところがまた諸事多難であります。野村證券が組織的にインサイダーに関与しているという事案である以上、そうはいってもどこかで落としどころをと当局が思っても、当の野村證券が全突っ張りで頑張っておられるようでは着地ができようはずもなく。


 正直、市場の信頼を回復しようにも当の東証がああである以上どうしようもないという意見もあるのでしょうが、ここから先の問題としてSBIだの地方農協だの落としどころを考えないといかん事案がたくさんあるし、そもそもユーロどうすんだ、韓国どうすんだ、中国は景気が本格的に折れてきたぞという話になりますと、本丸の日本国債の消化にも兼ね合いが出ないとも限りません。



 いろんな意味でギリギリのところなのかもしれませんが、いまだに謎なのは野村證券がなぜこんなに突っ張っているのかという点です。意味が分かりません。何か別のハラでもあるのか… ただ、そうであるならば、それこそ着地のお話はたくさん見えてなければおかしいので、タコ麻雀の打ち手なのかという推測にどうしてもなってしまうのであります。



 どちらにせよ、一連のインサイダーでは野村證券のポジションは極めてマズいのは明らかですから、さっさと折り合って、一致団結して信頼回復に努めればいいのになあ、と思っていたところに来客です。ご清聴ありがとうございました。