月別アーカイブ / 2020年06月

 たぶん、タイトルだけ読んでも何だか分からないと思いますが、ヨッピーさんというライターの人が、私のような初心者ライターの皆さんの書いた記事について品評したり酷評したりしてくれるというイベントがあるというので参加することにしました。

 詳細はこの辺です。

【ヨッピーがその場であなたの記事を添削】オンラインイベント「ライター叩き上げ飲み会」参加者募集中!
https://event.spot-app.jp/special/recrim_tatakiage/
youtube会場はこちら
https://www.youtube.com/channel/UC15Ny57nOxi2Mj-0qZUU6nA/featured

 で、知らなかったんですがこの『レクリム』というサイト、マザーズ上場しているアドウェイズ社さんのオウンドメディアであることがさっき判明。一気に緊張感が高まります。

アドウェイズ 会社概要
https://www.adways.net/company.html

 さらに、その『レクリム』はアドウェイズ社運営の「おでかけ体験型メディア『SPOT』」にパワードバイされているらしい。何ですか、そのパワードバイというのは。

おでかけ体験型メディア『SPOT』
https://travel.spot-app.jp/

 もうこの時点で最高に分かりにくくて最高なのですが、私もおぎゃあと生まれ落ちてすでに47歳が経ちそろそろ「人生五十年」とかいって敦盛を舞う時期ながら、まだまだ少年のような精神年齢で日々を楽しく暮らしています。ですが、いろいろと人様に読んでいただく記事を各所に寄せて来ながらも、あまりきちんといままで書いたものを論評してもらうという充実したライター人生を送ったことなどないのですよ。

 SNSでよせてていただく反響はさまざまですが、やっぱりもっと多くの人に読んでいただける文章を書きたいですし、もっと書ける文章の芸風の幅を広げて、書く技術をまだまだ高めていきたいんですよね。長文を書いても飽きずに最後まで読んでもらえる、面白かったと評価してもらえる、そういう書き手になりたいと日々思っているんです。

 しかしながら、現実は厳しいのでありまして、こちらはここ一年ほど私が発表したあらゆる書き物について、世界に冠たるGoogle様にご分析賜った「お前の読者ってこういうのやで」という属性の一部です。

google_200617.png
 このグラフを見るたびに生きていて辛いんですよね。なんだろう、このいい意味で言えば「特化してますね」っていう読者層は。そもそも何で女性読者よりもその他のほうが多いんだよ。ヤバくない? そもそも「その他」ってなんだ。この前、ラーメンなどB級グルメ専門媒体の人と話していたんですけど、彼らの媒体でさえ男性読者の比率が8割台だとお伺いして軽い絶望を抱かざるを得ません。

 それでも、「私は男性にだけ読まれるライターなのではなく、まだ女性読者を獲得できる『のびしろのある書き手』なのだ」と心を取り直していたところ、2年ほど前に待望の女性媒体「Dress」さんからの取材と寄稿という開拓者精神溢れる取り組みが舞い込んできたんですよ。あのときは心が躍りましたね。ついに私のライター人生にも、潤いと実りの多い無限のフロンティアに踏み出す日がやってきたのだ、と。

 んで、寄せた記事がこれです。

伝えるとは、自分の生きた証を残すこと【山本一郎】 https://p-dress.jp/articles/6466

交際経験のない男女が3児の親に。10年経っても仲良しなのは「愛してるよ」と言葉にするから https://p-dress.jp/articles/7848

 我ながら、女性に大変読まれる素敵な媒体に、私の魅力をぎゅっと詰め込んで最高品質の記事に仕上がったとそのときは思いました。完璧な仕事だったと。もうね、これは勝ったと。ビクトリーであると。これからガンガンに女性媒体から執筆依頼が来て、男性から愛され女性から慕われる、その他は良く分からないけどまあきっと未来が拓けるのだろうと思ったんです。7回2失点で悠然とマウンドを降りる気分です。

 そしたら、これらの記事の外形的な読者分析はこちらになります。

google_2_200617.png
 おい!!! 女性向け媒体だぞ!
 なんで男ばっか読みに来るんだよ!! 

 そもそも女性が減ってるじゃねえか! 

 というかその他が増えてるじゃねえかよ!!
 どこからやってきたんだその他!! どちら様ですか!!!

 私は泣きました。これで実りある大地に新たな足跡を残すべくフロンティアスピリッツを奮い起こして勇躍飛び出してみたら、そこは今までと変わらぬ無限の荒野が広がっていました。まるで私の世界には男性しかいないみたい。なんてことだ。現実は厳しい。

 そして―― もう二度と、女性媒体からこの私に、寄稿依頼のお声がかかることはなくなりました。
 本当に、これ以来、女性媒体には一文字も原稿を寄せていないのです。

 当たり前ですよね。女性に読んでもらえる記事を流して、そこに興味を持ってもらえそうな情報をお送りし、メディアと読者の間で信頼関係を築き、ビジネスをしているのが女性向けネット媒体なのですから。7回2失点で良かった、仕事をしたと思いきや、実は味方打線が0点で抑えられて敗戦投手になっていたような気分です。そして「10勝しても10敗する投手はいらない」と監督に見切られ、なんJで煽られる日々が続くのです。

 女性が集まり、コスメやグルメ、旅行の情報を楽しんでいるところに、鉢巻きにふんどしを締めた男読者の群れを連れた私が闖入し、お前らワイの言うことを聴けと記事を書いて差し上げても喜ぶのは男ばかりなのです。これはね、もう仕方ない。どうしようもないんだ。もっともっと文章に磨きをかけて、振り返らず泣かないで歩き続けるのであります。

 言われてみれば、私がUQの宣伝がいいなと思ったのも、深田恭子以下美しい三人の女性がスタイリッシュに宣伝するクリエイティブではなく、サウナに入っているおっさんたちが熱風を送られ掛け声をかけ仕上がっているという作品です。もうね、おっさんがホッカホカなんですよ。私はそういう価値に対して常に素直な少年の心を持ち続けていきたい。

uq_200513.png








 最高だと思うんですけどね。コロナをものともしない三密な感じが。やっぱり、女性にはウケないんですかね。もういいです。

 そんなわけで本題ですが、今回登録したのは次の2記事です。どうやったら、もっと多くの人に読んでもらえるライターになれるんだろうか、と思って。

1,400万東京都民に特大罰ゲーム『都知事選』のお時間がやってまいりました また50億円かけてハズレしか出ねえガチャやるのかよ #山本一郎 #小池百合子 #都知事選 #文春オンライン https://bunshun.jp/articles/-/38370
【【緊急寄稿・山本一郎】安倍晋三政権を愛した財界のボス、コロナ対策から日本経済を守り抜く】 | BEST T!MESコラム https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/11543/

 最近はいい年寄りになってきたので酒量も減ってきているところではありますが、少しでも書くためのヒントが欲しくて参加したいと思います。もしもご興味のおありの方も、ぜひ本件イベントをご覧いただければと存じます。

【ヨッピーがその場であなたの記事を添削】オンラインイベント「ライター叩き上げ飲み会」参加者募集中!
https://event.spot-app.jp/special/recrim_tatakiage/
youtube会場はこちら
https://www.youtube.com/channel/UC15Ny57nOxi2Mj-0qZUU6nA/featured

 もちろん私はノーギャラの一般参加者であるだけでなく、ヨッピーさんの酒代580円分をクレカで負担して本件イベントに参加しています。ビールの苦みは人生の苦みだ、と男性にしかウケない問題について、語りたいと思います。

山本一郎(やまもといちろう)YouTube
やまもといちろう文春オンライン記事一覧



nomikai_party_mask_man.png


 当BLOGでもお知らせしておりました、一般財団法人情報法制研究所主催の「第4回情報法制シンポジウム」ですが、私も登壇予定であったものの家庭の事情があり参席できませんでした。楽しみにしていただいていた方々もおられたようで、事後のアンケートでもお見舞いのお言葉をくださった視聴者もいらっしゃいました。結果としてドタキャンになってしまいまして、申し訳ございませんでした。

 また、急遽司会をバトンタッチさせていただいた鈴木正朝先生には大変お手数をおかけしました。

https://www.jilis.org/events/2020/2020-06online.html

 当研究所のシンポジウムは、5日間にわたって行われるもので、情報法関連のホットな話題をまだまだ皆さんにお届けする予定でございますので、もしもご関心のある方は是非ご参加、ご視聴くださいますようよろしくお願い申し上げます。

山本一郎(やまもといちろう)YouTube

山本太郎さんが6月18日告示、7月5日投開票の東京都知事選への出馬を正式に表明しました。

 しがらみに気を取られず、好きにすればいいと思います。頑張ってください。




 お陰で先ほどから20件ほど、私個人や会社宛に「山本太郎は出馬するな」「恥さらし」などの抗議メールを頂戴しておりますが、私は山本太郎ではありません。

 さて、6月4日付、北海道新聞などで報じられていますが、もともとは立憲民主党が早期から山本太郎さん擁立で動いた時期があり、また、蓮舫さんを担ぎ出す案や、前川喜平さんら左派系知識人を独自候補として擁立する動きがあったようです。

立憲独自候補、れいわ山本氏擁立が幻に 都知事選 コロナで小池氏に注目:北海道新聞 どうしん電子版 https://www.hokkaido-np.co.jp/article/427261

 ただし、立憲ほか各党が行った独自調査では概ね「小池百合子さんには勝てない」という方向で判断が進み、落選前提で都知事選候補者を立てられないという判断で見送りになっています。自由民主党も、自民党都連が原晋さんや現職の長島昭久さんほか独自候補擁立を目指していた流れはあったように思いますが、これも早い段階で断念し、自民党本部で権勢を誇る二階俊博さんや自民党都連の下村博文さんらが小池百合子さんと握って自主投票の流れにしてしまっています。これもう止まらないなあという印象です。

1,400万東京都民に特大罰ゲーム『都知事選』のお時間がやってまいりました また50億円かけてハズレしか出ねえガチャやるのかよ #山本一郎 #小池百合子 #都知事選 #文春オンライン https://bunshun.jp/articles/-/38370

 なにぶん期日前なのでどこまで精度を上げられるのかは別としても、バイアス修正前の数字で投票率の予測が53%から56%の間ぐらいとして、いまのところ小池百合子さんが圧勝の気配なんですよ。端的に言えば小池さん36、宇都宮健児さん9、小野泰輔さん2、山本太郎さん1という塩梅。これから投票態度がどんどん決まっていくので選挙戦が始まれば数字も動くとは思いますけれども、参院選で山本太郎さんが獲得した99万票にはどうも遠く及ばないのかなという雰囲気なので、宇都宮健児さんに左派系候補が一本化されなかった、左派界隈で「宇都宮か、山本太郎か」という左派一番目争いで宇都宮さんが完勝してしまうと山本太郎さんは大変なことになります。小池百合子さんも『女帝』効果で勢いはないのかもしれませんが、一時期は400万票を伺う勢いだったことを考えると、むしろ山本太郎さん出馬によって都知事選全体への関心が高まって投票率がもっと上がれば再選に花を添えてしまうことはあるのでは、とも思います。

 立憲が山本太郎さん推薦を見送ったように、少なくとも真正面からの選挙で野党勢力を糾合しても小池百合子さんに届かないようであれば、前回の鳥越俊太郎さん越えを目指す程度の低い目標に向けて頑張ったほうが戦術的には正解だという話になりやすいです。その場合、対抗として山本太郎さんが立候補を強行するよりも、むしろ高齢の宇都宮健児さんのサポートに回って、一度東京都副知事でいいからと選挙応援で汗をかいて、4年後(または小池さんスキャンダルで辞任)の次の都知事選では立派な候補者として出たほうが近道だったのではないかとも思います。

 また、オートコールの選挙調査では調査項目に入っていませんが、ネットパネルでフリーワードを集めてみると、元ヤフージャパン代表取締役の宮坂学さん、渋谷区長の長谷部健さん、立憲民主党の衆議院議員(東京7区)の長妻昭さん、蓮舫さん、自民党に移籍した長島昭久さん、一部で出馬観測のあった松岡修造さんあたりは名前が出ます。もしも小池百合子さんが再選二選後、まさかがあったときにはこのあたりから再び50億円ガチャになるのでしょうか。


やまもといちろう文春オンライン記事一覧
https://bunshun.jp/search/author/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%20%E4%B8%80%E9%83%8E
山本一郎既刊!『ズレずに生き抜く』(文藝春秋・刊)

sagi_bokin_gienkin.png

FRIDAY(フライデー)が、京都アニメーション放火事件で70名が被害に遭い36名もの方が亡くなられた凄惨な事件の被疑者の治療に対して、2億円近い治療費がかかっているかもしれない、と報じました。

京アニ放火事件の容疑者の治療費 税金から2億円の支出か #ldnews https://news.livedoor.com/article/detail/18410516/

 この数字は皮膚の培養など特殊な治療のコストを足し合わせたものであり、その前には東京新聞から出た報道で直接の治療費は1,000万円ほどという内容もあったので、治療費の計算方法によってはいろんな見方もあるよということかもしれません。

京アニ事件 青葉容疑者の治療費は1000万円 全額が税金から支給か
https://www.tokyo-np.co.jp/article/31725

 あまりにも悲惨な事件すぎて論考を重ねようとするだけで嫌な感情が湧き上がるのですが、本人も罪を認めてこのまま有罪になるのだとすると、命をもって償う判決が下る可能性が高いわけですよ。本人の人生が仮にどれだけ残念なものであり、責任能力の有無も含めて検討の余地があったとしても、身勝手な犯行によって失われた命、また、その先にあったであろう文化的な業績を思うと眩暈がします。

 そんな奴を税金使って治療して助けるな、という話も出やすいわけですけれども、しかし、やはりきちんと全力で治療して、税金でもしっかりと突っ込んで、必ず司法の場に被疑者を出して吟味し、判決を出してしっかりと罪を償わせる必要があるんだと私は思うんですよね。単に「そんなやつは」と言うのではなく、法的な手続き、仕組みをしっかりと遵守し、ちゃんと裁かなければならない。

 また、判決が出て、有罪となった場合、刑が執行されるその日まで、間違ってもいきり立った第三者によって私刑にされてしまうことも避けなければなりません。問われているのは、法治国家である日本の原理原則を弁えた立ち振る舞いだと思うんですよ。如何にいまの法相がアレであったとしても、また政治が無法な行為を乱発するとしても、我が国の司法は最後の砦として一線を超えず国民の請託に応えられるようにしなければならないと思います。

 そして、この事件ではそんな被疑者に対して、京都弁護士会からこんな凶悪な事件の弁護人を引き受ける弁護士がいらっしゃいます。世間からの反発も強いであろうし、そんな奴を弁護するなという声も大きいかもしれませんけれども、それでも司法の公正性を担保するためにも必要なことだと思うんですよ。この事件を最後まで見届ける国民の側も、そういう日本の公正な仕組みがあるから私たちは暴動を起こさず、路上の石をぶん投げて略奪する必要がないような安定した社会に生きているのだ、と弁えるべきなのではないかとも感じるんですよね。

 願わくば、すべての手続きが正常に履行され、きちんと判決が出て、罪が償われ、神の御許に召された犠牲者の魂に平安が訪れますよう。

山本一郎既刊!『ズレずに生き抜く』(文藝春秋・刊)
山本一郎(やまもといちろう)YouTube

hitorigurashi_cry_woman.png

文春で記事になっていました。あ、いったんだ、という感じです。

小池百合子都知事の同居男性 都の業務委託企業トップと不動産取引 #小池百合子 #スクープ速報 #週刊文春 #文春オンライン https://bunshun.jp/articles/-/38326

 裏付けで頑張った編集部の皆さん、お疲れ様でございます。

 そぞろ弁護士さんを経由して回答はあったわけですが、ベクトルグループ(ベクトル社)の長谷川創さんについては記事にある通り小池百合子さんサイド(記事中は「M氏」)との取引があったことまでは認めているわけで、今回の都知事選で本件が出火してどうこうというのはいまのところ考えづらいかもしれませんが、当選後も事件化の余地を残す問題であろうかと思います。

 また、都からの仕事とM氏は無関係とされていますが、長谷川さんや担当役員はすでに状況はよくご理解いただいていることかとも思いますので、あとは具体的な取引の実態がどうであったか、また、そこでどれだけの取引益(見ようによっては裏金)が小池さんサイドできたか、そして都庁でのベクトルグループの仕事がいかなる経緯で発注されたのかです。私個人としては、ベクトル社側には明確に便宜を図ったという認識はなかった(長谷川さんに悪意はない)ようにも感じますが、重要なのは上記がどれぐらい小池さんサイドの意向にあったのかですので、仮に事件化するのであればやはりもう少し先じゃないでしょうか。

 ベクトル社には他にも気になる話がいくつか並行で走っていて、ちょっと調子に乗り過ぎたんじゃないかとか、世の中そんなにうまくいくものではないよという雰囲気の話は良く聞きます。ウェイ系の度合いが強いとそれだけアカン話にも絡みやすいのかもしれませんが、先般のステルスマーケティング話もいまだに話を聞くので、せっかくのこの時期なので、ベクトル社におかれましては脇を締め直して良い仕事をしてほしいと願うのみです。

ベクトル社が名指しステマ記事にホームラン級にアレな反論をして広告業界大困惑の巻(山本一郎) - Y!ニュース https://news.yahoo.co.jp/byline/yamamotoichiro/20151103-00051076/
ベクトル 長谷川創氏 https://www.sankeibiz.jp/workstyle/news/200424/bsh2004240500004-n1.htm

 そういえば、代表取締役だった西江肇司さんってなんで退任されたんでしたっけ。

やまもといちろう文春オンライン記事一覧
https://bunshun.jp/search/author/%E5%B1%B1%E6%9C%AC%20%E4%B8%80%E9%83%8E
山本一郎既刊!『ズレずに生き抜く』(文藝春秋・刊)

figure_toilet_suwaru.png

↑このページのトップへ