月別アーカイブ / 2022年02月

 私の主宰しております経営情報グループ『漆黒と灯火』の会員さん募集(第15期)の最終案内なんですが、まんぼう延期の影響でいろいろ日程が変わりましての再度告知です。

経営情報グループ『漆黒と灯火』
https://yakan-hiko.com/meeting/yamamoto/
【告知】第15期『漆黒と灯火』会員さん募集中です
https://lineblog.me/yamamotoichiro/archives/13298647.html

 月次の例会・対談の日程も一部追加になりました。

2月度例会 茂木健一郎さん(脳科学者)
3月度例会 山田太郎さん(自由民主党・参議院議員)
4月度例会 峯村健司さん(朝日新聞・編集委員)

 本当は、例会終わった後に流れで飯食ったり酒飲んだり人生・経営相談を賜ったり時事放談したりという感じなのですが、おのれオミクロン株め。というか、身の回りでオミクロン株の集団感染などあり、なぜか私だけが無事という殺人事件なら私が犯人を疑われかねない状況ですが強く生きております。

 ご関心のある方は是非お問い合わせください。
 よろしくお願い申し上げます。



 前身のサイバーセキュリティ研究会や調査会も入れると足掛け5年以上携わっております本件、ディスインフォメーション絡みのセミナーを開催することになりまして、しかも本日開催であることをすっかり忘れて告知をしてなかったことに気づきました。残席わずかで、申し訳ございません。

第3回 サイバーセキュリティセミナー2021 外国からのディスインフォメーションに備えを!~サイバー空間の情報操作の脅威~
https://www.spf.org/index.php?prev=1&d=seminar&c=list&p=20220221.html

 Youtubeでライブやるみたいだったので、そのURLはこちらに。

https://www.youtube.com/watch?v=uBu1sCreaeU

 内容としても、各国のディスインフォメーション対策のための制度設計や社会防衛的な枠組みから、実際の各国政府主導に限らない情報工作のオペレーションまで、問題のない範囲内で報告書では網羅してありますが、結局のところ人間は信じたいものを信じる構造がある以上いくら「科学的に正しい」とか「社会的にあるべき内容」があったとしても人は簡単に流されてしまうし騙されてしまうよねという大前提から入る必要があるように思います。

 今回のロシアが仕掛けるウクライナ侵攻に関する話も北京オリンピックが終わった中国の各種国際世論工作も、どれであれ情報そのものの正しさよりもその情報を信じたい少数の人たちの横の結束を加えることで多くの政治的パワーを引き出すための動きであることは言うまでもありません。

 その情報が正しいかはその道の専門家でもある程度割れるものがある以上、人はその情報の正しさを吟味するリテラシーを磨くよりもその情報が持つ意味を与えられたほうが楽であることは自明です。だからこそ、正しい情報を常に流すことだけでなく、その情報が持つ(受け取り側にとっての)意味や価値をうまくセットしなければいけないのです。

 それゆえに、はたから見れば「なんと厚顔無恥な主張をこの国はしているのだろう」とか「事実関係が明らかに間違っているのに、なぜ彼らはふてぶてしく嘘を公言するのか」などの問題も、ある人にとってはそれが価値があり、正義なのだと思ったりすることはある。それを支持する人たちがその社会の中でたとえ少数であっても、社会の価値観を揺さぶることで人間同士の信頼関係が不安定になることを企図して「実施し続ける」ことで、本来正しいはずの情報に対して疑念を抱く人たちも出てくるわけですね。

 さらには、親しみやすい人やテーマ、番組、新聞記事などの媒体を通じて発信されるものは、その親しみやすさを正しさや信頼性と誤認する人たちは数多くおり、これらをうまく媒介しながらディスインフォメーションを流して信じる人と信じない人とを分断していくプロセスは往々にして見られます。

 このような表現に対して人間が持つ固有の権利として認めている民主主義陣営と、社会の分断を促すような発言や発言した人の存在を抹消するような専制主義陣営とでは、同じディスインフォメーションに対する抵抗力を社会が養い制度を作るにも限界があります。同様に、これらの情報は既存メディアとSNSのオルタナティブで成立するものである以上、基本的に民主主義陣営は政府が発表する情報の問題というよりも、民間の新聞社や出版社とSNSなどのプラットフォーム事業者のほうにボールがある状態です。

 みんな結構簡単にフェイクニュース対策と一口にいうけれど、そのかなりの割合は民間の問題であり、そういう民間を使って情報工作を進める国家や集団がいたとするとどのようにして尻尾を捕まえ制裁を加え手口情報から再発を防ぐかを考えなければならないというのが実際なのかもしれません。

 日本も含めて各国政府も担当官庁も馬鹿ではないので起きたことに対して愚直に状況を検証し、メカニズムを炙り出し、対策を打ち始めて、それ相応に効果の出ているものもあるというのが現状です。ケンブリッジ・アナリティカ社がイギリスでBrexitを実現しアメリカでトランプ大統領を誕生させたように、現代のミーム戦にオルグが加わって社会に分断というインパクトを与えることへの警鐘と提言として、本研究会で発表する内容にぜひご注目いただければと存じます。

(追記)

 本参加枠がいきなり埋まりやがった

 提言集についてはこちらをご参照ください。また、youtubeのほうでライブをやる予定ですので、漏れた方はそちらでどうぞ

https://www.spf.org/global-data/user172/cyber_security_2021_abstract_web.pdf

https://www.youtube.com/watch?v=uBu1sCreaeU



 備忘録的に書くのもどこまで許されるのかという話なのですが、ご承知の通りまんぼう(まん延防止等重点措置)が延長されました。

基本的対処方針に基づく対応
https://corona.go.jp/emergency/

 オミクロン株は大変伝播力が高く、一方で重症化率が低いと予想されることから、一部の人たちが「風邪のようなもの」と過剰な対策に対して反対の姿勢を示しております。これに対して、岸田文雄政権においては早くからオミクロン株の流行に対して警戒感を強め、今回も感染者数の多さやオミクロン株に対応した入院ベッド数の埋まり具合などを換算して「まんぼう延長」という決定を早々に出しました。

 「オミクロン株は風邪のようなものか」と言われれば、重症化率がそれほど高くないけれどもこれだけの感染者数が増えてしまえば当然重症者は増えてしまいますので、医療機関に対して大きな負担となることは間違いありません。なので、医療崩壊を防ぐために国民の無原則な移動や接触機会を減らすためにまんぼう延長を実施と言われると、ああ、まあ、うんという感じになります。

 他方、同様に「オミクロン株はインフルエンザ程度なので、5類にすべき」という議論もあります。明確に言えるのは、オミクロンはインフルエンザ程度ではないということです。単純に、みんなが外出をまあまあ控え、夜の会合も減らして手洗いうがいにマスクを励行するだけでインフルエンザさんはピクリとも流行できません。しかしながら、これだけの対策を打ってもオミクロン株は普通に増えるという点で、インフルエンザ程度とは程遠いぐらい感染力が強いマズい感染症であることは明らかです。

 5類にするしないについても医療系団体ではかなりの議論はありますが、これも単純な話「オミクロンの重症化率の低さだけを見て判断するわけにはいかない」というコンセンサスになるんじゃないかと思います。たまたまオミクロン株はデルタ株など従前の流行株に比べて感染力は強いけど重症化率は低い株だったので、コロナ後遺症がないかぎりまあ大丈夫だろうという考え方になるのですが、今後、新たな変異が出て、毒性が強いよとか、別の症状を引き起こしたり後遺症を残しやすい株が流行してしまうと、5類に引き下げたあとで追加で制度変更が必要になります。おそらくは、コロナ対策の出口戦略を考えるうえでも、それなりに制度的な扱いは事後の変異状況によって大きく左右されることはあるだろうと思っています。

 ただ、これらの医療系団体の議論の積み重ねとは別に、今回の「まんぼう延長」は岸田政権内部の政治決定によるところが大きいように感じます。実効性が高い対策をしっかりとって国民の健康を守るにあたって、今回のオミクロン株はまんぼうによってどれだけ防げると考えられるのか、実際のところ良く分からないというのが正直なところだからです。

 とりわけ、いまのオミクロン株の流行度合いよりも今後のコロナ変異株の流行への対策を念頭において措置を取ろうというとき、いままんぼうをやって国内流行を抑え込むことよりも、早々に3回目のワクチンを国民に広く打たせたり、5歳以上の子どもへの接種を大いに促進したほうが効果的であることは有識者分科会でもCOVID-19有識者会議でも結論を付けています。つまり、オミクロン株を軽視しないけど長い目で見て有効な対策を打つべきという話です。

 で、実際ワクチン3回目のブースター接種が遅れ、特に子どもに対するワクチン接種があまりスピードアップしないことで、結果的に、オミクロン株による自粛のダメージのほうが大きくなりそうだという状況になってしまっています。入国制限も濃厚接触者も扱いの最適化をどうするかという議論が遅れ、結果として、不必要に充分すぎる対策をオミクロン株のために打ち、他方、オミクロン株「後」の対策についてはワクチン含めてあまり進んでいないということになるわけです。

 特に、経済面から見ても、対策の内容の再調整がうまくいっていない印象です。確かに飲食店が感染症の媒介になるのだから夜間営業を自粛させれば感染の接触機会が減るので感染症対策の中核に据えられるのは分かります。

 一方で、従前のコロナ株への対策と異なり、ワクチンの接種で一定の感染防御効果と重症化抑制が効いている前提とするならば、ダメージになるのは飲食だけでなく食材・素材の流通や、これらに品物を卸す農家、漁師、畜産家など川上産業の皆さんです。また、営業自粛で問題となるのは飲食店への勤務で生計を立てる非常勤・非正規のパート、アルバイトなどの仕事に従事する人たちです。

 このあたりの手当も以前であれば緊急対策なのだからとある程度雑におカネをばら撒いても国民の納得は得られたと思うんですが、さすがにもう足掛け2年コロナ経済で国民も慣れてきているところでこのやり方のままでいるのはさすがにどうなんだよと言いたくなる面もあります。

 政府と専門家会議との間でのやり取りを見ていても、緊急対策だったころのやり取りとそれほど大きく議論の内容は変わらず、リスク評価も格段に進歩しているはずなのに岸田政権の政治的判断で適切に情報が使われた形跡もないので、おそらくは、為政者の考え、想いで、きっとこれがいいだろうという目分量でまんぼう延長の方向性も決まってしまったのではないかと危惧します。そこに科学はなさそうだ、というのが非常に残念なことであって、協力している医療系団体や有識者の議論がどこまで判断の材料となり、きちんとした裏付けとなってまんぼう延長になったのかは事後的に相応にしっかり検証するべきなんじゃないのかなあと思っています。

 で、気の早い話ですがオミクロン株の次もどうも発生する前提で各国では情報交換の座組みが進み始めています。今後は、季節性インフルエンザのように変異株予想がある程度の確度で分かるようになっていくでしょうし、5年なり10年なりかけて、コロナウイルスの変異を人間社会側が予測して乗りこなすところまでいけるようになれば最高です。

 そういうことも踏まえて、政府・行政の電子化や、保健所や地方衛生研究所など感染症対策の仕組み、国民への情報周知や政策徹底の手法について、きちんと考えていけるような政策議論が積み重ねられるといいなあと願っています。




 足掛け7年という謎のロングランとなっている私の経営情報グループ『漆黒と灯火』ですが、しばらくぶりに会員募集を再開しました。

経営情報グループ『漆黒と灯火』
https://yakan-hiko.com/meeting/yamamoto/

 経営情報グループと銘打っておきながら、本来やりとりするはずだった経営や相場に関する会員間の情報交換よりも相続問題や結婚相談など「それをワイに聞いてどうするのか」という反面「人生の節目でお話をいただけるのは大変に光栄」という感じのお話が続々と寄せられております。

 最近だと「こういう起業集団から投資依頼あったんだけどどうよ?」という問いに別の会員さんが「ワイとこ去年そいつらに騙されたばっかりやで」という超タイムリーなお話があったり、ある分野に大変詳しい弁護士さんが「この話は知らんか」と言ったところちょうど別の会員さんが同じ問題で裁判やってたりとか、間が良い福を呼ぶグループへと成長しています。

 本来は月一回の例会を会員の皆さまと東京でやり、終わったら流れで宴会というのが常だったのですが、コロナのおかげで大きく例会を開くことができず、代わりにzoomでリアルタイム&見逃し配信というスタイルに変更したところ、地方の会員さんから抜群に食いつきがよくコロナなのに会員さんが全く減りませんでした…。

 今回は5名分の追加募集をと思ってメルマガ『人間迷路』とYoutubeで募集をしたところあっという間に埋まってしまったため、追加で5名、合計10名ほどの募集をと思っております。ご関心のある方はぜひご参加賜れれば幸いです。

 今月2月度例会のゲストはみんな大好き茂木健一郎さんをお呼びして脳科学の現状をテーマにした雑談を二時間にわたって繰り広げたいと思います。

経営情報グループ『漆黒と灯火』
https://yakan-hiko.com/meeting/yamamoto/

 よろしくお願い申し上げます。




 週末は、リサイクル業界と鉄鋼・素材業界との企業ウェブセミナーに連続で登壇してきました。ダブルヘッダーは疲れた。
 ウェビナーとはいえ、さすがに視聴数2,000とかいうコンサートホール級の人数を前にすると、何をどの順番でお話ししようか悩みます。

 話の八割はインフレ対策と輸出入モノ詰まりで終わってしまうのですが、需要家側ができることはタカが知れているので待っているしかない、政府は何もできないししてくれない、というパネルの話が「俺たち経営陣の問題じゃないぞ」というニュアンスさえも感じさせてなかなか良かったです。実際そうだしね。

 産業構造の転換に業界としてどう取り組むか、というのはリサイクルも素材も重要課題なのですが、単に生産性と人手不足を勘案しながら組織的に最適解をと業界が叫んでも、上流が詰まってしまうとこれまた自助努力でどうにかなる幅が少なくなります。相場的なボラティリティが、というご質問もでましたが、今回は「ボラ以前にモノがない」状態で、木くずから半導体まで総じてモノが届かない状態で事業をどう維持するのといっても、商売にならないからどうしようもないんですよ。

 事業側の登壇者からも、モノが動かない以上、どうにかしてメンテナンス分野を拡充して足で稼ぐしかないというお話もありましたが、企業物価のインフレへの対処は企業側は需要があるからこそ値段が上がるためどうしようもなく、やるならば上流に手を突っ込むしかなくなります。でも、ウッドショックもそうでしたがカナダなり北米西海岸の物流拠点にモノが滞留しているけどコンテナが上げられないとかいう状況ですと、カネでどうにかなるものでもないし、上流に投資だといってもモノが流れてくる保証もなく手出しできません。

 手詰まりだよなあというのが正直なところですが、それでも日々の売り上げをどうにかたたき出さないと事業が死んでしまいますので、結局はエンドユーザーに負担をお願いする形での値上げしかないですねということになります。

 しかも恐ろしいことに、これらの施策はすべて、「需要があってモノが旺盛に流れていて繁盛しているから値上がりしている」のではなく「需要はあってもモノが流れず希少になっているので売上は増えないけど値上がりしている」ので、値上げを消化するような賃上げや価格転嫁が困難なんですよ。みんな騒いでいるのはそこだと思います。先に企業物価がどーんと上がってきたので、まずは企業努力はするけれど、利益はがりがり削れていくことになり身動きが取れないというのは全員の共通認識だろうと思います。

 保険の話も出ましたが、人とセットでモノを出す仕組みが成立しない限りはどうにもならないでしょう。夏ごろをすぎないと、需要家としても改善は期待できないということで寝ている以外方法がないのが実際です。どうであれ、みんな困っているけど、その困っている理由が「自分たちの力ではどうにもならない問題に直面していて、なお半年以上解決までに時間がかかりそうだ」ということで、みんなで仲良く途方に暮れようということでおしまいなのかなと思います。

 尿素水に関しても、鉄鉱石も屑鉄リサイクルもまあ似たような事業環境で、手詰まりだよなということが再確認できただけ、大変有意義な一日でした。



↑このページのトップへ