月別アーカイブ / 2016年04月

きょう、ソーシャルゲーム業界を含む業界団体であるJOGA(日本オンラインゲーム協会)とMCF(モバイルコンテンツフォーラム)の新ガイドラインに関するセミナーに顔でも出そうかと思っていたんですよ。

 理由はひとつで、4月1日に改定されたガイドラインについて、これを策定したJOGAとMCFで共同で解説セミナーをやるという割には、そもそも改定前から趣旨を理解してガイドラインを守っている業者が少ないからですね。

 何のためのガイドラインなんだ、というのは業界筋のみならず、今後規制が検討されていくであろうこの界隈で、業界団体としてどういう抗弁をし、各社に対してガイドラインの遵守を求めていくのだろうと興味があるので、参加各社の顔つきぐらいは見てやろうと思ってたんですが。

プレスリリースPDF
https://www.mcf.or.jp/wordpress/wp-content/uploads/2016/03/mcf_release_20160324.pdf 

 一番驚くのは、この自主規制業界の説明会法で、規制担当官庁の課長が挨拶することになってる点です。

 うっかりこんなところに課長呼んで、業界団体がこのガイドラインを参加各社に守らせることができず問題が紛糾したら、その業界団体の機能不全があからさまに判明するだけでなく、当該官庁や担当課長の面子が丸潰れになります。

gachagacha_ataranai


 たとえば、ぱちんこ業界の団体が警察官僚呼んで挨拶させるなんてことはあんまりしないわけです。癒着を疑われることは極力避けるだけでなく、団体の加盟企業がやらかしたときや、細やかな指導その他で疑義が出たとき「あの役人が挨拶した団体が問題を起こした」となるからですね。

 逆に言えば、JOGAからすれば担当課長まで引っ張り出したのだから、ちゃんとガイドラインを守ってね、というピュアな趣旨かもしれませんが、問題は、ぱちんこ業界のような射幸心を煽る仕組みを狙っているとゲーム開発者自身が喋ってしまっていることにあります。

 mixiのヒットコンテンツ「モンスターストライク」を制作した元カプコンの岡本吉起さんが、当たって気分が良くなったのか余計なことをネットのインタビューで喋り、やっぱりゲーマーに射幸性のあるコンテンツを提供しようという意志がはっきりあることを示しているわけです。先日のスクウェアエニックスの岩野弘明さんが「ガチャは時短の仕組み」と言い放ち物議を醸したのと同様、おそらくは、ここしばらく続いている高収益事業であることに酔い痴れて緩みまくっているんじゃないかと感じるところです。
 
金なし、開発たった7人…期待ゼロだった「モンスト」、なぜ驚異的ヒット?
http://biz-journal.jp/2016/04/post_14528_3.html 
ガチャ問題 4月1日から施行された「JOGA新ガイドライン」の影響は? 「パズドラ」「モンスト」がいまだに“確率表示なし”な理由
なんかスクウェアエニックスが大変なことに
https://lineblog.me/yamamotoichiro/archives/4488383.html 

[引用] 岡本 ソーシャルゲームのユーザーは、もともとパチンコのお客さんだったと思います。だから、僕らも、そこを意識して食いにいっています。グイグイ食い込んでいるので。パチンコ業界は相当苦しいと思いますよ。 

 なんですか、この万が一裁判になったら必ず証拠として提出されること待ったなしな超脇甘発言は。

 ぱちんこ業界が苦しいのは、きちんとした規制を敷かれて射幸心を煽らないよう業界団体も規制当局も機能させてきたからであって、何の規制も無く射幸性を前面に出すソーシャルゲーム業界がいま問題になって、ガイドラインセミナーをして参加各社やゲームメディアに内容を衆知し守らせなければならない状況に陥っている理由がまったく分かっていないようです。 

 今回のセミナーでは、メディア出席者には質問する権利は無いとのことなので、おとなしく会場の隅に座ってようかなと思ってたら謎の出禁になってて興味深いわけですが、 ちゃんとガイドラインが守られるようになるのか引き続きヲチしていきたいと思います。

 先日、駒崎弘樹さんがこんな記事を寄せていました。

 外出前なので簡単に触れたいと思います。

舛添東京都知事が3分でできる、効果的な待機児童対策はこれだ!

 koma


 タイトルがキャッチーすぎて、駒崎さんの問題意識がちゃんと伝わらなかったのか、この問題に詳しくない人からは賞賛される一方、専門家からは「また駒崎か」的な酷評も出てしまっておるようです。話の根幹のところでは議論が必要な部分だけに、センセーショナルに捉えられすぎて、あたかも本件が悪法であるかのように伝わるのは残念なことです。

 私個人からすると、どちらかというと駒崎さんの仰ることに賛成です。ただし、現在の制度の趣旨からすると東京都のしたいことも理解できます。

 駒崎さんは東京都の「バリアフリー条例」が問題だとされていますが、その条例が敷かれた背景と、この後の流れについての説明が一切ありません。説明を加えるならば、東京都の建築物バリアフリー条例は、バリアフリー法だけでなく、先に施行された障害者差別解消法での議論内容を先取りして実施された先進事例のひとつです。

 それが新規で承認されるべき保育園の認可の問題の足枷になっているのは、駒崎さんの論のとおりです。

 ただし、なぜそこでバリアフリーが必要なのか、万能トイレを求めるのかというと、その「認可させるべき保育園そのもの」に求められるものが違うからです。確かに待機児童が多いことに対して解消されるべきという優先順位や、例外規定の柔軟さなども問題になりえるわけですけれども、そもそも公的に認可される保育園は、たとえば障害を抱えた児童も差別なく受け入れなければなりません。そこで、バリアフリー条例の求める最低限の施設が保育園になければ「当園は、障害児童を受け入れる条件が整っていないので、入園要望があっても受け入れられません」という話になってしまいます。

 実質的には、これらの障害児が一般の保育園で健常児童に混ざって保育されるというのはあんまり考えづらく、普通は専用の施設を希望される家庭が多いのではないかとは思います。ただ、希望があったとき、「施設の不備を理由に入園を断るというのは、法の精神から反する」と言われればそうなのかなと感じるわけです。

 法律の定めるところ、国公立の教育機関などの公的機関は義務であり、それに準ずる施設はほぼ実施しなければなりませんので、公的な助成が入って経営を成り立たせている認可保育園がこれらの建築物バリアフリー条例を義務として制限を受けるのは当たり前のことだ、と言われればその通りなのでしょう。入園児童を恣意的に選びたいなら、公的助成を受けずに未認可でやれよ、と。

 これを、保育業界ど真ん中にいる駒崎さんが「バリアフリー条項をやめれば待機児童対策になるだろ」と主張したところで、詳しい人からは「じゃあ認可受けないでやれば」とか「自分のことだけ考えてキャッチーな暴論言って掻き回しているだけじゃないの」などという批判もでるわけです。

 一方で、彼の記事にもあるとおり、待機児童対策のために小規模認可保育所というカテゴリーが新設され、設備的に行き届かないけど少人数の託児には充分というサテライトをたくさん作ることで待機児童問題を解決しようという駒崎さんの議論にも大きな一理を感じます。機動的に小規模施設を充実させる施策が、より大所高所からの障害者対策の規制で妨害されていたら、それは元も子もないよなとは思うわけであります。

 なお、駒崎さんがバリアフリー条例を国のバリアフリー法と絡めて論じてますが、認可保育園においては営業面積に関わらず事前協議で例外として規制除外を求めることができます。事前に、行政とコミュニケーションをとって対応していれば、そう問題になるような話でもないと思うんですよね。バリアフリー法があるので東京都のバリアフリー条例が敷かれているだけではなく、もしも都にそう言われて開園を邪魔されているのだとしたら、何か別の理由で嫌がられているとかそういうことがあるかもしれません。

 確かに悪法やとんでもないお役所仕事で起きる弊害もあるんだけれども、その法律ができた趣旨や背景にも心を配ることができれば、もう少し具体的な着地点も見えてくるだろうになあ、と地味に思った次第でございます。 

 短文で指摘するはずが、思わず力が入ってしまい遅刻してしまいました。関係者の皆さま、申し訳ございません。 

 備忘録的に、雑文だけ残しておきますが、再来週あたりから少し具体的な内容の指摘を始めるにあたって、広島の抱える不思議な文化について思うことを書きます。

osen_kawa

 真夜中のニャーゴでは、サンフレッチェ広島など、広島に強いクラブチームがあるにもかかわらず、なぜかこれらがないがしろにされる理由として、広島市における「平和病」のようなものを感じると申しました。

 さらに調べていくと、どうも広島市は原爆ドーム周辺の土地を平和問題に取り組むために重要な拠点と考えている節が強くあり、これは市長や市議会さえもねじ伏せるほどの正論であって、さらには取り壊された広島市民球場に対してもさほどの敬意を払っていないように思います。

 そして、その平和の象徴としての(広島の考える)原爆ドーム周辺の土地には、サッカースタジアムが「ふさわしくない」と感じているようです。ならば、屋根つきイベントホールが良いのか、それがどういう平和との結びつきがあるのかは分かりませんが、ともかく平和であると世界にいうにあたって、サッカースタジアムではあってはならない、と考える有力市職員がいます。

 主義主張は人それぞれですし、価値観として平和を追求する広島の使命にも、私も心を寄せる部分はあります。ですから、個別の職員の名前を挙げて、彼らが何を言ったか、どういう活動で結果としていつまでも広島市民球場跡地の話が進まないのかは書きません。ですが、正直、私のような東京生まれ東京育ちの人間からしますと、平和へのこだわりの結果として「平和を世界にアピールするべき広島の原爆ドーム周辺に、サッカースタジアムは望ましくない」という理由、ロジックが良く分からないのです。

 ある市議は「年間20試合、2万人しかこないような」という発言を議会でしましたが、そもそも平和記念館の来場者数は138万人程度(2013年)であって、世界遺産登録前年の95年の155万人以降、これといって増えることなく戦後70周年を迎えたことになります。観光資源としての価値を高め、文化的な活動を広島市民球場跡地で何かしているのかと思ったら、ビールフェスタやってるんですよね。平和と関係なくないですか。


『「日本の世界遺産」の認知者(1件以上認知)は8割強、訪問経験者(1件以上訪問)は8割弱を記録7割強の人が「国、国民は、日本の世界遺産をもっと大切に守っていく義務がある」と考えている』「日本の世界遺産」に関する調査

広島市統計書(平成26年版)N 教育及び文化

地域の経済 2005
-高付加価値化を模索する地域経済-
平成17年10月
内 閣 府 政 策 統 括 官 室
(経済財政分析担当)
http://www5.cao.go.jp/j-j/cr/cr05/chr05_1-01.html 

 このような議論を真正面から賛成反対に分かれて広島市民が語り尽くしてなお、それでも「広島市民球場跡地にはサッカースタジアムは要らないのだ」という結論になるのであれば、それはそれで代替案も含めて広島市民が決めることなのでしょう。どっか別のところに建設すればいいんじゃないですかね。

 ただ、 必要なことはもちろん県や市の選良の面々で決めるべきとはいえ、本件はさすがに不自然過ぎます。何か、別の心理的な圧迫でもあったのでしょうか。

 まあ、我ら東京都民も無駄な豪遊して散財した上に五輪に金突っ込むゲハがトップやってるわけでして、お前が言うなといわれれば謝罪するしか方法はないんですけどね。本当に申し訳ございません。 

 鬱など精神疾患に悩む人が身の回りに多いのだが、ハッとするような話が流れてきた。

プロからプロへ:多様化する抑うつ状態を呈する患者への対応(姜 昌勲→井原 裕)

[引用]

最近になって「薬物療法では対応しきれない患者が増えた」というよりも,「そもそも抗うつ薬とは効かないもの」なのです。臨床の混乱は,精神科受診者が増えたため,その中のうつ病患者も増え,その分「薬物療法では対応しきれない患者」も増えたものと思われます。

(略)

つまり,抗うつ薬が奏効する患者より,奏効しない患者のほうが多いのです。この事実を知れば精神科医のあなたはうつになるかもしれませんが,それでは試しにあなた自身が抗うつ薬を服用なさってみて下さい。多分効かないでしょう。

--

sick_kanpekisyugi


 年初に、中医協も業を煮やして、効かない薬を大量に処方されて精神疾患系の患者が「シャブ漬け」になることへの対策に乗り出すなど、それなりにホットな話題にはなってきたようで。

16年度診療報酬改定 多剤併用、残薬を“減らす”評価で医薬品適正使用推進 処方せん様式変更も

 飲み残し、飲み送りや、転売を防ぐための服薬管理(ブラウンバック)の話もあるんですけど、こういうネタを安易にやると「政府は俺を殺そうとしている」みたいな人がネットに溢れたりして、やり場のない見捨てられた感とか、こういう情報だけで不安になって自殺をほのめかす人とかが出るので、まあむつかしいっすね。 

 

きょう、サイバーエージェントのゲーム事業責任者でいらっしゃるゲーム担当取締役副社長の日高裕介さんと対談させていただく機会があり、あれこれ問題点を探る議論をしておりました。

「グラブル」高額課金をサイバー副社長に問う
山本一郎×日高裕介 ソーシャルゲーム対談(前編)
ゲームにおける「射幸性」は何が問題なのか
山本一郎×日高裕介 ソーシャルゲーム対談(後編)
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/279975/040400002/ 

gachagacha_ataranai


 この問題については、そもそもが記事中でも指摘のあるとおり2012年「コンプガチャ問題」の焼き直しの部分であり、業界が襟を正すはずが、実際にはより巧妙(言い方によっては悪質)になって返ってきた話ですので、当然のことながら消費者問題の中心に位置するべきものです。

【山本一郎】ソシャゲのガチャで,本当にヤバい問題はどこなのか

 この中で、いわゆる「高額課金」問題を問うに当たって、業界側の高収益構造を担う最大のポイントは射幸心を煽る告知に関わるノウハウやビジネスの仕組みです。それもあって、その高額課金を促す仕組みとして射幸性を確保し、一回当たりの投入金額を300円など低い敷居とし、さらに広告表記についてもアウトと言われても仕方がないぐらい煽動的に行ってゲームプレイヤーの金銭感覚を麻痺させる仕組みを提供することで収益性を実現していると言えます。

 その仕掛けのひとつとして、金券扱いのため返金できないという前提で利用者規約が組まれ、ユーザーが極めて低い確率でしか目当てのカードが排出されないことを知らされないまま「確率アップ」という曖昧な文言で300円を突っ込み続け、爆死していくビジネスの仕方の根幹は、この射幸心の煽り方に課題があるといえます。

 翻って、現在法的措置がいくつか進行している内容ではありますが、充分な所得のある人が、個人の趣味と確実な合意の下に年間2,000万円以上の資金をつぎ込んでゲームをしている現状については、問題視する必要は特にないと思います。実際にそういう人がいるからこそ、大多数の人が無課金や微課金でぶら下がっていてもゲームとして成り立つという現状はあります。

 ブリザムさんからご指摘のあった内容については、個人的には射幸心を煽ること、そのための仕組み全般が問題だということで私は考えております。ある程度業界全体の認識を持ってもらうことで、問題点を良く認識して善後策を考えてほしいと思うわけでして。

「射幸性」は果たしてソシャゲの本質的な問題点そのものなのか
http://www.educationbusiness.jp/2016/04/05/%E3%80%8C%E5%B0%84%E5%B9%B8%E6%80%A7%E3%80%8D%E3%81%AF%E6%9E%9C%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%A6%E3%82%BD%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%82%B2%E3%81%AE%E6%9C%AC%E8%B3%AA%E7%9A%84%E3%81%AA%E5%95%8F%E9%A1%8C%E7%82%B9/

 なお、この点の議論についてはPOKKA吉田さんが先日上梓された『パチンコが本当になくなる日』がかなり際どいところまで論じているので、ぜひお手にとっていただければと思います。モノによっては「これはソーシャルゲームそのものに対する言及じゃないの」とか「このままの話でいくと、こんな業界団体を作って四の五の議論しなければいけなくなりかねないぞ」などという切迫感も覚えると思いますので。

パチンコが本当になくなる日 [ POKKA吉田 ]

パチンコが本当になくなる日 [ POKKA吉田 ]
価格:820円(税込、送料込)



  なぜかパブの鼎談までやっているという至れり尽くせりなところはございますが、まあそれはそれで良しということで。ただ、ひとつ付け加えるならば、この射幸心が悪いというのはあくまで賭博や産業構造において煽るのが良くないということであって、健全な人間であれば、多かれ少なかれ射幸心を持ち、前向きに暮らしているのもまた事実であります。

パチンコ違法釘問題から野球賭博、ソシャゲ問題まで言いたい放題座談会【POKKA吉田×やまもといちろう×木曽崇】


 そもそもゲームというものが「敵を倒せるかどうかが分からない、でも進もう」とか「ここで頑張ればアイテムがドロップされるかもしれない、粘ろう」というような、射幸心を煽る仕組みの連続です。そればかりか、人間が何がしかにチャレンジすること自体も、射幸心の一部といえなくもありません。やってやれないことはない、怖いけどやってみようと思う人間の前向きな心が、事業家として起業に向かうのか、スマホ片手にガチャを回すのかの違いを起こすだけだとも言えるわけですね。

 それではこの辺で。

 

↑このページのトップへ