スネークの報告で、お手伝いしたコンテンツの丸パクリが一年経たずに中国で正規サービスインしたらしいのが分かり、クライアント・関係者一同激萎え中。公式に文句を言うことになるだろうけど、その一方で、コストかけてもあんまり効果がないというのもまたあり、業界横断でなんか対策を取れないかと思うことしきり。

 早いうちに手をつけないと、逆に先方のパクリが欧米に逆流してこっちの試行錯誤がまるまる先方の財産になってしまうことだって考えられると思うんだ…。
 こういうのって、どうやって対応したらいいのか良く分からん。ディズニーやコナミと業務提携すれば、強力法務部が守ってくれるとかそういう仕組みがあったりするのかしら。

 TGSの前に仕事を増やすのはやめてほしいと思いつつも、こればっかりは仕方のないことなんでしょう…。各社におかれましては、国際紛争に耐えられる法務体制の充実を願うのみです。