月別アーカイブ / 2017年03月

 なぜか演題が「メディアの将来について考えてみる会」になっていました。

メディアの将来について考えてみる会
http://ptix.co/2lYlkJq  

 まあメディアの将来も考えないと昼も寝られないのでその方向でも全く問題ないわけですが。 

 で、そのメディア界隈の話で言いますと、昨年来の上場ゴール問題からこちら、メディア関連事業だけでなくサービス系ICT企業の上場にあっては、まともな市場や証券会社はロックアップをなんと180日とする事例がどんどこ出てきて資金寝っぱなしでぐっすりの状況になってきております。どっかの誰かが時価総額8兆円を目指すと言ったからではなく、それを信じる投資家が出てしまったから問題だと言われてしまうぐらいに市場の状況は熾烈になってきています。困ったものですね。

 その市場において、訳の分からない発表をした挙句に株価を無理やりかさ上げして、それの担当をしたとされる担当執行役員や仲介したとみられる顧問が株価連動報酬を設定されていたという話題の銘柄が出たりしています。興味津々です。

 また、同じく上場ゴール案件においては、株主総会前にもかかわらず専務取締役CFOが出張費ごまかしたり経営陣に無断で役員報酬を引き上げて支払わせたりしてお家騒動againの挙句に突然放逐されると何故か社内情報がどんどん漏れて出るというワイルドな事案になってきてたりもします。 こんな馬鹿会社を上場承認して値札つけて投資家が丁半博打をやっているというのは望ましくないと思うので、はやく機関車&野菜のコンビは看板を下ろすなり磨き直すなりしてほしいと願う昨今です。

 今回の世の中のミカタ総研では、そういうメディア事業を取り巻く環境を事例として見ていただきつつ飲んだり食ったりするというこじんまりした会をやりたいと思っておりますので、皆さま是非足をお運びください。 

computer_oneclick_sagi
 

先日から『こどものミライ』というプログラミング教育をメインとする媒体にマニアックな単騎連載をやることになって、この前掲載されたんですよ。

人工知能に負けない子供へのプログラミング教育?|こどものミライ http://kodomomirai.com/column/education/1110.html

 記事の〆にこんな内容を記したんです。実際に、まだ拙宅山本家はプログラミング教室を検討をしているものの子供を行かせたりしていないし、一度体験学習でもさせてみて興味を示したあたりから考えようと思っているぐらいでね。

ただ、他のご家庭を横で見ていて、特に子供が何かに取り組もうという気持ちも定まっていないのにプログラミング教室に行かせているのを見たり、将来どうせ必要になるからとりあえず英語学ばせているという話を聞いたりすると、どちらのほうが子供にとって良いのだろうかと私も深く悩むことになります。
 
  ところが、プログラミング教育に熱心な親御さんから結構な内容のアドバイスが来て困惑したんですよ。ブログに書いてよいというので、幾つかいただいたうちのひとつを抜粋します。

山本さんは子供を甘やかした結果、プログラミング教育に大事な期間を浪費しているように思います。私の考えでは、まだプログラミングが何かを分からないうちからでも慣れ親しませることで、子供の教育を飛躍的に伸ばすことができると考えて実践し、大きな成果を得ました。中学受験も志望校に楽々突破できたのも、その後の勉学にも熱心であるのも、プログラミング教育が物事を考える体系的な仕組みを我が子に与えられたのだと思います。

山本さんの記事を見る限りでは、とても放任が過剰のように思いましたし、やりたいことをやらせる幼少期が子供の能力を引き上げるとも思いません。教育の記事を書かれるからには、もっときちんと考えて子供を教育している、という内容にするべきではないでしょうか。 

 そうですか… まあ、もちろんそういうご意見があることは承知いたしますよ。実際に、このメールをくださったご家庭がそのような教育をご子息にされたことで、物凄い実績を上げたのもおそらくは事実なのでしょう。ただ、そういう事例があるからと言って、子供に一定の教育を押し付けるのはどうなのかなと思いますし、また、いまは興味を示さなくとも、来年、あるいは小学校を上がっていく過程で何に引っかかってプログラミングをやってみたいと思うかは分からない。だからこそ、私なんかは無理強いして何かをやらせる、ということはしたくないなあ、と考えるわけです。

 もちろん、いろんなご家庭にいろんな才能を秘めたお子様がおられ、教育方針も千差万別な中で、皆さんが悩みながら子供を教育していると思います。本当に理想の100点満点の教育など望めないけれど、せめて子供の可能性を拓いてあげられるような時間やお金の使い方をしたいなあと考えるわけですね。体力づくりも英語もプログラミングも予習復習も楽器や絵画も、いろんなことを経験してみて、本人が「これやりたい」と言い出すまでじっくり待って、というのが山本家の方針なのですが、どうなのかなあ、悩みますね。

 たぶん、正解などない中で、できる限りのことを試してみるしか親としてはないのかなと思うわけですが。 

 pp2.png

故意の炎上マーケティングは対象外とのことですが、いったいどのような基準でそうたい諸々を判別するのかが気になります。
「ネット炎上」を補償 損保ジャパン、国内初の保険
internet_enjou.jpg


まさにIoTの落とし穴的な典型事例。
ぬいぐるみから80万人のユーザー情報が流出、つながる玩具に警鐘

ようやくこういう規制がという印象も。
「家計簿アプリ」事業者を登録制に 改正法案を閣議決定

システム導入経緯について詳しく語られています。
日経「AI記者」の衝撃 開発の背景に「危機感」

こうしたミスを防止するためにAIは役立ちそうに思えたりもします。
AWS S3の長時間サービス停止の原因はエンジニアの入力ミス

自動運転などはこの考え方がかなり重要となりそうに感じます。
【MWC 2017】IoTのアプリは国や社会ごとのローカルで作る——エリクソン幹部

売却が決まってYahoo!側はこの件にできるだけ関わりたくないという様子が見え見えな感じです。
米ヤフー、不正アクセス被害は3200万件--偽造クッキーでログイン

真相はよくわかりませんが……
会計ソフトのfreeeが解約すらさせてくれない悪徳サービスな件

興味深い記事です。
北朝鮮が携帯電話の監視強化 利用者数は300万人を突破

情報銀行を巡る某経済ニュースの解説記事を巡ってネット民の間で話題沸騰中。どちらかというとこういう論理展開は国民への説明というよりは諸官庁での調整用資料という趣を感じます。
偽史「著作権法のせいで日本では検索エンジンができなかった」は誰が吹聴しているのか
privacy_tokumeisei.jpg
 

いよいよYouTubeが真剣にマネタイズへ動く模様。米国のみとはいえ放送メディアのあり方が大きく変わりそうです。
月額35ドルの「YouTube TV」始動へ--テレビ番組のライブ視聴やクラウド録画に対応
テレビ放送をそのまま配信する「YouTube TV」発表。CATVの半額、録画は容量無制限
海外への普及も検討していくそうですが、国内だけの独自規格となりそうな嫌な予感が…。
Iotセキュリティー規格作成へ協議会 大日本印刷など11社 

音声アシスタントの主要なマネタイズ源は広告だろうから危険だという論考。ネットメディアビジネスの現状を考えるとそれなりに説得力があります。
未来、人間はデジタルアシスタントに「洗脳」されてしまうのか?

この件どう決着するのか気になります。
廃棄ハードディスクから情報流出
廃棄依頼した「ハードディスク」がネットで売られ、生徒の氏名流出…法的責任は?

新たなハッキング手法だそうですが、こういうのは次から次と想像の上をいくものが出てきてすごいです。
HDDアクセスLEDを制御してデータを盗み出すハッキング手法

フリーペーパーをそのままウェブメディア事業として採算化するのは無理だったようです。
「R25」Web版も終了 「収益化難しい」

ウェブメディア事業の採算を最適化した結果がこれだったのでしょうか?
DeNA、まとめサイト被害者に衝撃告白 「記事量産ノルマ」認める

シェアリングエコノミーの問題点は、事業のハブとなるべきサービスプロバイダがユーザー側に責任の丸投げをしつつ利益だけかすめ取っていくシステムの最適化に猛進している点が問題なので、そこの現実を無視しての議論はちょっと無理があると感じなくもありません。
「民泊」解禁どころか後退へ、経産省の不作為

この一件でクラウド市場に影響が出るのかどうか気になるところ。
AWSのS3で異例の大規模障害、多数のウェブサイトに影響--数時間後に復旧

トラックに特化した自動運転で注目されていたOttoはGoogleのパクリだった疑惑でいよいよ裁判へ。
Waymoが企業秘密の窃盗でUberとOttoを訴訟、元社員が14000件のファイルを無断ダウンロード
グーグルはなぜUberを訴えたのか? 自律走行技術、盗用の一部始終

自動運転方面は昨年優位に見えたIT企業系がどこもふるわずで旧来の自動車産業が勝者ではという論考。
The race for autonomous cars is over. Silicon Valley 
lost.

確かに自動運転については大手自動車メーカーが手堅い施策を打ち出してくる流れがこのところ目立ちます。
日産・ルノー、無人運転の配車サービス共同開発へ 仏交通大手と

↑このページのトップへ